古民家4連休:古民家DIY

古民家4連休:古民家で遊ぶ!
夕方川に付きました。
川を見ながら、遅めの昼食

お弁当を購入して川でいただきました。

釣り師も少し高水で人が少ない。

釣れないか?釣れないパターンなのでしょうか?


本日は鮎釣りはしません。


夜お泊りの方があるので、
準備の前に、冬支度の薪もらい。

炭を起こして待ちます。

夕方、建築廃材の知人置き場から
残材をいただきに行きました。

 

そろそろ、暖炉・薪ストーブの用意

DIYKハウスガード・ユーチューブ動画


廃材も乗用車では、さほど積めません。
やはり、山では軽トラックの方が
有効活用できます。

軽トラ何れ欲しいと思います。


焚き物の準備と炭用の七輪
パソコンロケットストーブ薪入れ火おこし

お湯を沸かします。

古いパソコンを利用


薪を入れ燃えだすと、一気に炎が
上がります。

当初薪を詰めすぎて、空気の入りが悪かったようですが、

薪を少し動かして、空気の通り道を作るとこの状態になりました。


火の調整は逆に難しいです。


空気の量を減らす方法で!


鍋が終わり、焚き火に変更します。

残った炭と薪を入れながら暖を取ります。

薪ストーブ・暖炉動画は下記

DIYK ハウスガード:ユーチューブ動画

夜は静かにライトアップ

小川を見ますが、何も見えません。

水量の雰囲気と、水の流れの音を聞きます。


翌日も来客で、鍋・もちろん焼肉も少し


翌日は少し冷えます。
焚き火が外では必要です。


最後に珈琲用にお湯を沸かします。


鮎釣り
板取上流で竿だし
ここでは、数は出なくなりました。

知人と3人で入りましたが、
水温が上がらない。

近場の場所移動もして
大きさ、21Cm~24Cmの鮎

取り込みには竿がのされます。
1匹ずつしか釣れませんでした。


川を見ながら、小屋へ戻ります。

この上の公園では、
無料でテントが、夜明かりとともに、
ひしめくようにテント泊されてみえました。

三密状態のように見えます。

翌日も竿出します。

朝から、個人釣りクラブの方
場所取りでテーブルを囲んでみえました。


午前中は水温が低く
掛かりは良くないです。

午後から少しかかったようです。

小屋でシャワーを浴びていると、

地元の方が寄られ、明日からまた仕事かと、

寂しく名残惜しそうな声で、休日が終わってしまう。

帰りは5時ころ出たのですが、

高速で渋滞となっていました。

もう少し遅くに出れば良かったか!

古民家再生来客:古民家の夜:鮎釣り

古民家DIY
夜は釣り師さんお疲れでお泊り

お誘いしました。

シャワーを浴びられ宴会

御近所の、のんべいさん
参加の上、夜中午前1時まで
みえていました。
釣り師さんはお疲れで、お酒を飲んで11時で就眠

自作のベットですが良く眠れたようでした。


ここのテーブルに食材が並びました。
夜には大雨の中、ウッドデッキで
過ごせる季節になりました。
焚火が好きな釣り師さんに
気分だけでもと火を付けました。

さほど寒くはないのですが!

今年の冬用の暖炉・ストーブ。焚き火用の

薪をそろそろ用意しなくてはなりません。

寒くもなく、焚火も熱くもなく

この時期丁度良い焚火でした。


鮎の親をいただきました、
翌日は、朝帰路の為
釣りはされないとのこと


友管に入れ川に付けます。
明日の釣りは親鮎を買わなくても良いか!

翌日鮎を見ると、弱っている雰囲気・・・


翌日は釣りで眠く集中ができませんでした。

1匹かけましたが、引抜ロケットでポチャリ

掛かりが悪かったようです。

サイズが大きかったのもあると思いますが、

針の食い込みの良い物に変えた方が良いようです。

古民家DIY:テーブル足付け:除草草焼きバーナー

長良川
新美濃橋増水のようです。


先週の減水から一気に増水しています。

小屋に向かう途中ホームセンターに寄り

金物を仕入れました。

薪ストーブの防炎用に作りました壁、

パネルを貼りました木枠利用で!

