古民家再生DIY:カフェ風カウンター

岐阜県空家の古民家リフォーム

古民家カフェ風カウンター

古民家再生DIY:鍋がよい!

キッチンカウンター物置くスペースが欲しかった。

1×4でカウンター

室内が暖まるので、やはり七輪で料理しました。

 

鳥つくねの鍋です、最後にうどんと卵を落としました。

 

今の所隙間風が多く、換気はあまり気にしていません。

台所の換気扇は適度に付けたり切ったりしています。

室内工事:棚付け:照明:古民家再生

古民家再生:室内工事

カウンター風テーブル作りましたが、

洗面器にはビス螺子・メージャー小物を入れています。

リフォーム

台所荷物を持ち込み片付きません。

コンセントを用意してあります。

小物が多いので、置くところ、入れ物がほしい状況です。

軒の破風部分にアルミのボード付けました。

風除け雨避けです。大きくしました。

破風部分にアルミのボードで雨風除け

室内雰囲気がだいぶ変わってきました。

インテリア照明、ダウンライトも正解雰囲気おしゃれになりました。

ダクトレール新品意外に高価な物でした。

中古品でも良いのだが!

ダウンライトリモコンで着け消しできます。

 

 

夜にはダウンライトで雰囲気変わります。

 

 

 

 

 

サッシの隙間に100均の隙間テープ

台所キッチンの整理棚ももう少し考えます。

 

 

 

 

 

 

 

暖かい日は外で食事できるようになりました。

気分の良い時間を大切にしたい。

ウッドデッキでの食事には良い季節です、

地元の人が見ると奇妙な光景に見えるようです。

リゾート地なら、自然な光景とは思えるでしょうが?

DK棚を木で自作で作ります。

キッチン用の吊り棚も考えましたが、予算の関係自作となります。

夜は七輪で炭焼き楽しみます。

古民家DIYで棚作り

室内工事パテ:古民家再生リノベーション

古民家でリフォームDIY

外の雰囲気が山小屋風:天気も冬支度!

風除けにロールカーテン付けました。

玄関サッシより冷機が感じましたので、幅の狭いロールカーテン

ホームセンターの改装で処分品がありました。

内装もボードのままでも良かったのだが!化粧はしないでおこうかとも!

合板のままでしばらく様子をみようと思いましたが、壁にクロスでも貼らないと完成という気分にはならないかと考えます。

ペンキ仕上げでも考えました。

塗装ですと、安価で済むかなと!

ウッドデッキDIY:屋根付き!

デッキは雨だと吹き込みます。軒を大きくした方が良さそうです。

風が強ければ、軒を大きくしても・・・

狭いところですが、床・壁を貼ります。

 

 

対面カウンター風キッチン

デザイン住宅の方法の一つができます。

 

 

 

 

 

 

古民家再生DIY:ウッドデッキDIY

室内パテ塗り:古民家再生手間と時間が!

古民家再生

耐震ボード:目地にパテ

パテは乾くのに時間がかかります。

 

 

 

 

 

 

炭火でパテを乾燥させているわけではありません。

室内内部すきま風:夜食:古民家リノベーション

中古住宅古民家DIY

古民家再生DIY:天井破るか思案中

天井を一部やぶり、屋根裏覗きます。

寒い季節は鍋がよい。

室内でおでん始めます。豆腐を追加します。

室内で、七輪でゆっくりいただきます。

古民家再生DIY:炭火で食事作ります。

外は寒いので室内工事:古民家再生内装調整

岐阜県空家の古民家リフォーム

古民家再生DIY:室内工事進まない。

DKとリビング床の高さ調整にカットソー

以外にもカットソーで削っていますが、なかなか削れないものです。少しずつ、何度も確認しながらの削りだからでしょうか!

 

 

 

 

 

板取川・長良川

 

室内工事もまだまだ

物置を作ると良いかと考えます。

工具と作業着

あちこち見て回るので、なかなか進みません、何処から手を付けようか迷ってしまいます。

旧の床の間は、工具置き場となっています。

 

錆止め半分塗ります。:古民家再生塗装仕事

古民家まるごと自分でリフォーム

古民家再生塗装仕事

錆止め残り半分塗ります

錆止め塗り:色は再度後から

斑はありますが

裏にも錆止め必要か?

