古民家DIY雨の日でも:ソロキャンプ:雨だから!

古民家DIY雨降り何をする。

古民家再生4年目の冬

古民家で暖炉、薪ストーブで夜中まで

実はライフライン整っていません。

古民家360度カメラで遊ぶ!

昨夜から雨でした。

前回の暖炉薪ストーブ設置に追加

リング付け(風よけ)暴風

トタン目地コーキング

面倒なのと、時間が・・・

マスキングせずにコーキングを打ちました。

何れ白く塗装、塗る予定

雨の日は、煙突から水が垂れてきます。

室内に伝わるわけではないので、気にしません。

何もしない方が良さそう。(建物には影響なし)

建物内側もリング付けました。

右側古い看板の赤色です。何やら文字が(再利用)

煙突上の木に不燃材貼る必要か?防炎用

室内側のリング止め

ボード部分の穴が少し大きいように見えます。

防炎の為にはやむおえません。

四角に下地のボードカットした為

目隠しで何とか綺麗に見えます。

断熱防炎の様子を見ます。

大人の火遊び道具

古民家再生4年目の冬暖炉で温かく過ごせます。

古民家給水ポンプで、雨水くみ上げ。

ライフライン冬は水道・ガス

開栓していません。

水道下水料金が高いので休止しています。

基本料金で1か月7,000円程

一人使用ではもったいない、休止中

 

ライフラインは現在電気のみ

古民家小屋遊び

トイレは?たまに来客外に行かれます?なぜ

風呂は入っておりません、温泉でも!

ソロキャンプなみ生活

地元知人の方それでも遊びに寄って頂けます。

昨夜午前のは2時30分

まで一人は酔ってお泊り

明け方には、消えていました。どこへ・・

ソロキャンプのつもりなのですが・・・

一人でなく楽しく会話

昨夜からの恵みの雨

小屋暮らしを楽しんで!ライフラインの一つ

前回に持ち込みました、浴槽雨水がたまりました。

給水ポンプのホースを窓の隙間から通しました。

DIY洗い物等に、洗面所に送ります。水道代の節約

洗面所のタンクに一度水をくみ上げます。

充電式の安価なポンプです。

吸い上げの力はいまいちかな?

スマホ充電用で購入しました、

携帯充電器で補充充電します。

室内窓枠隙間に木枠を付けました。

これで風が通りません。

台所の飲み水、洗い物は、自宅からと、

関市の高賀神社高賀神水庵のお清め水を

持ち込んで使用しています。

洗面所にはバケツも用意はしてあります。

雨水の受けをトタン屋根からの雨水

雨どいで風呂桶まで通しました。

多少でも早く溜まるか!

寒い日は氷が張ると思われます。

窓側の暖炉薪ストーブの防炎用で

防炎防火ボードをウッドデッキで作りました。

接着が乾かないので、クランプで止め放置します。

プロパンガスも休止の為、煮炊きは、

コールマンシングルバーナーと

カセットコンロ

いつものロケットストーブ、

薪コンロ、炭七輪 多種使い分けます。

お風呂に薪用の釜も欲しいのですが!

タンクには、灯油用のポンプ

水道蛇口は横を向いたままです。

安価なタンク用ポンプ、シャワーで蛇口代わり

以前に購入していた雨どい利用で浴槽に仮置き

雨水をためます。

古民家小屋暮らしの体験

トタン屋根からのしずくの受け用

(お湯を入れれば、お風呂に入れそうな気もしますが、

まだ露天風呂というわけには・・・)

(お湯の循環器は以前に作りましたが、

使用しておりません、一度試すと良いのかも!)

本日一日雨でした。

2020年最近では、工務店さんとお付き合いできまして、

古民家修修繕方法教えて頂き、DIYを楽しんでおります。

中古住宅の改造・改装工事、材料の選択等)

古民家DIY古民家に暖炉設置費用

古民家DIY:暖炉設置
素人が暖炉煙突配管設置

古民家に暖炉を付けた。

暖炉設置費用

暖炉薪ストーブ燃焼動画

風呂浴槽持ち込み
コールマンシングルバーナー点検

中古住宅古民家購入その後:板取川

(下記薪ストーブ燃焼動画)

薪ストーブ動画

天井シーリングファンライトから暖炉薪ストーブ迄動画

古民家薪ストーブ

明日の煙突工事前に心を落ち着けて、火遊び!

コールマンのカップ交換
ポンピングが悪く仕入れて交換しました。

送料がかかるのでなかなか思い切れませんでした。

単価は安いが送料が高く感じる。

やっとネットで購入

暖炉薪ストーブ煙突取付

暖炉の位置を決めます。
煙突配管の長さが気になります。

暖炉はここに置きます。

暖炉寸法を測り壁面、固定位置に目印をつけます。

配管の位置、玄関ガラスの位置に、室内から配管の
通路を見ます。

煙突配管の為に、玄関欄間のガラスを割りました。

加工したトタンをガラス部分に張ります。

壁側穴あけにドリルで、何か所か円で開けました。

床に炭や燃えカスを出すのに散らばっても良いように

下にクッションフロアーを敷きました。

小さな薪ストーブですが、小さな古民家には、収まります。

これ以上の暖炉ですとおそらく一人で移動は不可能

 

安価でDIYで暖炉薪ストーブ設置費用

ホームセンターで購入安価なものでしょうが!

コンクリートブロック平板6枚 1,968円(床材として)

キッチンパネル 1枚 3×6  4,980円(壁面防炎用)

煙突  直管 3個  3,540円

煙突  半直   840円

煙突  エビ曲がり  3個 2,694円

米松垂木  45×45  4m 2本 1,396円

トタンブリキ板  看板等の古い物を外して利用(2枚)

その他床に4寸の残材2個(120mm)暖炉下置き

平板:暖炉下へ(子供ベットの廃棄予定を利用)コンパネ可

追加購入:購入時、在庫がない、3件店を後日走りました。

煙突出口の抑えリング:398円×4個

その他材料:コーキングボンド・ビス・クッションフロアー・角材

工具:ハサミトタン切り用・サンダー・カットソー・丸のこ・脚立

暖炉以外でかかった費用概算

煙突配管工事材料費合計17,000円

施工工事費専門外注でお願いすると10万円は超えるのでしょうか?

