月別アーカイブ: 11月, 2019

古民家リフォームDIY:防寒対策:ウッドデッキ雨漏り修理

古民家リフォーム:冬支度:寒さ対策

断熱工事
冬はやはりこたつが良い!
床暖がないのでこたつを用意しました。

朝起きますと朝もやが一面に
今日は晴れるぞ!


四方を見ていました。


近場のもみじも霧がかかっています。

紅葉を見に行くと良いのだが!

 


こたつに潜り込みたい!

ガスがかかっています。


ガラスには霜が降りています。

朝起きるとガラスが曇っています。

昨夜はファンヒーターを低音で付けて寝ました。

上にもプラダン張るか考えます。


前回草焼きした水辺です。
目の前の小川となりますが、
ここからのクモとかカメムシとか
発生しないよう前回焼きました。

来月になれば、雪もチラつくでしょう。

車のタイヤ・スタッドレスタイヤに履き替えました。

少し早いとは思いますが!


少し寒く感じますが、
気持ちの良い朝です。
夏のようにウグイスは泣いていません。

太陽の明かりはあります。

雲のない温かい、良い一日になりそうです。

もみじが綺麗です。


今日は何をするか!
防寒対策!と前週に続き土嚢を作る、ウ~


ガラス窓の下を
プラダン張っていました。

プラダンは一枚200円程で購入できます。

安価な防寒対策となります。


中の様子がプラダン張り少しぼやけます。
今日は防寒でプラダン張り

ついでに窓の大掃除

窓枠のシールをはがすのにヘラで少しこすります。


以前の住居者も、何か寒さ対策した跡のようです。
窓枠に何か所と両面テープらしき物が
張られてあります。


サッシ枠の掃除をします。
壁・天上の解体前と、解体後も掃除をしたのですが、
内装の工事などで、窓枠・ガラスも汚れています。


100均のブラシ
正式名は知りません。
以外に使えます。

サッシの角には、一か所で5匹ほど

カメムシが群れていました。

ビックリ、飛び出しました。

触らず、ふれずに履き掃除


サッシに合わせ、プラダンカッターでカットし
テーピングしていきます。


掃除がガラス・サッシ・網戸と
窓枠掃除が手間でしたが、
何とか張り終わりました。

断熱としては多少は、対策になったと思います。


一応綺麗には見えます。
網戸の交換もしたかったのですが、
来年にします。
網戸破れているわけではありません。

来年は色替えで張り替えるか考えます。

お昼のランチと言えないですが、毎回懲りずに鍋

温かい物が欲しくなる季節

お肉がないので、ソーセージで代用


パソコンロケットストーブで湯を
沸かします。


何時ものことですが、火を着けた当初は、
煙が不完全燃焼でかなり煙たいです。

ふいごであおりました。


煮えてきました。


コーヒー用に残りの火で
お湯を沸かします。


五本指の靴下、当初より慣れでしょうか
違和感がなくなり、楽に感じるようになりました。


ロケットストーブ・薪コンロの必需品 3点

ウッドデッキ屋根雨漏り!

大雨で雨漏りしていました。
原因がやっとわかりました。
当初はビスの穴から雨漏りと思っていましたが、
波板の重なりが山2波でした、
3波はかさなり必要のようです。
上から下まで、脚立で屋根に上り、
ネジダンバ張りなおしました。
久しぶりに屋根に上ったので
ビビりながら、足に力が入ります。


本日裏山秋葉神社の
近隣の方のお参りです。


朝寄られましたお客様
お昼に寄るかと
鍋の残りを用意していましたが、
見えませんでした。

夕方もう一度草焼きすると
良いかと思い
作業の用意をしていると
来客:夜までおしゃべりしていました。
食事も一緒に頂きました。
残り物でごめんなさい。

板取から来客ですが、

(常連さん古民家を購入)

板取古民家先日ご紹介の上購入された、

知人鮎釣り師の常連さん、

購入されてから初めて外と中を点検

(草刈終えて寄られました。)

