月別アーカイブ: 4月, 2020

古民家DIY:井戸ポンプ汲み上げ:ポンプ位置

古民家DIY:井戸手押しポンプ

井戸周りの整備


昨夜の夜、暗い中

現地着でポンプ水汲み出し
試してみました、ポンプに呼び水を入れて
素直に汲み上げ出来ましたが、
少し試していると、ピストン上部の
ネジが緩んでいて、外れてしまい、
この後、夜は諦め!

何度とポンプ汲み上げで緩んできたようでした。

翌日ポンプをばらしピストン上部ネジを締めました。


再度ポンプ固定し、呼び水を入れて
レバーを上下
しかし、この時点で何かがおかしいと感じつつ
汲み上げはできました。

井戸地下に水袋ができているようです。ありがたい!

ポンプを時折汲み上げしながら、
給水管迄の、配管を通す位置まで
溝を掘ります。


ポンプは順調と思えていましたが、
昼食の用意と、食事後に、
再度ポンプのバーを上下汲み上げを試みますが
水が上がりません、30分程しかたっていないのに
再度呼び水で、汲み上げを始めますが、
ポンプの水が上がるまでの
時間がかかりすぎます。
この時点で、気づきましたが、
空気漏れで圧力がかかっていなかったようです。

中古の手押しポンプの為か、ボルト連結部分

パッキンが固くなっている為

圧縮の空気漏れがしていることに気づきます。


木の根は、以前も掘りましたが
あまりやりたくありません。
レシプロソーで木の根をカットします。


ようやく浅井戸ポンプ迄の配管の道のりが
出来てきました。
宅内迄井戸水を通そうと思います。


浅井戸電気ポンプの固定をどのようにするか悩みます。


この周りに置くコンクリートブロックを
8個仕入れました。


手押しポンプと浅井戸ポンプ(電気ポンプ)
両方を付けても良いかもしれない。

非常用の手押しポンプもあると便利なのかも

それとも使用しないかも?


高さ段差をいろいろ見ます。

DIYで井戸ポンプ小屋を作る。が始まります。

いい加減に置いたポンプ台


井戸も調子に乗ると
スムーズに水は出ます。


濁りもなくなってきているようです。

ちなみにチェンソー中古でぽちりました。
出品の商品最悪でした。
このエンジンとガイドバー・チェーンと外されて
届きましたが、ガイドバーとチェーンを取付
しようと四苦八苦しましたが、おかしい
チェーン無理やり付けたが、チェーン回りません
この本体と、ガイドバー・チェーンこの本体の
商品サイズの長さ違ったものを付けられていました。

別物:サイズ・商品使用できません。
単なるごみを売るな!!
出品者何処で仕入れたのか、ごみから拾って来たような
自分でチェーン外したのであれば、わかるはず。
新品を購入すれば良かったと今更後悔!


井戸水を漬物用たらいに溜めてみました。


濁りと砂は感じられません。


手押しポンプで井戸再生成功と
心がほっとしています。

この後浅井戸用電気ポンプを取り付けます。


浅井戸ポンプの小屋が必要か!

次回は、浅井戸用電気ポンプの設置

その後、井戸周りのDIYでポンプ小屋作成

井戸小屋をベンチ使用に考えます。

ウッドデッキに水道以前から欲しかった。

水槽、又は池を考え、

すいか・ビール・ジュースなどを

冷やす池でも考えます。

電気配線も8m程必要:防水コンセント

追記情報:コロナにて、川には立ち入り禁止ゲートがされていて

ガードマンが車両入り口には立ってみえました。

高賀神社水くみは、5月6日迄、入場できません。

関市ネオの池同じく駐車場も立ち入り禁止

地元の方耕運機の移動で、車両押してみえました。

そろそろ畑が始まるようです。

軽トレックに、除草シートを積んで何処かに!

古民家DIY:井戸水が出た:井戸復帰

古民家DIY井戸掘り
手押しポンプで水が出た!


仮止めですが下でポンプに

前回の管を繋ぎポンプ固定


春で草も多く生えだしました。


古民家で今日は手押しポンプ:ガチャポンいじり


アサリの酒蒸し!


ソーセージ炭火焼き!