ホームセンター回ったことで、気づきました。

煙突の価格が店により違う?価格が倍ぐらい違う物も!

触ってみて、材質に厚みの違いを感じました。

煙突配管購入に走りました。

下駄箱用で裏側は以前アルミのボードでの表面

加工はメガネ石は利用しませんでした。

配管周りのコンパネは、カットソーで穴あけ

最後ガラスの位置が気になり、
トタンを用意し、ガラス枠のサイズに合わせ
カットします。

玄関上の欄間片側塞ぎます。

トタンは看板そのものの廃棄予定のトタン外して利用

円のサイズが、煙突の変形で概算合わせて
丸く円にカットします。

後で思えば、サンダーで丸を加工すればよかった。

本来は丸切り用のはさみだと綺麗に切れます。

トタン板切りはカットソーでカット

煙突つないで、合わせてサイズ煙突長さも測ります。

外の煙突の位置も、配管のサイズに合わせ
取り付けをします。

夕方お手伝いで友人に手伝って頂きました。

波トタン円形にカット煙突差し込み用

サンダーでトタン屋根を上から穴あけ

雨漏りよけに、トタン板を加工し、

煙突部分円形にカットしたものを
屋根の波板に合わせます。
最後に屋根波板コーキング

火入れ当初の薪ストの煙を見ています。

着火時、最初は温度が上がらないためか、煙が出ますが
しばらくで薄い煙に代わりました。

夜になり、雰囲気がわかりにくいですが。
うまく排煙、機能しているようです。

小さな暖炉ですが暖かさは、室内ポカポカになります。

燃焼テストで、いっぱいに薪を入れてみたり、
角材の薪の持ち時間を計ってみたりします。

煙突は120mm小型の薪ストーブにしては、

煙突が太く廃棄効率が良いようです。

(室内で落ち着いて鍋を囲みました。

近くのおやじ3人で、炎を見ています。おかしな関係!笑い!)

防炎用に室内化粧板、キッチンパネルを購入
枠を作り、角材にボンド付け、
熱でボンドが固まらない為
ボンド圧着させます。

化粧板作成したばかりでクランプで止めています。

ボンド接着まで!

防炎用化粧板(キッチンパネル)は熱くはなりますが、

裏の壁ボードはほのかに温かく感じる程度

化粧板にプラスターボードを張れば防炎対策完璧でしょう。

窓ガラス側も次回に用意します。

窓側カーテンは、防炎・不燃カーテンを付けています。

防炎の為に、必要な物となります。

壁面にモザイクタイル等を張る方も多く見えます。

(下記暖炉薪ストーブ燃焼動画)

薪の長さは、35Cmまでが良いサイズ

夜遅くまで暖炉に薪を入れて、
静かな時を過ごします。

おやじ一人は温かさで、寝てしまいました。

昨日、外風呂用バスタブ持ち込みました。

五右衛門ぶろではありません。良かった!

行水!岩風呂!露天風呂!何を考える!

工務店様より無償で中古いただきました。何かに使う。

外風呂?そのうち徐々に考えます。

翌朝、高賀神社・神水庵で朝8時に水を汲みに行きました。

温度計を見ますとマイナス2度 水が冷たいはずです。

ポリタンク6個

古民家雪だより

その日の午前中板取川老洞地区の友人より

11時頃一気に雪が降ったそうです。

早く暖炉を付けたいだろうに!

中古住宅外壁工事が先のようです。

写真送信いただきました。

板取川鮎釣り川:鮎釣り友釣り、友人より

8時台は雪はなし、高賀神社

帰りの川の様子です。

途中に板取川で有名なモネの池があります。

鮎釣りのポイントを見ますが、減水のようです。

板取川ホンダ前

 

関市洞戸

空は雪雲になってきていました。

 

跡で思えば、上流で雪が降ってもおかしくない天気

 

 

明るい翌日に煙突写真を撮りました。

ホームセンターで購入した、煙突ですが、煙突止めの金物が不足

L字の煙突も品切れ状況、店員さんは、前に仕入れしたばかり、最近は

煙突、暖炉等の商品がよく売れますと、ソロキャンプが流行りだからか!

今回使用の煙突、太めの120mmだからか、在庫が少ない。

110mm(106タイプ)は多種在庫があるようでした。

煙突トタン波板にブリキ板長めに軒下迄

届くように長さを取りました。

これで雨漏りの心配も減ります。

煙突高さ位置関係を再度点検します。

知人のご意見:薪ストーブはホンマ制メガネのストーブはお持ちでして、

体感温度が、今回の暖炉と温かさが違うそうです、

やはり遠赤外線が出ているのか部屋自体が温まる感じがするそうです。

煙突は、太い120mmの方が、中の口径が大きく、肺炎効率が良さそうと、

また、煙突のつまりも、薄らぎそうと・・・トタンの薪ストーブ年に2回位掃除を

されるそうです。(使用頻度にも違うでしょうが)

 

翌日購入できなくて、お借りした部品と

仕入れの出来なかった部品購入に

ホームセンターへ3件走りました。

エビ曲がり:爪付リング

これを付けたら薪ストーブ暖炉設置が完了します。

薪を仕入れなくてはなりません。

古民家DIY:暖炉がきたー:旋回の断熱・結露コーキング

これこそが薪ストーブ暖炉だ!
古民家寒さ対策・前回の写真
コーキング工事

暖炉が来ました。

冬でも古民家ウッドデッキでBBQ

古民家火遊び!できる

ちょっとしたお祝いで頂きました。
薪ストーブ暖炉(新品です)

下記前回写真を撮り忘れました。
結露・断熱対策のコーキング処理

前回夕方時間がなく、慌てて塗りましたコーキング目地
家の裏側なので、適当に塗っていました。


でこぼこ凸凹にコーキング
養生もせずに処理をするとこの通り
悪い例でしょうが!時間がなかった。


木部分は後ほどペンキを塗ります。

昨日暖炉用意できたと、夕方連絡

夜9時に頂きに上がりました。
暖炉ありがとうございます。

鋳物の重さと、内部の耐熱レンガの重量

車に積み込みに、とんでもなく重い!

車に傷を付けないように運ぶのに慎重になります。

とにかく重い暖炉

一人で運ぶのにやっとの重さ!

これ以上ですと2人はいります。

ホームセンターで昔販売の物でしょうが!