井戸水は電源入れたら水が出たとの感動

ガス本管を、外から二階にも付けたい、

大きなプロパンガスストーブを仕入れたそうです、

トイレは汲み取りなので、浄化槽をお考え

ウッドデッキは柱が下がっていたので、土を大分入れるよう

ついでにウッドデッキを大きくし下に車が入るよう、

その他、外壁塗り替え、屋根瓦漆喰の塗り直し、暖炉を置きたい、

これからの掃除が大変

夢は膨らみ帰っていかれました。

中古古民家のリフォームリノベーション

板取の紅葉は山まで綺麗でしたそうです。

 


前日夜にカーテンを厚手に付け替えました。

下の写真はカーテン断熱で追加しました。


ロールカーテンが、幅が足らないサイズ
でしたので、防寒用にカーテン

丈が足らないので、

ロールカーテンもそのまま付けたまま

次回カーテンを裾を下に伸ばして見ます。

 


その上からロールカーテン2重にしました。


断熱・防寒対策
夏はロールカーテン外すかもしれません。


これからはどんどん

寒さが体に感じるようになると思われます。

夕方日が落ちますと、体にしみてくるような感じです。

古民家DIY:冬支度:防寒対策:紅葉:片知渓谷

古民家来客火を起こす。

焚火でガヤガヤ

秋を感じる季節


来客:焚火で外でおでん食べました。


今回も、土嚢で土を出します。


ようやく下に岩盤が見えだしました。:カメラ逆光です。

だいぶ土をすきました。


木材を整地のため移動しました。


平坦になりました。

ムカデを1匹見ました。

いつ見ても気持ちの良い物ではありません。


窓からの裏庭の雰囲気です。

岩盤が見えて面白い雰囲気が出ます。

まだ土を取るのと、蔓の根を何とかしたい。

何れ高圧洗浄と思っております。

お客様帰宅後ウッドデッキのテーブル片付けました。

空は快晴です。

いつものお向かいの栗の木

窓サッシ下側にプラダン張りました。
冬の断熱防寒対策:少しでも!

テーピングしただけですが、

効果が即効とまではいかないでしょうが!

やらないよりは、可能性があると思えば、

安価なプラダンですから、

プチプチよりは見栄えが良いので!

窓のあちこちに張っております。

 

まだ、ガリ釣りされてみえます。

竿出すにも寒いでしょうに!


川は減水です。

3名ほど竿出してみえました。

板取川中央より片知渓谷に向かってみます。

紅葉がどの程度

帰りに片知渓谷林道に入りました。
紅葉が見れるか!


川が見えたので写真撮りました。


上に上っていくと神社が2つ程あります。

途中他府県ナンバーの車両もありますが、

山菜取りでしょうか、遊歩道の散策でしょうか?


5m幅の道路を上がります。

紅葉が始まっています。

来週あたりはこの近辺でも

紅葉が見れそうです。


川原の近くにも大きな岩盤があります。


小さな岩盤に見えますが、
5m程の高さがあります。

古民家DIY:冬支度:焼却:風呂ポンプ

古民家再生リフォーム

鮎釣り情報(ガリ釣り)
古民家冬支度
露天風呂用加熱パイプ
山から土嚢袋取り出し

いきなりの写真これは何だと思われるでしょう。
夜の小川


ステンレスフレキシブルチューブを折り曲げ

柱を利用し曲げていきます。

一時柱を固定して作ります。


コンパクトに仕上げたいと細かく曲げています。

夏の露天風呂用に焚き火でポンプ式循環風呂を

作ってみようと思いました。

また、バカな物を作ろうとしています。

 


最後に針金で広がらないよう止めました。

フレキシブルステンレスチューブは一度曲がると

スムーズには綺麗に曲がりません、

どうしても手作業ですので、

見栄えは、気にせず!

作業効率を考え、余分な柱をクランプで固定して、

撒きつけていきました。


イメージで、給水水道ホースとシャワーホース
繋ぎました。あとはポンプを繋いで試してみるだけ。

川原でお風呂使えるよう。

次回の焚き火でどの程度お湯になるか

試してみたいと思います。

充電ポンプが小さいかもしれないと想像しております。

蔓を土から掘り出します。

蔓は厄介者です。掘っても掘っても下に延びています。


岩盤に積もった土を取りだします。
これが大変!