断熱パネル、キッチンパネルを張った枠に
足を付けてウッドデッキ用の
テーブルにします。


2~3人ならこのサイズのテーブルが
良いサイズと思い足を付けます。

化粧で塗装などはまだしていませんが、

足を外せば、冬は防炎パネル、夏はテーブル使用


ホームセンターの材料で
高さも十分です。


本日お肉を用意していただける
とのことで、炭を焼き始めます。

(お肉はとんちゃんでした。)


突然通りかかったいつもの近所のお客様で、

何をしてるのと
良かったらとお誘いしました。
待つ間に、冷凍庫に以前に購入していた
ねぎまを焼きます。

冷凍庫での冷凍、櫛同士が取れません、

フライパンで先に温めます。


夜は遅くまで外でBBQ
ソーメンも最後に頂きました。

その後、夜9時30分ころから雷雨となりました。
またしても、この雨で増水となる!

川が気になります。


翌朝は、遅掛けに、鮎釣り道具を車に詰め
状況を見に、上流に向かいます。

空は青空・昨日の雷雨で、川は増水気味

上流からの帰りには、

釣り師が川を探ってみえます。

いくつかのポイントを見て戻りますが、う~ん!


何処も、増水で釣れる雰囲気がありません。


思い切って、本日の鮎釣りは
諦めました。

頑張っても4から5匹程度で
小さな鮎しか釣れないのでは?

長良川板取中央側では・・?

本日はDIYと決めます。

DIYと言っても、本日は外の清掃

奥の崖の土と石を掘り出します。

土が崖にあり草が良く生えます。

3年前よりは土を欠きだしたので

大きな草とはなりませんが、

毎年すこしずつ減ってきます。

風呂桶にたまった水を排水に流し清掃

まずは草が気になり、草刈りをしました。


クワのような道具で、一通り、刈りました。

(その後草焼き)


しかしまだ納得がいかず、
ハイブリットバーナーで、
下草を焼きました。

石垣から出てくるクモと蟻も焼けます。

3年も同じことを繰り返すと、

大きな害虫も出てきません。


黒く焦げているのが、見えるでしょうか?


刈りました、草もまとめると・・・

これもバーナーで焼きますが、生草は燃えにくい。

灯油を少しかけて焼きますが、

次回草が枯れてからが早いでしょう。


昨日作りましたテーブル

役に立ちました。


帰りに川を見て、5時過ぎですが、
まだ竿を出されてみえました。
小雨が降り始めているのに釣れているのでしょうか

古民家DIY:鮎釣り忙しい、終盤に入るのか!

DIYより遊びに徹する

青空で今日は熱い一日になりそうです。

新美濃橋
そろそろ落ちてくる鮎がいるのか
ここで竿を出されている方が増えました。

蕨大橋の上は、キャンプ場となっています。
ただの河原なのですが?


減水で鮎が釣れる状況でないのか!


キャンパーはたくさん見えます。
2輪駆動の車は、左側に置かれてみえます。
右側に入る車両は4輪駆動が多い。


夜はテントを張りキャンプ場となります。

8月末この時期にしてもまだまだ暑さがこたえます。

さて、鮎釣り夕方から


ホンダプリモ前のポイント
減水です。
一応4時過ぎに竿を出してみました。
2匹かかりました。

13Cm程のあゆ、親には・・・

1時間程でやめました。


夜は知人宅へ、食事をいただきました。
外でのBBQ・猪肉と鳥鍋

持参しました、ダッチオーブンに玉ねぎ3個を入れ

コンソメ投入と、ベーコン入れ、煮込みました。

持参で変わったものを持ってきたと

キャンプに定番の安価な料理

(ダッチオーブンが大きく玉ねぎ3個では、

コンソメが少なく味が薄くなっていました。

でもおいしくいただきました。)

 