小型ですが、古民家小屋には十分
新品の暖炉・薪ストーブです。


説明書も入っております。
説明書は配管の工事説明がほとんどです。

屋根への配管方法、横への配管の仕様説明

中の油や塗料を飛ばすために、
宅外での初回の空焚きが必要と言われています。


外のウッドデッキで初の火入れ

外のウッドデッキで内部を焼きます。

今後煙突は購入が必要ですが、
試しに火を入れます。

横の自作PCロケットストーブが貧弱にみえます。


ロケットストーブで、過熱した
薪を作り、暖炉に移し替えます。


昼食・食事の用意で、ロケットストーブで
作った鍋を、当初は暖炉で保温代わりに
乗せました。

五徳の鍋の台は以前のコンロ作りを利用

丁度良いサイズではまりました。

暖炉の上に手作り五徳を置いて
鍋を温めていました。

燃焼が当初悪く、五徳をよけて、

煙突のT字管は以前に購入のものがあり

これを乗せて横から風を送ってみました。

長めの煙突があると良いのでしょうが!

最初は暖炉内の過熱が悪く
煙と、耐熱ガラスにススが付いて
曇ったり、煙が上がって、炉の中が
くすぶっているような状況が続きました。
排煙対策で余っていた配管を乗せてみました。
煙突を付け風を送り出すと、
中の火が真っ赤に燃えだしました。

(T字煙突は110mmとあり、それより大きい煙突を付けた方が良いか?)

煙突に風を送ると炎が出だしました。

煙突は炉の中の燃焼に影響が出たようです。

煙突の長さも最低限排気に必要なのでしょう!

炎が真っ赤になりだすと、ガラス周りのススも
自然に透明になっていきました。

温かさは、外で試していても、
暖炉より80Cm程離れていても
足に熱を感じるくらいになりました。


室内で使えば、この暖かさが、
室内全体にいきわたることが感じられます。
ファンヒーターの温かさと
全く違って、暖炉周り温かさが伝わるような気がします。

サイズ感も小さな古民家には、場所的に最適のよう

冬でもパンツ1丁ティシャツ1枚で

室内にいることができるそうです。

裸でやってみたいと思います。

お客様も暖炉に薪を入れながら、

しばらく様子を見ていました。

暖炉が消えかけるまで外で様子見

古民家薪ストーブが室内でやっとできそうです。感激!

その後室内で、地元の方とお話で

夜の9時まで盛り上がっていました。

古民家DIY:井戸再使用復活できるか?:防寒結露に為に!

古民家DIY:井戸掘り挑戦か!
前住民の方が使用してみえたと思われる

井戸が使用できるのか、確認したい。

お客様とロケットストーブで食事と暖房

冬でも古民家ウッドデッキでBBQ

ロケットストーブの作り方

結露防寒対策考えて

井戸を何処まで使用できるだろうか?

井戸と思われる空気抜きの鉄管
井戸があったと思われます。
井戸の古いポンプは使われず残っていましたが、

購入時前所有者からの返答はありませんでした。
使用できていたとは聞いてはいません。

長年古民家使用していなかった為だと思われます。

一応、上水が引いているためかもしれません。


井戸の穴が使えたとしても、水脈がどの程度
あるかもわかりません。

井戸からポンプへの配管もあるようには見えません。


この井戸穴を埋めてしまっているか
使用できるかも未定ですが
とにかく確かめてみたいので、
素人が、経験もなく、試してみます。


周りの根も掘り、石をどけ


なんとなく見えてきます。


少しずつでも、プロの方を探して聞いてみたいと思います。


部屋にこもっていても!

川原へ庭に撒く砂利を取りに来ました。

この橋の先に古民家無料キャンプ岐阜の公園!

もちろん、乗用車ですので、
土嚢袋に少しずつしか運べません。


どうぜ体力も持たないので、
車一台、適度の量と思われます。

美濃市ホタルの里公園


一袋30㎏以上と思われます。

防寒対策と思いつつ、この洗面所がトタン屋根の為
寒暖差によって、結露の水滴が天井のボードに垂れてか、
ベニヤのボードがふにゃふにゃになり気になっていました。

室内の天井も同じような状況が出ています。


まずは、外側のボードを断熱結露対策
中はまた材料との兼ね合いで、
外を先にします。


長年の結露の水滴の影響で、写真のボードのように
なってしまっています。


後日また、見栄えを考えますが、
適当ですが、外からの防寒を先にします。


合板ボードの上からプラダンを張ります。


プラダンで多少でも断熱になれば・・・


効果は薄いと思いますが、
室内の対策が重要と思います。


効果はやらないよりは!

またこの上から、
見栄え用のボードを何れ施工張りを考えます。


ボードの上にプラダンをタッカーで張って
みました。


プラダンは、以前室内で使用した
破材の残りを使用しています。

プラダン継ぎはぎですが
産廃で処分よりは、再利用


プラダンは施工がしやすく、普通のはさみでカットします。


写真を撮り忘れましたが、
お客様が来ていて、この後
コーキングを目地等に埋め込みました。

お客様とロケットストーブ

古民家ウッドデッキで

軽食、いただきましたお餅・お正月の材料と
残りの冷凍食品で、
アマダイの粕漬けのお魚
サラミ風のソーセージなど


初めてみえた、お客様の友人

ロケットストーブの火力に驚かれて

薪コンロはお持ちだそうですが、
少量の薪で、ここまでの火力が出ることに
感動してみえました。
早速どうやって作るのか
お聞きになってみえました。

本体パソコンXPの処分品
配管・ホームセンターの排気管L字等

パーライト(断熱に使用)、ねじ止め

(パーライトはホームセンターの園芸用)
瓦の処分品を、下に一枚重しで入れて
取ってを付けて持ち運びできるようなど

 

すぐに作ってみるそうです。

途中で風が出始めたので、キャンプシートタープ

4m×3mヤフオクで衝動でポチリ購入したタープですが

道路沿いだけでもシートを張ると断熱がかなり違います。

楽しみな薪ストーブ手に入りそう

次回は薪ストーブ常連さん

2台を購入され、1台小型ですが

私のためにご用意で購入して

譲っていただけると吉報

ただ、何処に置くかと配管は購入必要

設置の為の周りのレンガなど

暖炉薪ストーブが、

手に入ると思うといろいろ

想像してDIYまた楽しみでいろいろ考えてしまいます。

古民家DIY:雨樋修繕:こたつ布団暖房

古民家DIY:雨どい点検

台風の影響か雨対策

本日雨樋修理で終わりました。

朝は霜が降りていました。

夜中は風もなく星が綺麗に見えました。


川のせせらぎを聞きながら星を眺めました。
寒さですぐに、部屋こもり

古民家DIYリフォーム

建物裏で、この穴はなに?
気になっていました、隙間、樋がいかれたかと思い
以前に交換必要か樋の架け替えと思いきや

樋の受けが台風で動いた様子!
サルの影響か!