この時期の塗装は気楽に塗れます。暑い時期ですと、

塗料がすぐ乾く為、刷毛が固まるのが早く塗りにくくなります。

冬は固まるのが早く塗りずらくなります。

木部の軒も塗ります。

脚立に上がって降りての繰り返し。

塗り終わるとなんとなく、違った建物のようにも感じます。

雨樋も黒で塗りました。

建物半分塗りました。:半分錆止め塗ります。

岐阜県空家の古民家リフォーム

古民家再生DIY:塗装工事

室内やっと落ち着いてきました。

外壁残り半分塗りたいと思います。

ウッドデッキDIY

日本の古民家の特徴ですが、屋根・軒部分などには、隙間があります。

風通しは良いので、建物は長年もちます。通気が良すぎる分、冬の寒さには、密閉が出来ない為囲炉裏などで暖をとります。

どちらを取るかで、今回徹底的に隙間風を塞ぐ為、コーキング等で埋めていきます。

トタンの施工で隙間があり気になります。

一部でアリが上がっていました、

羽アリではありませんでしたが気になります。

ウッドデッキも完成ではありませんが、

次々作業があります。どちらを先に仕上げるか!

 

デッキ屋根が付くと何となく安心感があります。

この地域特有の雷雨対策

バーベキューをするには屋根がほしい

屋外では時折突然の雷雨があります。

 

ウッドデッキDIYもう少しで!

外壁ペンキ塗ります。:古民家再生

岐阜県空家の古民家リフォーム

古民家再生:まだまだ塗装

外壁塗装工事

色あわせで塗ってみた。ブルーが薄いように感じます。

今すぐ錆びるわけでもありませんが、色合いが気に入りません。

ペンキ:錆止め塗ります。:古民家外壁

中古住宅購入リフォーム再生別荘に!

古民家DIY:外装工事

ペイントの色配合をミスしてそのまま塗りました。

焼却は風向きを気にして、近隣に迷惑掛けないように。

 

 

 

 

 

 

焼却するごみは、炭用のキャンプコンロでします。

工事現場のプレハブ現場事務所のように見えます。

 

 

 

 

 

適当な食事を用意しました。

炭火で雰囲気はあります。

白菜と豚肉

 

 

 

 

 

 

古民家ですが田舎の雰囲気は十分あります。

 

塗装も上のほうが終わるとホットします。

どうしても足場が気になり、はしごの上にあがると怖さも感じます。

刷毛や塗料缶を持ちながらの作業となります。

 

 

 

 

下は錆止め塗り

 

グレーの色は錆止めを塗りました。

トタンが悪くなっていたわけではありませんが、上塗り塗料ののりが良いかと思います。

錆止めを前回塗っています。

 

錆止めは斑があるように見えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外壁塗装工事

中古住宅購入リフォーム再生別荘に!

 

 

ウッドデッキで食事:古民家再生

岐阜県空家の古民家リフォーム

屋根のあるウッドデッキは安心して外でバーベキューができます。

解体ゴミはありますがウッドデッキで食事

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウッドデッキDIY:自作デッキで食事します。

物が何もないので、広く感じます。

 

 

 

 

 

 

 

今の所電子レンジで暖めた食事となります。

バーベキューコンロ手間ですが雰囲気が欲しい。

何れ炭火と・薪コンロ:ロケットストーブDIYで作ります。

断熱材とプラダンで仮止めしていきます。

まだまだ色々作業がありますので、断熱効果を狙い、冬支度

 

ウッドデッキDIYでの楽しみ方

BBQできます。:古民家再生:デッキで食事

古民家リフォーム

天気気候によりますが、昼間は外で食事

室内でも炭焼きします。

室内で七輪を使用します。喚起が多少気になりますが・・

LEDソーラーライト付けました。

ウッドデッキDIY

雨の吹込みが気になり、プラダンを一時付けました。

素人ウッドデッキ屋根作り:古民家再生

岐阜県空家の古民家リフォーム

ウッドデッキDIY:

デッキ屋根は別荘には必要でしょう!

ウッドデッキに屋根付け

雪の重量はどの位!

雪にはちょうっと弱そうです。

ウッドデッキ屋根作り

 

 

 

 

 

一年に2~3回:20Cmから30Cmの雪が降る場合があるとの話

近年は少ないそうだが、屋根耐えられそうになさそう。

屋根の材料はホームセンターへの買出しとなります。

脚立を移動しながらの作業

そこそこデッキができるまで、室内他の作業ができません。

幅4mの材木床材を並べて見ると、大きくも感じていましたが、正面道路から見ると、さほどでもないように感じられる。なぜだろう!

ウッドデッキ眺めて見ていきます。

悪くはないのですが、周りの草生えが汚く感じる。

外周りばかりでしたので、中のキッチン周りが気になります。

室内の内装仕上げはこれからです。