月別アーカイブ: 3月, 2020

古民家再生DIY:桜まだ咲かない。:モネの池

古民家再生DIY

桜まだ咲かない。

モネの池

井戸どうすれば!


灰を片付けます。

暖炉・薪ストーブ動画下記リンク

DIYKハウスガード・ユーチューブ動画

ホタルの里公園

今日のキャンプは3張り程ありました。

ファミリーキャンプとソロキャンプ

お子さんもみえました。

 


桜一部咲き始めました。

まだつぼみの桜も


種類によりつぼみ状態

今日の古民家DIY

ベットの金物から木が割れて!

ベットの木枠にボルトを入れて

固定していました。

キャスターでベット動かした時に木が割れました。

写真撮り忘れました。


井戸水まだ出ません。

今回仕入れました道具
ドリルドライバー用のポンプ使用

インパクトドリルを差し込み、

ドリル回転で水をくみ上げます。

水が出ない、水の管は4.7mまで差し込んでいるのですが、

下10cm程で水の着いた跡がありますが、

水量がないのか?

5.5mの鉄筋を差し込みハンマーで少したたいてみました。

数センチ程は入りましたが、

石に当たるのか、砂が固まっているのか、

判断は難しい。

もっと深く井戸掘りしないと出ないのか、悩みます。

まだ寒さは感じます。

板取川上流へ走ります。途中の山

和紙会館前

天気は良くありません。

高賀神社へ水汲みと、知人宅に伺います。

途中の山に桜の木、少し見えます。

緑が青くなってきたのがわかります。


モネの池の横の売店

すぎのこキャンプ場

川も少し増水しています。


すぎのこキャンプ場を過ぎ知人宅へ

知人と同行にて

上流のお蕎麦屋さんへ向かいましたが、

お昼の休憩で準備中でした。

上流の鮎釣り場所

川の下見をしながら

ラスティン洞戸・板取川温泉まで上がり

お土産を購入し、戻りました。

温泉も午後の3時ですと人が少ないようです。

お土産はシナモンシュガー

シナモンシュガー焼いたトーストに乗せていただきます。

150円ここへ来ると購入しています。

帰りに板取地元みよちゃん洞戸地区

八百屋と乾物売っています。

野菜を購入し帰りました。

帰りの川の写真

古民家DIY:ベットを作るはこちら

 

古民家DIY:まだまだベットはこちら

 

古民家再生DIY:春めいて!:来客すき焼き!

古民家DIY:暖炉、薪ストーブ

手作り工房始まる!
春の花が咲き始め!
夜よく眠れる


夜中に寝る時、トイレに行く時は、

夜中は赤のLEDライト!
白色ですと、まぶしくて、目が覚めてしまいます。


薪ストーブを付けたまま、空気を絞って
やかんに水を入れて寝ます。

薪ストーブが入ってからは

灯油のファンヒーターも
荷物置き場になっています。


薪ストーブを使用してから、
ファンヒーターを付けなくなりました。


少しずつ薪サイズに切ってこれだけになりました。

でも、今年これでは、当然夏までもたない。


来客で、すき焼きを用意しました。
まだ、外では寒いと思い室内で
暖炉の前ですき焼き喜んでいただけました。


薪を入れていましたら、
この薪でコースターを作れないかと
外でDIY、工房が始まりました。

春めいてきましたが、

外の木も芽が色ずき始めました。


桜でしょうか!


毎年3種類の桜が咲きます。


来客前に、井戸の高圧洗浄をしました。

5,5mの鉄筋で、井戸の中まで通してみたり、

管を入れて深さを測ってみたり、

空気抜きの古い鉄管を一度抜かないといけないか?


まだ、井戸の水は出ません。

ウッドデッキで工房が始まりました。

コースター作り!

丸ノコテーブルソーも初めての方々

気を付けてカット指導


テーブルソーで、

丸太を薄めの板にカットした板を
何枚か作ります。

充電式のランダムサンダー

ランダムサンダーで、汚れと角を磨きます。
最初は60番のやすりサンダー
後での磨きには120番のサンダーで磨きます。


薪用の木材ですが、
磨きを入れコースターが出来上がりました。

暖炉が消えかけているのか煙が出ていません。


二人が来客で、

昨年は、押入れの珪藻土を縫っていただきました。

建物入ると同時に、

昨年の珪藻土が気になったようで

覗き込んでいました。

少しでも、自分たちの手を加えた所が

思い出になるようです。


真剣に磨いています。

この後、洞戸のお客様来客元大工、工務店さん

お見えになり、作り方、ヒノキの丸太の良さ

薪ストーブ家の乾燥等々、のご教授受けてみえました。

手作りは良いものです。

夕食をご馳走し、夜中に帰って行かれました。

翌日は、井戸の高圧洗浄、鉄管の錆を

取っていました。

夕方からいつもの4人で、鍋BBQ

食事宴会を楽しんでいました。

古民家再生DIY:井戸復帰できるか!