翌日は板取川上流部の
加部という地域
トロ場があるので、後期は鮎が大きくなります。
網が解禁となり数は釣れなくなります。


トロ場のこの地域で、5匹大きめの鮎が釣れました、
身切れ針ばれで3匹ほど取り込めなかった、
鮎が大きくなった証拠と、追いが弱いのもあります。
23.5Cm 瀬に付く鮎は数が少ない。
帰り際には、板取特有の雷雨で、
洞戸橋まで、帰りの車両で渋滞となっていました。


DIY小屋で、シャワーを浴びて、
雷雨が落ち着くまで
時間を過ごしゆっくり帰ります。

古民家DIYでこの時期やりたいことが、

草刈りですが、鮎釣りと、時折の雷雨で

なかなか外の作業ができません。

古民家DIY:雷雨かも!

 

板取川:古民家遊び

天然鮎の塩焼き

減水の上・釣り師も少ない

午後3時この時間釣り師も減っています。
釣れなくて帰られたか?

キャンパーは上流に見えます。

板取上流は雲が出始めています。

知人に誘われ、鮎の里ほらどまで上がります。

竿だすも10分程で、雷と雷雨・納竿
朝から知人は20匹超えているそうです。
雷雨前には入れ掛かりしたそうです。
翌日リベンジ
釣果:鮎14匹でした、

 

雷雨後・小屋に戻り

シャワーと釣り道具の片付け
雨ですので、蚊もいなく
ハンモックを用意

夜は室内より外が涼しい。

ウッドデッキで静かな時を過ごします。

古民家大人の遊び

食事は釣りの帰りにお弁当

鮎釣り後は、食事を作る元気もなく
ipadで音楽を聞きながら、ハンモックで
静かな時間

 

枕を用意しました。

 

ハンモック・ウッドデッキから室内写真

 

翌日夜は知人宅前日に板取川で釣られた鮎を活かして

川へ友缶に入れておいた30匹の鮎

雷雨で増水し・また減水で、友缶が浮き上がって

鮎が酸素不足で死んでしまったため

鮎の塩焼きをいただきました。

知人宅へ遊びに見えた、お子様家族連れ

総勢8人でおいしくいただきました。

炭焼きの板取川の鮎は最高においしかった。

 

古民家diy:鮎釣り川情報:郡上、板取川

古民家diy:鮎釣り川情報:郡上、板取川

キャンパーは多数見えています。

蕨大橋下

運動公園近く

この辺りは、川遊びの方少ないです。

 

新美濃大橋

夕暮れとなります

板取川上流

板取川上流すぎのこキャンプ場近く

 

減水になっています。

郡上高速下

 

 

夜は小屋に帰り、食事と仕掛けの手入れ

マーボーどんぶり

 

 

板取川何処も車が入れれば、キャンプ場か!

釣り師は背のあるところ、減水で釣りずらい

 

キャンパー川遊びは、トロ場で遊んでいます。

 

車が並びます。

古民家再生DIY:梅雨が明けても!

DIYせずに鮎釣り

古民家で遊ぶ、その一つが鮎釣り

長良川・板取川から郡上


昼間は午後四時から川に入りました。
鮎釣り川状況が悪くまだ増水気味
2時間で鮎2匹
当初ウグイが二匹釣れたがもちろん放流

夜は鮎釣り仕掛けの用意に忙しい。

点検をしていました。


翌日は知人宅へ

上流のダムは放水していました。。

ダムの水量調整でしょうか!


高水で釣りづらそうです。

板取川情報

例年は、板取川上流には、琵琶湖産の鮎を入れて

いましたが、今年は県産の鮎と聞きました。

追いが悪い原因なのかも、

解禁当初の鮎をいただきましたが、

例年と違う味の深みがありませんでした。

これから、苔が良くなり、追いも、味も

良くなると、楽しめるのでしょうが!