バラバラ建物近くまで、
石ころが落ちます。

まだ蔓の根があり根を切りながら、

周りを少しずつ欠き出しての作業

なかなか進みません。


上から土を欠きだし出します。

左の保管している、木材を移動することになりそうです。

最後には高圧洗浄で流したいと思いますが、

まだまだ、土出しが必要です。

駐車場石組の土留めの石を減らし、スムーズに

車が入りやすくします。

底の低い車両は下をよく打ちました。

スロープを作ります。


斫り機で周りから掘ります。

ハツリ機は以前にネットで購入、勿論中古品となります。

ハツリ機大きさが小中型なのでしょう、力があまりありません。

プロ用ではありません。

何れの風呂場の浴槽交換工事も考えますが

このハツリ機では苦労しそうです。

何度も回数で勝負するしかありません。

結構頑丈に固めてありました。


石を5個を落とし、そこに、砂利となる石を詰めます。
鉄筋、配筋まではいらないと思いました。


セメントをこねては流し込みます。

手作業となります。

何れコンクリートが割れてくるかもしれません。

ポールは段差の目印として立ててみました。

パイプを立てておきました。

車が落ちないように、このまま目印にします。

車が段差を乗り越えないよう。


スロープが完成しました。

すでに回りは暗くなり出しました。

夜の食事タイム

石狩鍋、一人鍋と思いましたら、地元の来客があり

一緒に食しました。(奥様が帰ってみえないとのこと)

夜の美濃のうだつの町並み
お客様寂しいのでしょうか、夜の町へ送った帰りです。

写真のボケはごめんなさい。

車両から思わず撮りました。

町並表現で、照明を各戸店舗付けているようです。

敷地、駐車スペースもゆとりが出来ました。

先日草焼きした河原ですが、暗く見えません。


夜中に棚を少し上げました。

時間的に暇でしたので!時間をもてあましておりました。

ネジ止めを再度し直し
下に何か吊るせるように
荷物も下に置けるよう!

今の所照明器具のリモコン・帽子・

鮎釣り仕掛けを置きました。


翌日、岩盤の土をひたすら出します。

周りの根っこも、レシプロソーで切り落としています。

土を出していると下の岩盤にスコップが当るようになりました。

裏庭とは言えない小さなスペースですが、

整地をしていきます。

ここに岩風呂でも出来れば、夏に入りたい。

土嚢袋に入れ道路際に置いていきます。


土嚢袋が並びます。

運び出し処分は知人の方が、

今回土嚢処分してくれそうです。

ありがとう感謝!

車が入りやすくなりました。


車が乗入れ、止めやすくなりました。

入り口が狭かったので、車両切り替えしが、面倒でした。


隣地の方の庭木切ってほしいと言われ
ノコギリ・マキタの充電レシプロソーで切りました。
焚物には細すぎると思います。

蔓もレシプロソーで切っていきますが、

途中で刃が折れました。交換

岩盤や石に当るとどうしても刃がいたみます。

ゴミ処分は手間がかかります。

掘り出された石必要か、岩盤から欠け落ちた石

右側にまとめて仮置きしています。


30個近くの土嚢袋となり

かなり土をかき出しましたが、
写真ではわかりずらく感じます。

並びました土嚢の土

4袋程はお隣のおばちゃんに畑に入れる

肥やしの土に良いそうで提供しました。

石と木の根と、土とを振り分けて土を提供しました。

なかなか土を出したが、見栄えが変わった感じしません。

この季節でも汗をかきながら、

体力的にはかなり動いたつもりでしたが!


露天風呂のイメージを見ています。

出来る自信はありませんが!そのうち!

当初は簡易の風呂を考えます。

五右衛門風呂になるのかも!ドラム缶風呂!

廃棄寸前のバスタブでも持ち込めればと考えます。


まだまだ土出しが必要です。

岩盤に着いた土が取り出しにくい。

追記:本日地元の方より、鮎ガリ釣り、

8匹程クーラーボックス見せていただきました。

サイズは18cm程

この時期には鮎も黒いサビは出ていました。

11月に入っても、板取川で釣れるとは!

今年は、珍しい状況

台風でも大水出てなくて残っているとか!

お話していました。

長良川本流でもまだ釣れるかもしれません。