古民家再生DIY

建物DIYが途中となりますが

中古住宅購入後DIY3年過ぎて、

井戸復帰始めました。

素人無謀な事かわかりませんがチャレンジ井戸掘り

季節が暖かくなり、外での作業

井戸再生できるのか?

この鉄管の井戸の息抜きを
利用しての井戸再生が可能か・?


鉄管に2mの鉄筋を差し込み
その後3mの鉄筋に交換し、

管の内部の錆と汚れをこすり落とす為
井戸の息抜きの鉄管に差し込みます。
鉄管の錆などで、かなり目詰まりしています。
鉄筋を何度となく上げ下げして、管の内部の
錆びを落とし下へと差し込みます。


長さ3mの13mmの鉄筋が通ったので、
内径13mm長さ4mの塩ビパイプを

差し込みなおしますが、
内径13mm鉄筋も何とか通る内部ですので、

やはり塩ビパイプは
素直に入る気がしませんでした。

本来は、塩ビパイプを差し込み、

ポンプを塩ビパイプに繋ぎ吸い上げるのですが、

細いワイヤーを通すと4.7m迄奥には入りますが
内径13mmの厚めの塩ビ管は

何かに当たり止まってしまいます。


高圧洗浄機の先は、何とか4.7mまで入りますが、
井戸の古い管の中を洗い、最下での井戸洗いで
1時間程何度と洗浄で、石に当たった感じまた
砂が上がってくる汚れ等を感じながら洗浄します。


そこそこ綺麗になったかと思い、後は
水位等を差し込みながら計って、

向えの用水沿いの
高さを照らし合わせながら、

配管が濡れる位置で水位がありそうな雰囲気


今度は、井戸ポンプに配管を試しに

付けてみることにします。
お昼ご飯を食べて、ホームセンターへ配管、取次の
L字管等購入の上、意気込んで、再度挑戦


井戸を洗います。


高圧洗浄機、家庭用です。


ポンプを試しに設置
ポンプに呼び水を入れて吸い上げようとしますが、
なかなか上がってくる雰囲気がありません。


ポンプ電源は吸い上げの圧力が掛かったのか、
通電が止まり、これで吸い上げ出来るかと
思いきや、上がってきません。

コックをひねるとプシュッと、少しの水は出ます。

ポンプの予備水が圧力で出るだけのようです。

鉄管2本の間が、錆び等で固着が原因か?

上がるはずのない水を上げようとしているのか?

元々水脈がない状況か?

色々考えながらも試しながら、行うしかありません。


地元の方のお手伝いで、ここまでしましたが、
雨も降りだし、次回また試してみることと、
なりました。
ポンプに異常がある雰囲気はありません。
水洗いをもっとして、水が寄るようになっていないか、
または、どのような埋め方がしてあるのかが気になります。

最悪の場合新しく井戸枠を掘ることになるか悩みます。

古民家DIY:暖炉薪:井戸掘りDIY:水道開栓

古民家再生DIY

古民家で薪ストーブ
薪を切る

水道開栓

井戸掘りDIY:旧井戸の復帰できるか?

今度はまた、井戸掘りに手を染めてしまうのか?
昨夜から雨です。


薪:入荷しました。
知人より持参いただきました。薪

そろそろ薪がなくなる頃と、

心遣いでいただきました!

チェンソーが欲しくなります。


朝から鍋料理

朝遅くに朝食・昼食?
いただきました後ですが、写真(4人前)
牛肉・ねぎ・大根・人参・ジャガイモ・白菜
入りの鍋
アジの干物・イカ、地元の方から頂いたので、
その場で、薪ストーブ、
暖炉の上で焼きました。

暖炉上で、あぶりました。


ちょっと外出へ、
煙が気になりますが、暖炉を付けた状態で!
暖炉空気をしぼり、外出


暖炉空気を弱めてあるため煙が出るようです。

不完全燃焼状態でしょうか!

昨日からの雨で少し増水している気が!

増水といっても山が小さいので、

さほど増水することは今まで見たことはありません。

向かい側の用水

市役所に水道開栓の申請書を提出しに来ました。

3月3日に申請6日に開栓依頼をしましたが、

開栓できていませんでした。??なぜ?


日曜なので休日受付ボックスへ
先日水道開栓、FAXにて申請は出してあるのですが
原本を持参しないといけないようです。

電話一本では受付できないそうなので!
時代に反して、結構いなかでは面倒なことです。


水道が出ないので、

井戸跡の水洗いが
できません。

午前中結構な雨でしたので、午後からの少し作業

上から少量の水を入れてみましたが・・・


中の管へ1.3mmの鉄筋を入れて、

押し込んでいきますが、
途中で何かにあたって、2m程で、それ以上
下に鉄筋が下がりません。
その後細いワイヤーを差し込み、
少しずつつ、ついてみましたが、
やはり何かに当たって下がりません。

以前ワイヤーで4.7m入っていましたが?

