月別アーカイブ: 6月, 2020

古民家キッチン棚作り:鮎板取川見て回る

古民家キッチン棚作り
板取川:鮎は釣れるのか!

大雨後の川


板取川中央夕方ですが、釣り師はまだみえます。


デイキャンプの方もまだいます。
夕方遅掛けに竿を出しますが、
かかりませんでした。

蕨生、橋の下で釣りをされて見えた知人
後から聞きましたが朝から4匹で
断念して納竿されたそうです。
まだ早いのか!

夜知人宅に夜ご飯御呼ばれに行きました。

鶏肉と白菜のみそ鍋、天然アユの塩焼きいただきました。

翌日の鮎釣りに同行する予定でした。

9時には引き上げ、鮎釣りに備えます。

 

夜は棚の出来栄えを見ていました。
奥行が9Cmの板ですと、奥行きがなく
大した量が乗りません。


小物を並べております。

このテーブルの足が!

テーブルの取付金物の方が、1Cm
大きくなり、調整が必要です。
ステンレス横に張った脚の繋ぎを

カットしなければなりません。

ステンレス金物の寸法を全てカット

こたつテーブルは置いただけでまだ固定していません。

夜の10時頃にはホタルが少し見れました。

しかし12時頃から雨が降り出していたようです。

夜中の1時、大粒の雨が、デッキの

屋根のトタンに反響します。

写真ではわかりずらいですが、かなりの雨


夜中の4時頃も、一時的な
大雨の音で、目が覚めました。


少し明るくなってきます。
今日の鮎釣りは、竿が出せないか・・・・
5時半知人と釣りの予定で、
連絡してみると、やはり郡上・板取上流雨の様子で、
郡上囮屋に連絡すると、
高水とにごりも出ているようで、

平水より郡上40Cm高
本日午前中は釣りは出来ない様子、

朝まで再度ベットに付きました。


午前9時には雨は上がっていました。
時間があるので、庭の草を刈っていました。
ここのところの草の勢いで、草の伸び方も違います。

午後から、と思い、板取川上流へ、
午前11時に知人宅へ、下流から川を見ながら
上流へ向かいます。


この時点では釣りはできないだろうと
諦めていました。

ここでは、濁りもあり、高水で釣りにならない。

まだ、時間的にもにごりで無理がありそう。


時間が昼前となり、
アユ料理店では、車が並びます。


何処を見ても竿を出す気にはならない。

天気は曇りで落ち着いてきています。


知人宅は、板取川のダム上となり、
訪問しました。

川の状況はあまり変わっていません。


途中のアジサイロード


お昼ご飯にとスパゲッティーを
前日夜に、ゆで上げておいた麺と
具材を、フライパンで温め
4人で食事をしました。

近場の川では、まだ、竿を出す気にならない。

時間もあり午後から上流を見に行きます。

板取川の温泉まで上がりました。
ここでダメなら郡上でもと考えていましたが、
竿を出しているかたみえます。


早々に親を川に付け

濁りもなく
竿出すも、高水、親が浮きやすい。

知人提供のおとり鮎


我慢我慢で、午後2時からの釣行、終了間際で
1匹、途中では、身切れもありましたが、

5時前で納竿坊主は免れました。
同行知人、竿頭が5匹でした。

前日は郡上で、30匹以上釣って見えた方です。


川を行き来された、知人も
まだ鮎が薄いと嘆いていました。
まだ梅雨の時期終盤まで、本番は、
これからと期待します。
本日は竿が出せただけ良しとします。

帰りには高賀神社へ水汲み

名水、午後6時終了の水汲み

急いで、残り一人水汲みにみえていました。

最後の来客となり、係の方は

帰り支度をされてみえました。

20リットルタンク6缶に水を汲み、

車に積み込み、古民家小屋へ帰宅

最近ポリタンクが重く感じます、体力が

衰えてきたのでしょうか!

古民家小屋の改装も早く仕上げたいのですが、

この時期は、鮎釣りと忙しい日々となります。

古民家DIY:来客:鮎釣り:キッチン棚

古民家DIY:来客予定の為

古民家キッチン棚塗装

ホタルを見に来客があります。

川の状況を把握できず急いで古民家へ

高水だけはわかりました。

鮎釣り明日竿を出す時間があれば・・・

夕方ですがキャンパーもみえます。

水は冷たいだろうに!