屋根に上がるのを覚悟していました、

ポリカの屋根は夜露で朝10時でも霜がシャーベット状で

滑りやすく、ポリカ屋根を雑巾で拭いて上がりました。

雨は建物に影響します。

雨水が垂れるような樋は、建物基礎や壁から

湿気が上がる為避けたいものです。


受けの樋を動かします。

針金で固定もします。


樋の針金は経年劣化で、ちぎれた針金の交換と・・・


追加をします。


左の樋は以前に黒く塗っていたのですが、

塗料の塗れてれていない所が以前の樋の位置か!

台風でこれだけ動いていたとは。


所々針金が、切れています。

関市板取常連さん(来客)と、

いつものご近所さんと午後の食事

寄せ鍋と、雑炊、マーボー豆腐いただきました。

自作ロケットストーブ

ロケットストーブ久々に活躍
食事はウッドデッキで

薪ストがあり、寒さは感じらず昼食をデッキで取りました。

食事が終わり薪が消えかけると寒さを感じ

室内に戻り暖を取り

話も盛り上がり午後4時に解散

昨年は寒さに凍えていた想い。

室内の断熱対策も効果があったように感じます。
鍋、食事写真撮り忘れました。

石油ファンヒーターと炬燵で暖を取ります。

エアコンもありますが、それほどの様さではありません。

古民家購入常連さんよりこたつ布団いただきました。

帰られてから布団を好感しました。


薪ストーブ暖炉を入れるので、こたつは使用しないそうです。

薪ストーブうらやましくも感じます。

古民家室内洋風に仕上げるのかもしれません。

DIYはまだまだこれからの様子です。

下見ではDIY色々やりたいことがあるようです。


断熱:こたつ布団を乾燥機で、

一度乾燥させて敷きました。

寝る前には毎回ですが、布団乾燥機で一度

布団を温めてから寝ますと良き睡眠が取れます。

時間多くしすぎますと暑くて寝られません。

古民家DIY:清掃:購入後の中古住宅古民家見に行く!

古民家DIY

古民家中古住宅常連さん宅、見に行く
寒いと思い外での作業は!

古民家DIYリフォーム

夜にも棚として付けた、子供の棚のシールを剥がす。


スチームをあてて剥がします。


スチームの蒸気でカメラ焦点が合いませんが、写真ぼけ


ロールカーテンもスチームで、清掃ここまで綺麗になりました。


30年使用したブラインドー手ごわい相手ですが
スチームでじっくりあてて清掃します。


スチームにより綺麗になったところが段違い
何年もの積もった汚れがなかなか落ちません。
今回2度目に試しています。

鍋料理持参しました。この時期はおでん

別荘集落

常連さんにお昼ご飯、鍋を用意し、
名古屋からのお客さんがみえていると聞き
地元の方と古民家購入後に訪問します。

別荘集落:現在建物利用されておみえになる方は、

4棟程の方と聞きました、廃墟の建物も

開発分譲後後25年たちますと廃墟も出てきているようです。

簡単な鍋ですが、4人で頂きました。

外は寒く室内LPガスストーブは温かいです。

今後のガス代を考え薪ストーブは

来シーズンには入れるそうです。

岐阜県古民家薪ストーブ私も欲しい物の一つ

庭も草木を清掃し、建物周りは手を入れた様子です。

これから古民家リノベーションdiy

が始まるのでしょう。

建物不具合等もお話を聞きながら、
室内のクロスの補修され、リビングにはテレビを入れ
室内の荷物処分もされ、

少しずつ荷物も持ち込まれてみえました。

テレビは持ち込んでみえましたが、

放送アンテナは契約されてみえないで

DVDの鮎釣りを流されてみえました。


食事後、隣接の川を見に、降りてみると
鮎釣りポイントとして楽しみなポイントが
岸から続いています。


川沿いの別荘の方からは、夜には川の音がうるさく
建物2重窓にされたそうです。


常連さん宅での状況
不具合、井戸の水が途中で吸い上げが止まるそうです。

ポンプの故障ではなく、水脈が少ないそうです。
入浴のシャワーには気を遣うそうです。
玄関上がり框に白アリが食い跡あり、

床など奥にも入っているか点検必要

何れ床下も点検口を開けて調べるそうです。

玄関の増築等を考えて見えるため

その時に修繕を試みるそうです。

何年か空き家状況でしたので、

周りの草木で湿気が多かったようで

購入前にはカビ臭さがあり、お掃除は大変だったようです。


少し暖かくなったら、外壁に足場をかけ
瓦の補修と樋の架け替え
外壁塗装をするようです。

川に突き出るテラスの別壮もありますが、

ここのところ使用した形跡がありません。


帰りに同行の地元の方、

洞戸のゲンキというドラッグストア、薬局に
立ち寄り夜のお酒を仕入れていました。

ここには食材も多くあるようです。


下げんき横の老人ホーム写真

隣接は板取川、お年寄りの方、

板取川を見て毎日過ごされてみえるのかな。


古民家行く途中には、

高賀神社の水を取りに行きましたが
人が並んでいたため、諦め、

帰りの3時30分以降に行くと空いていました。

本日は遊んでしまい、

古民家DIYがほとんど清掃で終わり

次回には棚付け等を行いたいと思っています。

 

翌日は家庭菜園畑へインしました。お手伝い

 

美濃で頂いた、根が付いたねぎを

植えました。

3人で畑作業

 

古民家DIY:お正月を過ぎて!鍋パーティー

古民家DIY

元旦過ぎて入りました。

昨夜は地元の方、常連、知人と集まり
鍋パーティー(新年会)を夜中の1時まで!