知人宅、近場の川で鮎釣り
追う鮎はいません。

釣り場としても入りやすいので、釣り師で川が荒れているのか、

追うような鮎が少ないのか?はたまた腕が悪いのか

1匹だけ、掛かりましたが、身切れで終わりました。

午後から下流へ場所を移動しましたが
かかる気配がありません。

前日郡上に鮎釣り入られた方
午後から良くなり16匹
移動しながら頑張った方30匹超えていたそうです。
午後水温が上がり、掛かるようになったそうです。

知人4人で、早めの昼食に、スパゲティを昨夜

作りました、古いコールマンのバーナーを用意し

クーラーに用意しました、スパゲッティを温め食事

 

帰りは小屋でシャワーを浴びて帰り支度


外の風呂桶にたまった雨水を排水溝へ流します。
排水溝の清掃になります。

ボウフラが沸くので時折流します。

交換しようと購入していた、雨どいを

排水に使用しています。

古民家DIY:照明器具ダウンライトLEDに交換:釣れない鮎釣り

古民家DIY
LEDライト照明器具交換
雨が良く降ります。

洗面所の照明交換
ダウンライトに交換
天井が低い天井でしたので、良く頭を照明器具で打ちました。
ダウンライト昔、購入してありましたネット購入器具
天井裏の梁を逃げて、少しずらして付けます。
黄色の跡は元の器具のサイズ
穴埋めは何れ天井の補修時に行います。


照明横は元穴の配線の穴
もう少し横にずらして、器具付け位置をするべきでした。

どうしても、屋根裏構造までは、

穴をあけてみないとわかりません。

パテで埋めるか、ボードを貼るか考えます。

この部分の、屋根裏断熱対策ができていない為、

ボードの釘が湿気で錆が出る原因がわかりました。

天井の張替えが、良いのですが、手間とお金を考え

どのようにするか悩みます。

天井穴から覗きますと上部はトタンの波板が見えます。

 


今までの器具処分廃棄とします。


黄ばんだ古い器具


こちらは物置にしました。
電球の器具がついていました。
こちらもLED40W相当


川が気になります。


やはり増水気味


デイキャンプ、キャンパーはみえます。


上流も水が高そうです。


岸がほとんどありません。
川に立ちこんでの釣りになります。
断念!

夜に照明の明るさを見ます。
十分明るい。

釣り道具を置いております。


こちらで竿を出してみました。

苔の付き方もいまいち


水温がかなり冷たい。


鮎も寒さで釣れません。

釣りシーズン状況が変われば

良く釣れる場所となります。

こちらはLEDテープライト

今回地元の方、用水の草刈りがされていました。


ここは前回より水量が下がっております。

古民家DIY:この時期は!梅雨時期:鮎釣り

古民家DIY
板取川が増水まだまだ!

行きがけにホームセンターコーナンへ寄りました。
明日も雨なのか?と思い材料買い出し

クッションフロアーのボンド購入
クロスノリ購入
ダウンライトLED購入


支流も水が多いようです。


知人宅に鮎釣り仲間が来客
訪問しました。
食事会


明日も難しい状況


川を見ながら、上流へ


知人宅前の川も増水


先週は大岩が隠れるほどの
水量だったと聞きました。


夜も川の流れの音が大きい


食事が終わって夜10時頃
雨が降っている。
明日は、郡上なら、
本日郡上へ竿を出したそうです。
増水でも竿を出し、
川のゴミで張り糸を
4組飛んだと、また、小さく親にならないとか・・・


明け方再訪問、
今日は郡上の鮎釣りへ


板取は白波状況


郡上の川です。


天気は良くなってきましたが、
鮎追いません。
釣れません・・


坊主で帰りました。
気力が出ませんでした。

いいわけですが、昨夜古民家小屋で、

仕掛けを遅くまで、修正と点検をしていました。

終わってからも何故だか寝られない夜でした。


釣果のあった方も
朝から頑張って6匹
鮎も小さく
鮎の色も白く
痩せています。
ここのところの増水の影響
日照りが4日程続くと追いも良くなるのだが・・・
寂しい一日でした。

古民家DIY:闇の部屋改装:草焼きバーナー:大雨の跡

鮎釣りできない。
古民家DIY
長良川・板取川

長続きの異常な雨


増水と、にごり
この様子ですと1週間は鮎釣りできないでしょう。

長良川新美濃橋


板取川に入り:長瀬を見ますが、
濁りは長良本流と同じ状況(7/11)


とんでもない水量とにごりです。


中州もなくなり、岸の草も倒れています。

 


本日はさすがにキャンプテントはありません。

 


支流も今までにない水量です。
鮎は上っているのか!