次回にでも水道開栓出きたら
高圧洗浄で、井戸洗い含め
試します。

昨夜の晩も明け方3時までお話していましたが、
薪ストーブを炊いていましたので
寒さは全く感じられませんでした。

友人お泊りとなりました。

昨日夜切った薪が足らないので、
夜8時30分頃、チェンソーで
一夜分の薪を切って頂きました。

御近所さん音がうるさくごめんなさい。

その間に夜食:焼きそば、干物、餃子を手作していました。

井戸周りの足場に薪用の木材を利用しました。

足元が悪いと作業が進みません。


昨夜は雨でしたので、

チェンソーはここウッドデッキで、
回りに、切りくず飛び散るので、
後で掃除機で掃除しました。
多少の汚れは、今まで何度も経験しています。
下のジュウタンも、そのため敷いております。

私が持っている電動チェンソー

刃の目立てをしないと切れなくなっています。

小さなチェンソーなので、威力がありません。

力のあるエンジンチェンソーが欲しくなります。

古民家再生DIY:暖炉その後:井戸再生できるか!

古民家リフォーム・リノベーション

古民家で一人DIY
薪ストーブで温かく過ごす。

井戸の復活試みる。

暖炉、薪ストーブ燃焼動画

暖炉にやかんを乗せてお湯が沸かせる。

暖炉を付ける前に、網を加工し、

暖炉にやかんを乗せれるように、

金物で網が安定するよう加工しました。

薪の入れ方にもよりますが、焚き付け当初は耐熱ガラスに

ススが付きます。中の温度が温まっていないための様です。

温度が上がるとススが燃えてなくなります。

煙突に出る煙の量を
焚き付け当初の様子を見に
外に出て見ています。
空は星が見え始めています。


薄い煙に変わった様子です。


暖炉燃焼当初は、耐熱ガラスに!
燃焼温度が低く、ガラスにススが
出ます。

 

暖炉:薪スト燃焼動画はこちら


かなり燃焼温度も上がってきました。
ススもこれで薪を足していけば、
消えていきます。

暖炉上の配管が少し黒ずんできました。

電気を消すと薪スト上の配管も赤く見えます。

 


横にやかんを置いておけるように、
網を左右サイズの長めの網を用意しました。


横に長い黒い網は、電気ストーブの
縦形の壊れた電気ストーブの廃棄物
を外し、平面に加工したものです。


やかんに入れた、水、お湯が沸きます。
室内の加湿になります。
この時点で、室温は熱くなり、
シャツ一枚でいられます。

翌日は井戸堀!

昔の井戸跡の配管が利用できないか、
試しに、周りを掘り、
鉄管の状態を見ます。

地元の知人も含めご協力いただきまして、

検討しながら試行錯誤お知恵を借りながら、

方法と道具をお借りしてお試し!


配管は2重になっていて、
中の管だけ抜くことが出来ないか、
試してみました、
外側のパイプをサンダーでカットし
中の管が、回るか、パイプレンチで回しますが、
中の管と外の管が、同時に動くだけで、
中の細い管は回りもしません。

配管自体がかなり前のもので、錆付きがわかります。


休憩とお昼ご飯で、ロケットストーブで
鍋と、餃子を焼きました。


夕方、暖炉薪ストーブ付けまして、
夕食の用意をしました。

薪ストーブ費用の気になり方はこちら

 

井戸再生体験

試しに、管の上部よりワイヤーを中の管に差し込み

深さと、ワイヤーが通るか試してみました、

深さ2m程で、一度中で止まってしまい、

何かが当たります。

再度入れなおして、何度とつつくと

深さ4,7m迄ワイヤーが入りました。

これが井戸の深さと思います。

再度入れてみるとなぜか2m程で、

何かに当たります。

錆付きがはがれて詰って止まってしまったのか?

中の管に横穴をあけ、金の棒を通して
ワイヤーと金物で、固定しジャッキアップで、

中の管が持ち上がり、動くか試してみましたが、
中、外の管が同時に1Cmだけ上に動いたところで、
中の管だけ、抜けると思えず、
断念しました、おそらく中の管と外の管は、
錆付き、固着しているようです。

配管が曲がっていることも考えられます。
次回ほかの方法で、井戸の復活を
試みてみます。

梁の残材の上にジャッキを置き

中の管と金物で固定し試しました。

急いでいたため、写真撮る暇がありませんでした。

夕方室内で、お話で時間がたち、

鍋料理の残りと、うどんを暖炉で、

温め食事し薪ストーブの様子を見ていました。

薪ストーブ最高に暖かく過ごせます。