野菜と豚肉鍋


焼肉はもちろんあります。


夜は風が出たので、暖炉、薪ストーブで温かく

井戸復活:初めて水が出た動画

本日は助っ人2人お手伝いいただきました。

初めに井戸ポンプ固定します。
残材でいい加減ですが、倒れなければ。


何度と吸い上げをしています。

途中ポンプの圧力が、落ちて手押しが軽くなり、

水が落ちてしまって、上がらない状況が何度と繰り返されました。


途中ピストンが外れたり、
固定をし直したり、
当初は少しづつしか出ません。


砂がかんだりして、水が上がらず、

ポンプバラしては
仕切り直しました。

ポンプの柄も短いと力が入らず、

長いステンレスパイプを追加しました。


何とか水が出だしてから、
4時間ほどで、水が安定し
綺麗にもなりだしました。

普段力仕事をしない為

立ったり座ったり、腰をかがめたり
腕を上げたり、下げてみたりの
繰り返しでした。

体力のなさが感じます。翌日の心配もありますが、

力尽きるまで、とにかく水を出したい。

水の出も良くなって来たようなので、

何度と交代しながら、次の仕事

回りの根を切ろうとレシプロソー
で根を切ってみます。


水が順調良く、出だしたので、
気が早いですが、水道管の経路を
掘り出しました。


井戸の位置まで掘らないといけません。


夕方には、ほぼ綺麗な水が出るようになりました。
次回再度手押しポンプで問題なく水が出るようなら
上水管を繋ぎます。

川は綺麗ですが、誰一人
川には見えません。
実はコロナの影響で、
川への車の乗り入れ、
進入路は塞がれています。


下記画像、各所入り口何処にでもありました。


ホタルの里公園にも看板があります。

トイレも使えないと聞きましたが!

やむ負えない処置と思います。

地元の方も、コロナは怖い

(テントで少人数で、と言えども、コンビニ等に寄り買い物

ごみ袋を河原に捨てられ、炭を捨てられ、

トイレの使用も悪く、清掃は地元の方

地元の飲食店もお休みのようでした。

日ごろのキャンプの使用マナーを見れば考えられます。)

テントは日ごろからありますが本日はだれも・・・

 

いつもの出会い

(ゴールデンウィークは川遊びはみえない方が良いと思われます。)

古民家DIY:井戸復帰挑戦

古民家DIY
板取川支流昨日の雨で増水しています。
井戸ポンプ設置試みる。

増水といえど支流では

大した水量ではありませんが。

いつもよりは水量多いです。

村に付くと同時に薪ストーブに火を入れました。


支流の川:いつもよりは流れています。

着火初めの薪ストーブの煙です。

風はあまりないようです。煙立ち込めます。


暖炉付けています。
ついでに火おこしとアジの干物をあぶります。


この後はやかんで水を沸かします。

来客予定で食事の用意

今回井戸復帰に手押しポンプ
仕入れました。
ヤフオクにて購入


中古の手押しポンプですが
何とか使えると思います。


さくらの花も散っています。

桜もまた来年

昼間もウグイスが時折泣いています。


手押しポンプの確認をします。
ボルトネジが塗装で締め付けがあまい
ようでした。


鉄管をポンプサイズ位置まで
切ります。


手押しポンプの設置に必要な
塩ビパイプを確認します。


手押し井戸は40mmが必要と思い、

購入に走ります。


ポンプに付いている締め金具

塩ビのパイプ購入に走ります。

回りの田んぼがそろそろ

しろかきが始まる頃です。


帰りの長良川で、デイキャンプにみえた
車両のようです。

四駆軍団見えます。。

バイク遊びの車両


川遊び

昨日夜に雨の日でも
板取川では、河原でテント泊の方がみえていました。

長良川から板取川へ

 

先ほどの写真の購入の繋ぎ手

40mmを購入


井戸の鉄管とサイズが合いませんでした。
40mmを購入したのですが、
鉄管内経が37mmのようでした
使えません。


外パイプをトーチで炙って
直接鉄管に繋ぎました、
コーキングボンドで、空気が抜けないようにして、
次回迄固まるのを待ちます。

 

それまでポンプの様子をいじっています。


ポンプに直接つけるため、ネジ込みの
位置を確認します。

鉄パイプと、塩ビパイプを繋ぎ合わせ

手押しポンプの高さを調整します。

この先に手押しポンプ固定しますが、

高さの調整が必要

薪用の廃材で高さ合わせを考えます。

次回の薪ストーブ用に、
薪をカットします。


電気チェンソーの刃が悪く

丸ノコでカットしますが
太めの薪が残っており
カットするにもレシプロソーで
カットします。

レシプロソーの刃も悪くなり

苦戦しています。
堅い木です。


実は以前よりこの根も切りたいのですが・・


手押しポンプの高さの位置まで
木材を積み上げます。


足場の固定をしておかないと
ポンプに力が入りません。

後は高さと位置関係


高さ上げに、40mmパイプを
延長しました。

井戸はゆっくりやるしかないようです。

次回は手押しポンプで水が汲みあがるでしょうか?