先回の闇の部屋
過去の容姿を消すために
色々子細工をします。


クッションフロアーの残材がある為
サイズの合いそうな材料を
壁と床に張ります。


棚も付けたいと思います。


保管してある、残った残材を
探し出します。


天井もクロスを張るか?
照明もLEDに変えたいと思います。


棚板を追加します。


窓上にも棚を作りました。


少しでも物が置けるよう
突っ張り棒を壁に渡します。


庭の草が気になり、
草焼きバーナーで、草を焼きました。


黒くなっているところが
草を焼いた跡となります。


40分程の戦いとなりました。


斜面の一部も焼きました。


エンジン草刈り機は持ち合わせておりません。


向かえの河原も焼きますが、
大雨のせいで、草も土も水分を
吸収しているためか、なかなか焼き切ることが出来ません。
草焼きバーナーで2時間程
かかってしまいました。


次週は鮎釣りが可能か
不安もあります。
今週も雨が降る予報も出ています。

本日の天気が:キッチン棚追加:禁断の部屋物置:テーブル加工

 

本日長雨で、増水となります。

雨は室内でのDIY日和

コロナで古民家に籠る

雨雲が気になります。

向かう途中の雨雲です。

新美濃橋交差点

本日は鮎釣り当然できません。

水量が凄く多い

濁りもあります。

雨でもテントキャンプされてみえました。

ホタルの里公園

いつもの支流、小さな小川が、

水の音もいつもより大きい

夜にも大雨の音が気になりました。

夜は来客で食事とお話会

前回完成出来なかったテーブル脚

テーブルの足を補強します。

アルミの板をたすき掛け×にしました。

井戸水でビールとジュースを冷やします。

荷物も増え、見える収納もスペースも少なくなります。

棚もいっぱいです。

100均など又古い食器棚から食器等持ち込みました。

こちらは、ロールカーテンで隠します。

物の影は見えますが、雑然とした感じはなくなります。

前回追加しました、棚です。

こちらも見える収納リビング棚です。

調味料、食材を置いています。

キッチンここに棚板を一枚追加します。

棚板をはめ込むために、カットソーで穴あけ

下地コンパネボードなので、何とか強度は保てそうです。

カットソーで横に大きく穴を開けました。

調整はノミで切り欠きます。

板を合わせながら、何度もボードを、カットします。

以前他で使用していました板を差し込みました。

何処かに付けようと保管していました。

下には押さえの、木をカットし、

ねじ止めしました。

花でも飾ると、良いかと思います。

棚板一枚、上の棚と雰囲気も違い

飾り棚としては良いようです。

雨が上がっているので、

草刈りをしました。

草刈りと言うより鍬で草の根を掘り起こします。

この時期の草は、勢いよく、

3日もすれば、違って生えだします。

気になっていました、開かずの間、

闇のようなこのスペース何にするか

迷って手を付けておりませんでした。

天井も殺風景です。

個室で良いのかも知れませんが・・・

草の根を欠きました。

堀起こした草もそのまま放置

根の大きい物は、土嚢袋に詰めました。

雨水の水溜に風呂桶

ボウフラが湧いていました。

材木に蟻が無数にたかっていました。

ブルーシートを掛けていましたが、

敗れた部分もあり、そのうち白アリも出るといけない、

シートを外し、灯油を噴霧しました。

風呂桶の水を一度排水します。

開かずの闇の部屋どうするか迷いながらも、

手を付けます。

パントリー(Pantry)など気取った考えもありますが

孤立しているのと、今までの使用状況を考えますと

似合わない。為却下!

