月別アーカイブ: 1月, 2021

古民家棚作り:こんな金物:トリマー:雪の後:薪作り:デザイン椅子

古民家棚作り

薪ストーブ掃除
煙突掃除後、燃焼が良くなりました。

やかん置きの金物も、安定するよう
金物とネジで安定しました。


板をいただきました。
何かに使えると保存してあった板
譲っていただきました。


角をトリマーで丸くしました。


木くずが飛び散ります。
後での清掃が大変でした。


ジグソーで板の角もカットしました。


先回ネットで購入しました金物
棚板を収納するのに、L字が折れるタイプ。


下に3か所金物で固定しました。


ファンヒーターが下に置けるように、高さを調整
しかし、高さを見て高すぎたため、椅子としては!
高すぎます。


再度高さ合わせで、椅子として使用できる、

ぎりぎりの高さまで下げました。


L字の金物、折りたたみができます。


板は化粧で、塗装が必要となります。

折りたたんで、収納、倒した状態です。

板は来客があった時に起こします。

最後にスマホの画像ですが、板の割れがありましたので

これ以上隙間が、開かないよう。

ボンドを付けて、クランプで固定しています。

雪降る日々が続きました。
外用の風呂桶、いつ付けることができるのか?
凍った水、排水をします。


夜は、雪が降っていました。


薪にする材木が置いてありますが、
材木も乾きが悪い。


朝は雪景色が綺麗です。


山も白く覆われます。


棚ではなく、椅子として使用します。


雨もやみ、薪を作り始めます。


なまっている体に、鞭打って、
体力作り!


かなりこの冬に薪用の廃材を使用しています。
まだ1月、今年はまだ寒くなるのだろうか?

古民家薪ストーブ煙突掃除を楽にする

煙突掃除はこれが楽
古民家のファッション椅子を考える
ソロキャンプではない、圧力鍋で食作り
焚き付け用の薪を作る
カンナで夜中に作ります。

薪ストーブの煙突掃除

煙突掃除ハイブリットバーナー楽ちん

煙突掃除動画バーナー使用


今日もキャンパーは・・・


圧力鍋で夜ご飯


煮物を作る。
野菜と肉食材を入れ、
適当な調味料を入れてスイッチ、後はほっとくだけ


出来上がり。


夜中には焚き付け用の薪をカットします。


用意しておいた薪をさらに薄く切ります。

古いカンナの刃を利用

薪ストーブ焚き付け時に
煙が室内に・・・
異常だ!!


暖炉・庫内がくすぶっていました。
簡単に煙突掃除


夜にはこれを付けようと
2m以上の板を頂いたので、
棚を作るか、椅子を作るか
考えていました。


これなら使用しない時には、
棚を片付けられます。


(L)エル時が折れる金物

棚受け金物


チェンソーの刃をやすりで磨きます。
釘を引っかけたようで、キレが悪くなりました。


煙突の清掃を始めます。


煙突外しますと、詰まっています。
1か月頃前には点検したのですが、
ここの所の雪模様と低温で、
湿気を持った灰が筒の中に


詰まっています。
これで焚き付け時、ストーブのガラスを開けると
室内に煙が充満するわけです。

室内に逆流


筒の中の灰を、一度筒を落として灰を出しますが、
筒の中の周りには、まだまだ灰が付いています。


バーナーで焼きます。
通常は、煙突用ブラシでこすって取りますが、
めんどくさい、バーナーの方が早いような、
また、汚れも少なく済む気がします。


焼いて、焼いて、簡単に終了します。


煙突中の状態がすごい。


空気の通り道がこんなに小さく
なっていました。


先が少ししか見えません。


煙突えびは空気が通るのだろうか?


バーナーで、煙突焼きが
手間も少ない。


煙突掃除の後は、
綺麗に焚き付けできました。

 

古民家DIY:屋根裏へ上がる:屋根裏遊び場

古民家DIY
暖炉薪ストーブ

古民家煙突
屋根裏遊び場
屋根裏に一部屋!

DIYKハウスガード:古民家ユーチューブ動画リンク

煙突からの薪ストーブ煙


先週は雪でしたが!

冬の板取川は静かに思えます。


テントでキャンプされてみえます。

寒そうです。雨の中

本日のDIY・屋根裏を何とか利用

梯子を取付
はしごは横から上がります。


古民家らしく、屋根裏に上がります。


床には木材、再利用解体材料の為

板の材料が悪く、波打っています、
床にクッションフロアーを張ります。

以前の畳の床で使用していた残材です。

奥に断熱材が見えますが、

下からの隙間風は防げると思い、付けました。

ここに断熱材、必要であったのかはわかりません。

みっともないので適当な板で隠します。


目地の隙間が気に入らないので
板を張りました。

ステンレスパイプ手すり取付
ぶら下がっても良い強度で付けました。

手すりは必要です。

つかまって上がれます。


壁をどうするか?

廃材で屋根裏を作っています。

床はクッションフロアー貼りました。

部屋として使えるのかはわかりませんが、

物置ぐらいには使用できるでしょう。


ダウンライト照明は、
1階天井から、屋根の天井に移動しました。
枠を作り一応取付

ダウンライト少し照明の円が小さかったようです。

綺麗にはまっていませんが何れ手直し・・

配線も隠します。


上から見ますと、少し怖い気もします。

日本の古民家はどうしても天井が低い

頭を打たないよう銀マットはしてあります。

ダウンライトは1階床にも明かりが届きます。

薪ストーブの煙

本日は風もなく、煙が上に上がります。


雨も少ないのか静かな小川に見えます。

古民家雪だより!凍結対策!夜中に雪!