来客前に炭起こし

先週のキッチン棚

待つ時間にキッチン棚ペンキ塗り

野菜のカットと両方で忙しい。

料理の用意をしながら、塗ります。

バーベキューやりながら、塗装もしましたが

後で見ますと塗り残しがありました。

暗い中での塗装と食事の合間の塗装

就眠前に棚の取付もしました。

食器の用意も忘れず。

来客となり、塗装も途中

夜なので、暗くなり

用意した塗料も乾きが気になります。

鮎は本日並びません。

昨年の冷凍鮎が冷凍庫に2匹ありました。

凍った冷凍鮎を解凍し、誰かの口に一口

ホタルが見えたので、

ホタル見に用水を下って見に行かれました。

この時期夕暮れは7時ころですが、ホタルは

八時過ぎてホタルが見えだしました。

飛んでいる蛍は優雅に感じます。

星も本日は綺麗に見えました。

名古屋からホタルを見にお二人が参加され、

夜は帰られて行かれました。

夜は星が綺麗に見えたので、満足

夜中も眠れず、星を見ていました。

翌日は眠い。

 

朝は遅がけに、川に行きました。

(来客のお泊りの方ゆっくり寝ています。)

実は朝から、知人が、7時ころに電話いただき

気づかず寝ていました。

再度別の知人から、本日は郡上に向かうと

連絡お誘いいただきましたが

来客で、近場で本日は過ごすことを伝え

その後、今日河原で遊ぶお客様(鮎釣り)

郡上の鮎釣り状況を知りたくもあります。

 

川は高水

ここは釣れない為か釣り人は少ないです。

車が四駆でないと、入りにくい場所です。

玉石のような場所で、

鮎も流れが強いと落ち着かないようです。

日影が必要です。

女性は特に紫外線を気にされます。

一人で建てられるタープで、以前購入しました。

大きさも大きくはありませんが、

5~6人なら何とか

風にあおられると多少揺れますが、

その為、ペグではなく、アルミのパイプを

打ち込み、四隅にロープを掛けました。

砂場では風でペグが抜けてしまいます。

頑張って鮎釣りされていますが、

鮎の掛かりはいまいちのようです。

川遊びに小さな子供連れもみえます。

静かな川のようですが、

少し奥に入りますと、

水の押しが強く流れが結構あります。

お昼のBBQの用意

焼きそば

再度鮎釣りのチャレンジ

結局ここでの鮎の炭焼き

BBQをするほど釣れませんでした。

解禁の二日目で鮎がまだ小さいようで、

親としても、流れに負けてしまう、雨の影響で

垢の付きが悪いようです。

鮎の炭焼きは次回となりそうです。

少し上の瀬では、釣り師がひしめき合っていました。

晴れた日が続けば、垢も付き、また水量が下がれば

追いけのある鮎も出だすと思われます。

夕方4時ころから釣れ出す事も多いのですが、

帰り支度もあり、引き揚げます。

(釣れないからやめるだけ・・釣り師の言い訳)

タープに風が吹くとこんな感じ、

ロープが外れたようです。

川を上がって、古民家戻り、天然アユ

塩焼きでご馳走しました。

ちゃんと七輪炭で焼きました。

これが最高なひと時

古民家DIY:雨降りは何を!

古民家DIY:テーブル作成

キッチンに自作棚作り

郡上解禁参加できませんでした。

土曜日解禁に行けず、

翌日曜日に参加予定で

いましたが、何処も増水

雨・雨で増水

一夜明けて考えます。

朝から雨続きでした。


土曜日知人は郡上解禁に!
朝夜明けと同時に入選され
午前10時頃増水と水温低下で
釣れなくなり川を上がられたとのこと
竿頭は15匹、
小さな鮎も針に係り、
川でははねているようです。

坊主の方もみえたそうです。私のレベル

今年の解禁はなかなか良い想いができません。


前回草焼きした河原
庭には草が生えだしています。

雨の日は、古民家DIYで時間つぶし

冬のこたつを片付け、こたつのテーブル部分を
利用し、夏は椅子で、食卓

倉庫に眠っていた、いただいた、

テーブル足を加工します。

頂きましたテーブル脚4本

どのように使用するか悩んでいました。

木で足を加工すると重たくなり、移動も大変なので、

板を乗せてネジで止めれば良いのですが!

後々加工もしたくて、冬にはこたつに

ばらして収納片づけたい。

アルミの踏み板ノンスリップを加工、
長さを測り、ネジ穴を開け、
雨樋の固定用の金物で
足の強度を保てるよう固定します。

 

アルミ板は、安価なシルバー:木調など種類はありますが

やはり価格で我慢します。(色塗るか、価格は倍違う)

タイヤレスノンスリップ2m(1,045円3本)

SPG用立てバンド65A (157円4個)

VP立てバンド65A(144円2個)