床部分に穴があるため、ビニールを用意しテーピング

しました。虫が上がることも気になる為

シート代わりに、ビニール

枠を作り、床を貼ります。

ホームセンターへ、ボード(1,100円程)と、

2×4材(398円程)追加で購入に走ります。

趣味の鮎釣り道具を

置きました、大事な物

金庫のように使います。

まだまだ入りますが、

床はクッションフロアーを張り

壁は何を貼るか、まだ決めていません。

(クロス張り!)(珪藻土)

化粧方法はこの次に!

古民家キッチン棚作り:鮎板取川見て回る

古民家キッチン棚作り
板取川:鮎は釣れるのか!

大雨後の川


板取川中央夕方ですが、釣り師はまだみえます。


デイキャンプの方もまだいます。
夕方遅掛けに竿を出しますが、
かかりませんでした。

蕨生、橋の下で釣りをされて見えた知人
後から聞きましたが朝から4匹で
断念して納竿されたそうです。
まだ早いのか!

夜知人宅に夜ご飯御呼ばれに行きました。

鶏肉と白菜のみそ鍋、天然アユの塩焼きいただきました。

翌日の鮎釣りに同行する予定でした。

9時には引き上げ、鮎釣りに備えます。

 

夜は棚の出来栄えを見ていました。
奥行が9Cmの板ですと、奥行きがなく
大した量が乗りません。


小物を並べております。

このテーブルの足が!

テーブルの取付金物の方が、1Cm
大きくなり、調整が必要です。
ステンレス横に張った脚の繋ぎを

カットしなければなりません。

ステンレス金物の寸法を全てカット

こたつテーブルは置いただけでまだ固定していません。

夜の10時頃にはホタルが少し見れました。

しかし12時頃から雨が降り出していたようです。

夜中の1時、大粒の雨が、デッキの

屋根のトタンに反響します。

写真ではわかりずらいですが、かなりの雨


夜中の4時頃も、一時的な
大雨の音で、目が覚めました。


少し明るくなってきます。
今日の鮎釣りは、竿が出せないか・・・・
5時半知人と釣りの予定で、
連絡してみると、やはり郡上・板取上流雨の様子で、
郡上囮屋に連絡すると、
高水とにごりも出ているようで、

平水より郡上40Cm高
本日午前中は釣りは出来ない様子、

朝まで再度ベットに付きました。


午前9時には雨は上がっていました。
時間があるので、庭の草を刈っていました。
ここのところの草の勢いで、草の伸び方も違います。

午後から、と思い、板取川上流へ、
午前11時に知人宅へ、下流から川を見ながら
上流へ向かいます。


この時点では釣りはできないだろうと
諦めていました。

ここでは、濁りもあり、高水で釣りにならない。

まだ、時間的にもにごりで無理がありそう。


時間が昼前となり、
アユ料理店では、車が並びます。


何処を見ても竿を出す気にはならない。

天気は曇りで落ち着いてきています。


知人宅は、板取川のダム上となり、
訪問しました。

川の状況はあまり変わっていません。


途中のアジサイロード


お昼ご飯にとスパゲッティーを
前日夜に、ゆで上げておいた麺と
具材を、フライパンで温め
4人で食事をしました。

近場の川では、まだ、竿を出す気にならない。

時間もあり午後から上流を見に行きます。

板取川の温泉まで上がりました。
ここでダメなら郡上でもと考えていましたが、
竿を出しているかたみえます。


早々に親を川に付け

濁りもなく
竿出すも、高水、親が浮きやすい。

知人提供のおとり鮎


我慢我慢で、午後2時からの釣行、終了間際で
1匹、途中では、身切れもありましたが、

5時前で納竿坊主は免れました。
同行知人、竿頭が5匹でした。

前日は郡上で、30匹以上釣って見えた方です。


川を行き来された、知人も
まだ鮎が薄いと嘆いていました。
まだ梅雨の時期終盤まで、本番は、
これからと期待します。
本日は竿が出せただけ良しとします。

帰りには高賀神社へ水汲み

名水、午後6時終了の水汲み

急いで、残り一人水汲みにみえていました。

最後の来客となり、係の方は

帰り支度をされてみえました。

20リットルタンク6缶に水を汲み、

車に積み込み、古民家小屋へ帰宅

最近ポリタンクが重く感じます、体力が

衰えてきたのでしょうか!