古民家DIY:春の除草、バーナー草焼き:花の画材リース

古民家DIY
古民家で暖炉、薪ストーブの熱で赤外線がのどに良いかも!
暖炉用に薪を作る
丸のこの活躍
お花:リースの花台を作る
草焼きバーナーで、除草清掃

夜に暖炉を付けて静かに音楽を聴いている

この雰囲気が何とも言えず、贅沢な気分になります。

私の好きな時間:大人の遊び場

薪ストーブ:暖炉燃える動画リンク

朝からモーニングコール近くの地元の方から電話

『今見えているの』と声がかかり寝ていました。

4時半ごろ目が覚め、トイレと暖炉に薪を入れて

燃やして遊んでいました、5時頃から外が明るくなり始め

再度寝床に潜り込み寝ていました。

薪ストーブの温かさが心地良い!

 

薪は常に用意しておかないと!

朝から薪つくりの為、丸のこ使用
角材は解体残材ですが以前に頂きました。

切り刻みます。

薪は購入すると年間灯油台より高額と聞きます。

頂けるのがありがたい、

灯油は今年に入って購入していませんが、

草焼きバーナーで、1回2リットル使用します。

30分程使用できる位が目安です。


丸のこの刃が小さく、一度では切れません。
裏表繰り返し切断します。


丸太の薪用に丁度良いサイズの丸太ですが、
お花のリース台に使用できないか、
カットしたものをいくつか作りました。

40個ほどあるかと思います。


ヒノキの香りもよく、自然素材で
リース台にしたいと思います。

先日はコースター用に作って持ち帰られましたサイズ

10Cm程の、丸太材輪切り!


上はヒノキの割れの防止で
カットを入れてありますが、
下のヒノキは、中部電力が、
道路きわにある、山林から無造作に生えた
木を切り倒したもので、
もらい受けたもので、割れ防止の

刻みは入っていません。
生木の切り倒したものです。

鍋敷きも考えますが、勿体ない。

デザインを考えて何かを作りたい。

20Cm程の丸太の輪切り!

丸のこで切りました木くず
再利用で集めて、薪ストーブで出ました
灰を混ぜ、畑の肥やしにします。


ちり取りとホーキで掃除し、
後は大型の掃除機で清掃しました。

雨が降り出す前に敷地の草の処理

草焼きバーナーで草を焼却しました。
バーナーの写真撮り忘れました。


黒くなっているところが、焼いた後となります。


毎年、秋と、春に焼いていますと
害虫、蜘蛛などは少し減っているような気がします。


カメムシは、未だに暖炉の温かさで
しばらくたつと、はい出てきます。


排水溝にもバーナーで火を入れています。
クモ、セアカゴケグモなどがいるといけないと思って
時折火を入れてみます。


むしった生の草を燃やそうとしますが、
生草は水分があり燃えません。
気を入れて燃やそうとしましたが、
今日は予報通り雨が降り出しました。


小川も春めいて、
草も一気に生えだしました。


昨日の板取川の夜は、
明かりのついたキャンパーが
多数テントが張られていました。

古民家DIY:春の訪れ

古民家DIY
春の訪れの花:かたくり:

(花言葉を調べてみました。

(種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精)

その名前の通り、片栗粉が取れる植物としても知られ、

球根は良質のデンプンを多く含んでいる。

 

桜咲く


昼間本日風があり暖炉を朝から付けています。


外作業で埋められた、井戸をいじっています。


暖炉に置いて、ソーセージと
イカを焼いております。

薪届けていただきました。

庭先の木を切っていた残骸です。


管を引き上げてみることに!

ジャッキアップで上がりません。

2台のパンタジャッキで左右から

ジャッキアップしていきましたが

固定した金物が曲がり始め、

とても鉄管が上がると

思えません。(悩)

次回に持ち越しチェーンブロック用意します。


薪割:丸ノコで細かくしました。

自然のカタクリの花


草が生えだしています。

鉄管の中のパイプ錆びついて抜けません。


所々の桜を見ながら帰ります。


新美濃橋

桜の見ごろか?

夕暮れでしたので、桜見物までは・・・