古民家DIY:凍結対策!
朝は起きると雪でした。

夜中から降り出していました。

古民家暖炉で夜を過ごす。

翌日は薪割

古民家雪の動画ユーチューブ動画

新雪を歩く!

暖炉の煙

薪ストーブ

気温マイナスー4度

水道管凍結防止策

 

ウッドデッキから雪を見る!

ウッドデッキに風で、雪が巻き込んだ

形跡は少ししかありませんでした。

夜中の雪は降り積もる。


夜中の3時前から雪が降り出す。


回りがシーンとした感じ!

風はありません。


道路は一面白に!フラッシュが利かない。


翌朝車の写真撮りました。何処かわからない。


昨日は建物に入り水道蛇口を開くが
出が悪い。凍結・・・!

蛇口をいくつか開けて試してみました。

まだ完全に凍結で出ないわけではありませんでした。

少しずつすぐに水が出てきました。

外の蛇口は凍結でダメでしょう。

破裂しないだけ、よしとします。


朝は車の雪を下ろしました。

正面の橋は、誰も歩いていないので、
一番の足跡を付けに歩きました。

(誰も歩いて足跡のない橋)


凍結防止に!やらないよりは・・・
断熱材の残りがありました。
これを水道管に巻き付けました。

見栄えは悪いですが、

ビニールもかぶせました。


外の水道蛇口も凍って出ません。
タオル雑巾・布巾で断熱のかわりに
撒きつけました、効果はあるのか?


動物の足跡!・・
長靴を履いた私の足跡
付けに行きました。

雪の為、狭いスペースで薪割を!

薪を割って追加しました。

昨日夜中の4時まで知人と
暖炉前で話をしていました。
雪の中帰って行かれました。

昨日夜は寒い為、暖炉に薪をどんどん入れていました。


使った分はまた薪を追加しておかないと
次回寒さを、安心して暖炉が使えません。

古民家DIY:年始のDIY:この天気でキャンプはきついでしょう!

あけましておめでとうございます。
2021年もDIY頑張ります。

2021初雪
この天気でキャンプはきついでしょう!
外は寒いので、古民家暖炉で薪ストーブ
屋根裏大人の遊び場作り
チェンソー壊れて!
高賀神社へ水汲み:参拝
古民家暖炉:薪ストーブ、薪作り
川原と公園ではテントキャンプされてみえました。

天気は曇り空


川原でキャンプ


雪景色

車両が2台

雪が溶けると、通路はぐちゃぐちゃ


暖を取っているのだろうか!


古民家到着


外の様子をまず見ます。雪状況


屋根を心配します。


雪で雨どいが気になります。


暖かいのでツララまでは!


長靴はいらないようです。


雨どいを超えて、雪が落ちてきています。


古民家暖炉で暖かく室内を
天井を破ります。


天井上から破くか、下から破るか
下からですと、ほこりとごみを被ることになります。


照明器具ダウンライトを外し、
屋根裏からレシプロソーで
ドリル穴をあけてから、カットしました。


屋根裏が下から見えます。


ここから屋根裏に上がる
階段かはしごで上がるかを考えています。


屋根裏は、以前に置いた断熱材をめくっております。


筋交いを逃げて、床を貼りなおします。


プラダンを適当に壁に貼っていました。


化粧をどうするか、材料もありません。


屋根裏の作業でしたので、ボード継ぎ目も
張り合わせがいい加減でした。


以前の剥がした材料で床を貼ります。


畳の床板を再利用
クッションフロアーを上から貼るかを考えます。


翌日は、晴れましたので、チェンソーで
薪を作りますが、途中チェンソーの刃が
外れるようになってしまいました。


何度やっても、刃が外れるため
チェンソーをばらして、見てみますと
写真のネジ、ボルトが、ネジ山が舐めていました。
以前気になり交換部品をメーカー頼みましたが、
下請けが止めたため、部品が入荷できないとの返事


部品を1本外し、後日購入にホームセンターに走ります。
どこにでもありそうなボルトとナットです。


作業をあきらめ、高賀神社へ
水汲みに走ります。


河原にも雪が残っています。


高賀橋はこの上です。


夏にはデイキャンプにぎやかな所です。


高賀の水の看板です。


1回100円を払って、(お布施)
関所3回通ります。


高賀神水:昨年も何度となく通っています。


水タンクを置いて、持ち帰る水タンクも用意

外でのBBQも春になってからと思います。

ウッドデッキも屋根があるからできますが、

寒さには勝てません。


今年は、薪割から始まります。

昨年1月には暖炉はありませんでした、

今年は古民家に暖炉が、ありがたいものです。

昨年は灯油を何度となく運びました。

燃料費も押さえられます。

もっとも、薪割で労力が必要となります。

薪も購入すると高額と聞きます。

お隣の奥様、暖炉が見たいとお見えになりました。

お話で、裏山に木が何本かあるから切ってよいと言われました。

生え放題で、伸びきっているようで、日影になるからと

今年はチャレンジしてみようかと思います。

帰るころには雪は庭にはありませんでした。