古民家小屋の改装も早く仕上げたいのですが、

この時期は、鮎釣りと忙しい日々となります。

古民家DIY:来客:鮎釣り:キッチン棚

古民家DIY:来客予定の為

古民家キッチン棚塗装

ホタルを見に来客があります。

川の状況を把握できず急いで古民家へ

高水だけはわかりました。

鮎釣り明日竿を出す時間があれば・・・

夕方ですがキャンパーもみえます。

水は冷たいだろうに!

来客前に炭起こし

先週のキッチン棚

待つ時間にキッチン棚ペンキ塗り

野菜のカットと両方で忙しい。

料理の用意をしながら、塗ります。

バーベキューやりながら、塗装もしましたが

後で見ますと塗り残しがありました。

暗い中での塗装と食事の合間の塗装

就眠前に棚の取付もしました。

食器の用意も忘れず。

来客となり、塗装も途中

夜なので、暗くなり

用意した塗料も乾きが気になります。

鮎は本日並びません。

昨年の冷凍鮎が冷凍庫に2匹ありました。

凍った冷凍鮎を解凍し、誰かの口に一口

ホタルが見えたので、

ホタル見に用水を下って見に行かれました。

この時期夕暮れは7時ころですが、ホタルは

八時過ぎてホタルが見えだしました。

飛んでいる蛍は優雅に感じます。

星も本日は綺麗に見えました。

名古屋からホタルを見にお二人が参加され、

夜は帰られて行かれました。

夜は星が綺麗に見えたので、満足

夜中も眠れず、星を見ていました。

翌日は眠い。

 

朝は遅がけに、川に行きました。

(来客のお泊りの方ゆっくり寝ています。)

実は朝から、知人が、7時ころに電話いただき

気づかず寝ていました。

再度別の知人から、本日は郡上に向かうと

連絡お誘いいただきましたが

来客で、近場で本日は過ごすことを伝え

その後、今日河原で遊ぶお客様(鮎釣り)

郡上の鮎釣り状況を知りたくもあります。

 

川は高水

ここは釣れない為か釣り人は少ないです。

車が四駆でないと、入りにくい場所です。

玉石のような場所で、

鮎も流れが強いと落ち着かないようです。

日影が必要です。

女性は特に紫外線を気にされます。

一人で建てられるタープで、以前購入しました。

大きさも大きくはありませんが、

5~6人なら何とか

風にあおられると多少揺れますが、

その為、ペグではなく、アルミのパイプを

打ち込み、四隅にロープを掛けました。

砂場では風でペグが抜けてしまいます。

頑張って鮎釣りされていますが、

鮎の掛かりはいまいちのようです。

川遊びに小さな子供連れもみえます。

静かな川のようですが、

少し奥に入りますと、

水の押しが強く流れが結構あります。

お昼のBBQの用意

焼きそば

再度鮎釣りのチャレンジ

結局ここでの鮎の炭焼き

BBQをするほど釣れませんでした。

解禁の二日目で鮎がまだ小さいようで、

親としても、流れに負けてしまう、雨の影響で

垢の付きが悪いようです。

鮎の炭焼きは次回となりそうです。

少し上の瀬では、釣り師がひしめき合っていました。

晴れた日が続けば、垢も付き、また水量が下がれば

追いけのある鮎も出だすと思われます。

夕方4時ころから釣れ出す事も多いのですが、

帰り支度もあり、引き揚げます。

(釣れないからやめるだけ・・釣り師の言い訳)

タープに風が吹くとこんな感じ、

ロープが外れたようです。

川を上がって、古民家戻り、天然アユ

塩焼きでご馳走しました。

ちゃんと七輪炭で焼きました。

これが最高なひと時