翌朝は、ゆっくり玄関上窓にプラダン張り

幾度としました古民家断熱対策


電子レンジの台を作り

ポリカの屋根、夜中に凍っていました。

雨によりポリカトタンの内側まで霜があるのか

ベタベタとしている個所を見上げて対策を!

ウッドデッキと洗面所のポリカトタン屋根、

霜が付きやすく、やはり屋根勾配が浅い為か!


川は昨夜の雨にも関わらず、板取川減水が続いています。


翌日は夜中には雨が上がり星が見える状況になり

お客様と寒い夜中の星空を一時見上げていました。


帰りの美濃大橋


道の駅にわか茶屋は改装中


正月には出来上がっていると思いきや


何度となく通り抜けた曽代トンネル

古民家DIY:年の瀬:しめ縄:清掃:スチーム洗浄

古民家DIY

室内360度カメラ

年の瀬:しめ縄:スチーム洗浄

下記古民家360度カメラ画像

R0010354

セスキ炭酸ソーダ:お掃除には効果あり

ロールカーテン・ブラインドの清掃


年の瀬:掃除をしようと思い
スチーム洗浄機持ち込みました。


ロールカーテンの洗浄


20年以上前のロールカーテン
黄ばみ・シミを落ちるかスチームで洗浄


終わってみてかなり汚れが落ちたと思われます。

残ったシミもありそうです。


乾いていないので、乾いてから見てみます。


夜更かしで、よる遅くに空を見上げ
今日は星が雲もなく綺麗に見えます。


鍋・釜も洗浄をしますが、
以前に購入した、セスキ炭酸ソーダ
探し出し、使用していきます。

掃除には効果大です。


もう一つ、掃除には重曹をよく使用するのですが
無くなってしまったのか、見当たりません。

朝起きますと、プラダンの断熱効果があったのでしょう、
ガラスに霜が付いていません。


プラダンには霜は付いていませんでしたが、
アルミのサッシ枠には、
霜が付いています。
2重窓をやはり考えるか・・・


霜は各所のアルミ窓枠にあります。


清掃・スチーム洗浄します。

外の窓です。窓枠のゴムの汚れ取り


霧のように周りは、ほんわかと、水滴でぼけます。


天気が良いので、布団を干します。

30年以上前のブラインドの清掃

ブラインド、枠から外し、床に置いてスチーム洗浄
セスキ炭酸ソーダを吹き付けてはいます。

手ごわい相手です。最後はやはりウエスでふき取ります。


スチームを当てて比較しますと、
左右・とんでもなく綺麗になっているのがわかります。


ロールカーテン:
スチーム洗浄にて、カーテンシミを取ります。


昨年の年の瀬に、付けましたしめ縄

今年のしめ縄一年ありがとう


DIYの今年のしめ縄はこれです。


令和二年目よろしくお願いします。


またまた、庭に撒く川原の砂利を拾いにきました。


近所の方も車で入ってみえたので、
聞いてみましたが、庭にバケツ2杯程の
砂利を取りに来たそうでした。


私7袋の砂利を土嚢袋に詰め放題!

砂利を詰めすぎますと
車に持ち上げ乗せるのが結構きつく感じます。

昨日もお泊りキャンパー沢山みえていました。
夜の明かりでしたが・・・


川は今も、減水と、静かだと感じます。


砂利を庭に撒きました、
草が生えないようにと対策ですが、
まだまだ入れないと効果が薄い。

以前より大き目の砂利を入れました。

細かい砂利ですと、靴底に付いてしまい、

ウッドデッキにまで散らばります。

ここは、来年土をまだまだ欠きだします。


鍋・やかんのスス取り、
セスキ炭酸ソーダを吹き付け、
ケレンの工具で、削り取り
スチームで、やっとの思い。


30年使用の鍋ですが、かなりこびりついています。
キャンプ仕様で使っていた鍋です。
ススが取れないと思い放置して使用していました。


少しずつですが、よごれ取れていきます。

古民家DIY、3年が過ぎ!

当初は隙間風で寝られない日がよくありました。


やっとここまでと、ケガもなく進めれたこと
感謝しながら、来年も頑張るぞ!

写真少しボケていますが、ご了承ください。

コンパクトデジカメで、フラッシュが弱いです。

シャッタースピードの調整でしょうか?

暗くなるのも冬で、はやくなりました。

一応古民家年の瀬で出来ますこと今年は終了

来年も、お泊りで鮎釣りするぞ


外を見ながら、古民家購入後、何かと思い出します。

以前の360度カメラ写真あまり変わっていませんが・・・

写真どの色がお好き!

下記古民家360度カメラ画像

R0010351

R0010351

R0010354

R0010354

少し室内赤は、恥ずかしい想いもします。

夜のクラブかキャバレーの様でしょうか!

R0010355

R0010355

 

古民家DIY:年の瀬支度:正月・クリスマス前に!

古民家DIYビフォーアフター
道の駅にわか茶屋(改装中)
イナバ物置メンテナンス
押し入れブラインドの位置変更
自作昇降ステンレスハンガー掛け移動

布団かけ来客用
お昼に来客ご飯作り
ロケットストーブで調理
川原で砂利拾い!
庭の残材焼却処分
お正月を迎えます。
清掃片付け!
にわか茶屋に和紙デザイン人形?正月飾り?

夜にこの部屋をどのように片付けるか考えていました。

ロールカーテンの高さブラインドの高さが

バランス納得いかない。


布団を片付けたい。


ロールカーテンとブラインドの高さが左右違うため違和感


納得していなかったので高さ変更します。


片付かない荷物整理
旧型の石油ストーブ氷点下の時には
使用する可能性があり、いつでも使用できるよう
用意はしてあります。

灯油のファンヒーターもこの部屋に用意してあります。

冬支度の断熱

自作ベットアンドソファーを何処に置くか
迷っております。部屋は広くはない。

朝起きると、ウッドデッキ屋根に
雨降りでないのに、水滴
冷気で梅雨が(水滴が)トタン下に
水滴出来ており、雫か足れ落ちたりします。


あちこちトタン屋根を見て
水の流れるところを見て
何か方法がないのか考えます。

屋根勾配は、瓦屋根の下からの勾配で

高さが無い為勾配はさほど取ってありません。

これも原因の一つとも思われます。


塗装をしておかないと材木が腐るか?


今から塗るのも大変か!


この冬はやむおえないか!