テーブル板の下:テーブルと板は固定しません。

テーブル板は、重量があるので、乗せているだけ

ずれない様にパットを挟む予定です。

斜めにたすき掛け、

1本では!、もう一本いります。

たすき掛け、×でするべきです。

強度は足りませんでした。ぐらつきます。
次回雨樋の金物を仕入れます。

材料不足


色を塗るか、手入れも必要です。

錆び落とし

見栄えはあまり良くないかもしれません。

でもこれがDIY


時間があるので、

ベットの手すりを加工しました。

ダブルベットサイズに仕上げ
写真撮り忘れました。

次にキッチンの棚を作ります。

雨の中、外のブルーシートに保管していた、

材料置き場より1×4材を出して来ました。

材料は特別良いものではありません。


概略こんな感じで作ります。写真

カットした板を並べてみました。

来客の為、完成までは至りませんでした。

食事の用意があります。
次回塗装をして、固定します。
オープン棚です。
見える収納キッチン棚作り

追記:次週はそろそろホタルが見られると思います。

地元の方より、今週上の方で、

ホタルが飛び交っていたそうです。

雨ではだめですが、蒸し暑い日が

あって、ホタルが出たようです。

帰るころには、雨は土砂降り

板取大雨警報が出ていたそうです。

DIY休息:板取川鮎釣り解禁:古民家お泊り

6月6日鮎釣り解禁
行きました。
前夜祭
解禁前日食材を買い込み
大鍋を持ち知人宅へ

氷も古民家より持参しました。
鮎釣り解禁の前夜祭

これがしたくて古民家購入DIY

お酒は程ほどに!

午後11時まで食事しながら
翌日の解禁を待ちますが、
古民家へ戻りシャワーを浴びて寝ました。


翌日朝4時に知人宅に訪問し、
鮎年券を購入しに囮屋さんへ走ります。
年券を(12,000円)購入し
別荘へ戻り、川へ向かうが、

(歩いて降りて1分で川)
午前5時前に、すでに近場は入選されており
場所がない!この場所に6人以上すでに入川


川下へ下がり場所を探しますが、
減水の為、良さそうなポイントは
すでに抑えられ、どんどん下がりましたが


難しそうなポイントばかり


途中ここでと思う所で竿を出し、

親鮎をセットし

友缶を移動していると、

いきなり、1匹ヒット、かかっていました。
釣ったという感触がいまいち
感じられず、親を変え再度
挑戦しますが、待てど暮らせど
かかりません、1時間程で
みきって、上流へ戻ろうとしましたところ、


知り合いより電話で何処で釣りしてる・・・
下のキャンプ場近くにいるとのこと
下流へ再度戻り、キャンプ場を超えて
キャンプ場入り口へ

歩き疲れてへとへと


減水で釣れていないことを伝え
ご自身も見ては来ていたようで、
釣れない状況を感じ取り、
竿出しされずに帰られました。
釣果は一桁


翌日2時間程竿を出し、1匹追加
夜は、獅子焼肉(いのしし)
鶏肉鍋等鮎も少し炭焼き

鮎塩焼き頂きました。

一晩泊まり翌日も少しだけ竿を出しました。

帰りは、まだ解禁ではない、
板取中央の写真を撮りながら
帰ります。


何処も減水です。
雪も降らなかった、今年の冬
雨も少ないです。


露時期が待ち遠しく思えます。


キャンパーはたくさんの人出
でしたようです。


来週は郡上の解禁
行けるのか、予定が未定です。


おとなしい川のようです。

古民家DIYでは、片付けで終わりました。

棚も作りたい。テーブルも作りたい。

来客別途も補修がしたい。

井戸水は正常に出ます。

庭に砂利を撒きたいのですが・・


夕暮れでキャンパーも少なくはなっています。

昨日夜ここを通ったのですが、

屋台村のように、キャンプテントから電灯、焚火の炎が

明かりが並んで綺麗に見えました。

古民家DIY:除草方法:草焼きバーナー

古民家DIY

鮎釣り解禁もう少し!
朝から雨
雨の為、先回のバーベキューテーブル点検で、
再度上塗りをした方が良いと思い、
昨晩から気にしていましたが、
本日朝から小雨、塗れません。

先週の草焼き、バーナーで焼いたところですが、
枯れ葉となったところが小さく、
それほど、除草にはなってないように見えます。


もう一度小雨の中、草焼きを始めました。


バーナータンクに灯油2回入れて、1時間30分程
草を焼きました。
例年ですと、地元の自治会で、
草刈りをされた後に、バーナーで
焼いていますが、今年は中止の為
生の草を焼くのは、結構時間がかかります。


奥の方は今回焼いたところですが、
来週には、焼けた跡がはっきり
わかると思います。


本日は、気になっておりました、網戸の
建付けが悪く、古い網戸の為、調整が利かず、

網戸動きが固く、動かしていませんでした。
枠をサンダーで、削り何とか動くようにはできました。
写真は、一生懸命に調整していて撮り忘れ!

昨夜は、お客様と、夜ご飯作って
食べました。


翌日昼間から夜まで、遊んでいかれましたが、

鮎釣り談義となりました。

本日は、来週解禁となります、
板取上流の、鮎釣りシーズンに向けて
鮎釣り道具の用意、鮎竿のお手入れ、コーティング
引き船、友缶、ポンプ、糸、針、たも、ウエーダー、
等々、道具が多いです。
一日雨では、作業も急ごうとは思いません。
来週は鮎釣り情報を掲載できればと思います。