翌日朝から、ブラインドの高さを見ます。


ロールカーテンの位置まで下げるか!


ブラインド下げてみました。


この方がロールカーテンとブラインドの

水平ラインでバランスが良さそうです。


今度はステンレスハンガーが、

(本当は物干しです。)

目立ちすぎるため
位置を変えたくなりました。


下から滑車でステンレスパイプを
上げ下げが出来るようにしていますが、
固定の位置を今までより奥に
大きな梁に固定しました。


布団をぶら下げて試しました。


冬の寒さには、カーテンの内側で
寒さ対策にもなりそうな気がします。


もう一台のベットも、横に立てて本棚風、

スペースを取りました。


布団ハンガーの前に手作り
ソファーアンドベットを
置きました。

吊るした布団あまり邪魔にはならないようです。

川原へ庭に撒く砂利を取りに来ました。

ホタルの里公園には、キャンプ昨日からお泊りの方

たくさんのテントが設営されてみえました。

ソロキャンプも多く大人の秘密基地の感覚

でも、ソロでなくにぎやかそうでした。

こちらは、大人の隠れ家・リフォームDIY


土嚢詰め一袋30Kg程でしょうか、休憩しながら、

土嚢袋に7袋詰め車でお持ち帰り

車高、車が沈みます。


冬の川は綺麗です。
冬は虫が少ない為、水が綺麗だといわれます。

BBQキャンプの始まり!

朝から地元来客一人と同伴していましたが、
お客様と食事、お友達も一人来客
マーボー豆腐と鍋をごちそうしました。
地元の方よりみかんを頂きました。


調理中の写真がありません、残ったマーボー豆腐の写真です。


ロケットストーブで追加の鍋

鍋の食材は、野菜と鳥団子


追加の薪で煙が上がります。煙たい。

暖をとりながらご馳走様!

風が出なかったのか、昼間は寒さを感じませんでした。

薪コンロと言えるのか、薪ストーブ?それとも焼却炉

敷地の解体ごみ焼却処分
材木がしけっているので、なかなか燃え上がりません。

廃棄予定のコンロで焼却

物置のメンテナンス

イナバ物置ですが、
大工さんより聞きました。

物置のメンテナンスは、潤滑剤のCRC556
が良いそうです。
塗装するより作業がしやすい、
費用も塗料に比べれて同等と思われます。


CRC振りかけますと、写真のように
色が違って見えます。

塗ったところが光り
コーティングできているようです。

下には河原で拾った砂利(土嚢袋)


どんどん振りかけます、屋根にも吹きました。

以前には高圧洗浄機で、水流で試してみましたが、

洗浄機の先円を描くように跡が残っていました。

小さな丸が洗浄機の跡です。途中で洗浄やめてしまっていました。

効果がありそうな雰囲気に仕上がりました。

 

いつもの小川今日は一日曇り空

しかし今年は水が少ない。雨が降らない。

あまごの養殖場も、水の流れが少なく、あまごが死んで大変なようです。

綺麗な水が流れないと、駄目なようです。

地元のなまずの共同養殖場も、なまずが全滅、

来年は継続が難しいそうです。


土嚢も並びました。

薫物の周りも焼却で片付きました。

お昼から焼却処分半日かかって燃やしていただきました。

夕暮れになるとさすがに寒さを感じます。

夕方からは薪ストーブにして暖をとっていました。

解体ごみ長く放置状態でしたが、

少しずつしか片付けられませんでした。

庭先やっと片付きました。あとは砂利をもっと入れます。

この後お昼にみえたお客様富有柿をいただきました、

室内で話をしながら、夕暮れになり、室内コンロで

食事を作り一緒に団欒

(お昼の残りの鍋に、ソーセージと、うどんを入れ鍋にしました。

つまみに:枝豆・生ハム:)


美濃市にわか茶屋のキャラでしょうか、
和紙のお人形

DIYリフォーム:ウッドデッキ屋根補修

リフォームDIY
今回いつもの古民家ではないですが、
以前にウッドデッキの屋根
追加して取り付けたトタンを交換しました。

1800mmのトタン購入

考えてみれば、

このウッドデッキ自作で20年がたちます。

雨降りでも洗濯物が干せるよう作成したウッドデッキ屋根

安価な塩ビトタンよくもっていたと思います。

床面柱等は定期的に塗装は試みていたのですが、

近年雨漏りを気にはしていました。

以前いい加減に付けたトタンが
下地がない部分に適当に付けたため
波打って曲がって変形してしまいました。

雨が溜まり雨水が境目から落ちるようになりました。

トタンを何枚か重ね張りして、

垂れてくる雨水を樋に流していただけですが

コーキングを打ち
雨漏りの対応をしていましたが
限界のようで、張り直し
このままでは、ウッドデッキが雨でダメになります。

雨が降り、砂が溜まってしまっています。

湾曲ももしています。

古いトタンを剥がしました。

トタンをダンバネジで固定するため
垂木を追加しました。

垂木は屋根の梁の数だけ追加

2階瓦屋根に登って降りての繰り返し

屋根に仮置きしました。

トタン長さ60Cmにカット

瓦屋根まで届く長さ

勾配も取れたようです。

仮置きしてみました。

雨が吹き込みしなければ良し

ダンバネジ足らなくなりホームセンターへ購入

屋根瓦に水が直接流れるように固定していますが、

強風でトタンが飛ばなければ良いかなと思います。

古いトタンと新しいトタンが

置いてみますと透明とブロンズとの

違いはありますが、古さに違い感じます。

張り終わりました。

下からも確認します。

新しいうちは綺麗に見えるのか?

古いトタンもあと3年ほどで張替えが必要と思われます。

古いトタンを、浮かしていると、

端が欠けてしまった所もありました。

次回古民家DIYリフォーム

古民家DIY:室内デザイン画:崖整備:

古民家デザイン住宅

古民家リフォーム

古民家カメラ

前回窓にプラダン防寒対策

押入れ加工DIY
無造作に古民家に絵を!

モネの池と言うわけではありませんが、

本日地元の方とモネの池見に行きました

地元の方ですが、一度も見られたことがないそうです。

帰りに高賀神社に水を汲みに行きました。


ポスター・絵画・版画を張りました。
絵を見て落ち着きます。

 


1枚ずつにスポットでも当てると良いのでしょうが!

上の照明が絵に反射しています。


古民家に似合うかはわかりませんが!


一応リノベーションをやったと雰囲気を出します。

少し写真がボケました。

お気に入りの絵もあります。


これは絵ではありません。
食用のタイ焼きです。笑い!

甘い物も欲しくなり、冷凍たい焼きですがレンジでチン


断熱プラダン張り

洗面所の窓適当に張りました。

いつもの両面テープがありませんでした。

以前の5mmのプラダン下、夏冬熱の高低差で収縮

曲がってしまっています。何度か張りなおしてみましたが、

両面テープの粘着では張れませんでした。

洗面所ここの壁も2年程前にプラスターボードを張り、

クロス張りにしたところです。

子供デスクの本棚部分、下に突っ張り棒を入れました。

ハンガー掛けにしました。

ブラインドで目隠し:押入れ収納

ブラインドの掃除をしてからと思っていましたが

まずは付けてみました。

高さをこのままで良いか少し下げるか悩みます。

階段は天井に上がる為に付けました。

旧ベットに上がる足部分

高さが低いブラインドとわかっていましたが、

目隠しにはなりました。

左はロールカーテン以前に付けた物。

多種の工具・道具・材料等が置いてありますので、

荷物としてバラバラの雰囲気見せたくありません。

古民家改装:年の瀬を感じる

崖から土出し

この根がくせもの、意外に根がはっています。

露天風呂の景色に岩があると雰囲気も変わります。

いずれ露天風呂を・・・何時になるやら。


やっとの思いで蔓の根が掘れました。


蔓の根は深くはないですが、
岩盤の間に根が張っています。

つるの根は横に張っていて結構長さもあります。


根の周りには土も多くあります。

土を出すのも大変です。
深さ30Cm程土を出してきたのでは!

夕方5時には周りが見えなくなり終了しました。

土嚢は表まで抱えて運びます。


土嚢をまたどこかに運びます。

今回も畑の肥やしになる土は

選別してお隣さんに2袋あげました。

畑には良い山土だそうです。

薪ストーブとコンロストーブ

パソコンロケットストーブ:菓子缶ロケットストーブ

古民家冬支度:室内断熱:秋の終わりを感じながら

古民家リフォームDIY:古民家火遊び

岐阜県古民家DIY

寒さに負けない冬対策

古民家薪で鍋料理
DIYで作った、ロケットストーブDIY
常連さんに、古民家中古住宅購入祝いに
鍋を作って持参します。

大人の隠れ家
購入後2週間程、空き家の何年も放置家屋
やっと掃除が終わったと聞き

訪問します。

通いで工事清掃
電気・ガスが通って、室内清掃ができたと聞き
昼食を持ち込む話で、
薪で鍋を沸かし調理して持参します。


長良川、山を写真に撮りました。


長良川の川の様子


山を撮りましたが、距離が遠かったようです。


小屋でロケットストーブに
薪を入れ、30年使用の鍋で、湯を沸かします。

本体パソコンで作ったロケットストーブですが

鍋はススで真っ黒ですが、大きい鍋は使い勝手が良いです。


薪を常連さんより、解体後の木材をカットして
用意頂きました。

庭先に置いといて頂けました。
ありがたい


ふいごで時折風を入れないと、
真っ赤な燃え尽きた炭かすで、中が詰まり
新しい薪を入れると煙一面となってしまいます。

ウッドデッキで鍋たき物を使用するには、焚き火台・コンロより

ロケットストーブの方がすすが飛び散りません。

ウッドデッキで火を使用するには、やはり下にジュウタン等の敷物が

あるとデッキが黒くならず、長く使用できそうです。

黒でウッドデッキ塗ってしまえば、それまでですが!まだまだ先で考えます。

 


出来上がった鍋ごと車で運びます。

中身こぼれないのが鍋の大きさのおかげです。

まだ生活観ないでしょうから、

箸・お玉・紙どんぶり・調味料等

を用意し、持ち込みます。


途中の紅葉の景色が楽しみです。


杉の木の林があり


今人気のモネの池近く。


モネの池まだ観光でみえる方はあるようです。


駐車場も混んではいません。

この時期、蓮の葉はないと思いますが。


板取川すぎのこキャンプ場


すぎのこバンガロー村が立ち並びます。


今人気のモネの池を越して少し先。

中古住宅購入の常連さん

関市古民家中古住宅DIY
板取川老洞という地域

現地に着くとお待ちかね、あちこち手を入れていた様子。

早速鍋をリビングへ持ち込み

カセットコンロで再度鍋を温め
一緒に鍋をいただきました。
建物現況をどのように改装するか、

手直しも結構ありそうです。

(常連さんのリビング写真)

古民家DIYが始まります。

3年前には私も、寒さで震えながら、一人改装を黙々と、

していた時の事を思い出します。

(私の購入当時の写真)

古民家常連さん、電気契約し、

掃除をやっと終えて
家の周りの草刈りをされ、
プロパンガスを契約し、
大型のガスストーブを付け
まだまだ、旧所有者の荷物もあり

処分する物も散らかり、
排水桝が埋まってしまっていたので、
排水経路を探し出しに、
スコップ掘り起し、していたそうで
くたびれてみえました。

おにぎりは買いこんでみえましたが、他はカップラーメン等

やはり食事はまだ、コンビニのご飯のようです。

(手土産の鍋です。)

お湯が、ストーブで沸かせる位で、食事の鍋釜は用意がないようです。

冷蔵庫は古く捨てる予定、中身があったので、カビ発生、見たくない。

冷蔵庫ガムテープでテーピングしてありました。やはり・・・

昨日は泊まられたそうで、
夜は急激に冷えたそうです。

シュラフを持ってこればと!、どのように寝たのか?
ガス暖房をかけるので、結露はかなりあると

私の古民家よりは新しい、築26年ほど!

私の古民家のようにガラスにプラダン必要とも
検討の余地がありそうです。【断熱対策)

まだまだ生活するには、通わないといけないようです。

まだ、お風呂も手付かず、トイレはポットン・排水も点検・・・

布団の持ち込み・冷蔵庫・ガス器具・鍋等

調理器具色々必要な物ありそうです。

前回視察の写真

周りは杉の木の山、日当たり風通しがほしいところで

山で日陰になります。

道路向えには、手が入れられていない山に、

杉の木が多数倒れて荒れてた山で、

台風での倒木と思われます。

夏には鮎釣りは楽しめそうです。
また釣り誘ってくださいね。

私も今日はまだ、古民家いじりが出来ていないので
そこそこで古民家戻り、作業開始

寒さに負けない冬対策

断熱用ガラスに、プラダン張り冬支度


前回プラダンの途中で、全室張り終えておりません。
玄関上のプラダン張り
10帖の洋室プラダン張りの写真


玄関下に、黒のプラダン貼りました。


裏側室の窓、プラダン張ります。

今回、玄関上側プラダン張り

以前に5mm圧のプラダン下に張っていましたが、

5mmプラダンが硬い為か、そりが入り、両面テープでの剥がれと

プラダンの曲がりが出て、剥がれ落ちてしまいました。

一年でプラダンの劣化・夏の暑さと冬の寒さで収縮が曲がりの原因と思われます。

薄手の2mm圧のプラダンに!2mm圧のプラダンのほうが

やわらかく曲がりが出にくいような気がします。

本当は最近のポリカで貼ると良いのはわかりますが、

窓が多く予算の関係上、プラダンで一先ずは我慢


秋も終わりが近づき
赤みが少し茶色になっているようです。

下写真、頂きました、廃材の薪
綺麗にカットしてありました。

冬には薪が必要
ロケットストーブ用


焚き火用の薪


破材の薪、それぞれ丁寧に袋つめしていただきました。


3回分位の量でしょうか!

崖の土を出したいのですが、
また後日にします。

夕方寒さもこの時間から、冷え込みますので・・・

冬はどうしても弱気になりがちです。

体が冬眠状態になるのでしょうかね!


帰りの夕日は山に沈んでいました。
早く沈むようになりました。


帰りの山の紅葉を見ながら帰ります。

中古住宅古民家購入後、3年が過ぎました、

少し余裕を持って、あせらず

リフォーム出来るようになったかと思い

作業をしています。

購入当初と違った余裕が出てきたか、体力が無くなってきたか!

川では板取川鮎釣りまだガリ釣りされてみえました。

古民家冬支度第2段:室内断熱:敷地清掃:ウッドデッキ防腐剤塗

古民家再生DIY:冬支度

板取川鮎釣り友釣りは終了!

板取川鮎釣りしながら古民家DIY

先月迄は友釣りでした、来年が待ち遠しい。
今日の空は雲一つない快晴
紅葉日和

逆光ですが、川状況
静かです。
鮎ガリ釣りまだされてみえます。

30~40匹位はかかっているとか、

網で500匹位取れたとか、

今年は、各所でまだ群れがいると聞きます。

長良川本流には下がっていないとか

但し、鮎の体はサビで黒くはなっているようです。

美濃市板取川

もみじが綺麗です。

今日も公民館で、集まりがあったようです。

山の紅葉

新美濃橋

もう冬が近いというのに

板取川鮎釣り・ガリ釣りされてみえました。

長良川大人の隠れ家

昨年洗面所に!:冬に天井水滴が結露と判明
雨漏りと勘違いして対策をしていました。
外からで、修復加工が出来るか見ています。


トタン少しダンパネジを
打ちなおしてみました。


洗面所ですが室内から天井を
断熱打ち直した方が良いか?
今後また考えてみます。

板取川大人の火遊び

一人でしたので小さな鍋で
コンロ替わり
ロケットストーブは出しませんでした。
ゆっくり鍋が煮えるのを待っていました。
最後にゆで卵
コールマンの焚火台


まだまだ崖の土をかき出していました。


二日連続の土出し、土嚢作り
体に応えます。偉い!!


しんどい想いで
上から土をかき出します。

そして土嚢袋に入れ、運び出します。

焼却したかった、内壁材の解体ごみ:右手側
腐りかかって、減らしてはきましたが、

山積み状態

長年使ったキャンプ用バーベキューコンロが古く
底と壁側に穴が開き使用していませんでした。


処分予定のよくあるトタンの看板を
釘を外し、コンロの外枠に巻き付け、
枠にネジ止めをし固定しました。
足は外しましたが、
焼却炉として使用出来ました。


先週の小川の土手の草
今日も焼却するか考えます。

まだ草があるのでどうするか!


どんどん燃える解体ゴミ燃やします。

燃え出しても追加を入れると

雨に濡れて敷けっているので、

焼却・燃焼が悪いです。

時には紅葉を眺めます。

小川の土手、再度草焼き納得できるまで
草焼きしました。

灯油バーナーで焼却

燃やした当初は汚く見えますが・・・


風よけのシート:幕を
ウッドデッキに張りました。


夜に鍋を作ります。

ここ最近、毎回ソロキャンプをしています。


焚火台は、ススがどうしても、
火おこしで内輪であおると
細かいススが飛びます。


煙と闘いながら食事終了

ロケットストーブの方が、燃焼効率が良いようで

鍋物には、すすも出にくく、

焚き火台より調理しやすいようです。

煙突を作ると良いのでしょうが、

毎回というわけではないので

煙でデッキ天井は大丈夫か?


カメラのフラッシュをたきますと
ススが反射して、
光ります。
無数のススが飛び交っているのが
わかります。

寒さに耐えていつまでウッドデッキで

バーベキュー

夕方地元の方帰られました。

室内防寒対策
下は仮止めで先週プラダン付けました。
今回上のガラスにもプラダン張りました。
上は両面テープで張っています。

テープの跡は見えません。


別の窓にも張ります。
防音にもなり、防寒にもなると思います。
ただ気になるのが、霜などで水滴が
付くと、両面テープの剥がれが
どのように出るかが気になります。

強力タイプのテープにすると今度は、

粘りが取れなくなります。
今年試してみて考えます。


ウッドデッキメンテナンス
一年に一度と思い、ウッドデッキの
防腐剤を塗ります。


基礎となる柱は特に1年に一度塗ると
良いと聞きます。
思い切って床も塗りました。

自作焼却炉のおかげで、残材の半分以上
焼却できたかと思います。

風向きにより煙がすごいので、

昨日と場所を変えました。

タイムアウトでここまでと思い、
火の着いたままで帰るのでは、
申し訳ない近所に心配かけます。

また、次回溜まった燃えカスを一旦出さないと、

燃焼が悪くなります。

秋に冬支度をしています。

美濃市古民家中古住宅