古民家リフォームDIY:防寒対策:ウッドデッキ雨漏り修理

古民家リフォーム:冬支度:寒さ対策

断熱工事
冬はやはりこたつが良い!
床暖がないのでこたつを用意しました。

朝起きますと朝もやが一面に
今日は晴れるぞ!


四方を見ていました。


近場のもみじも霧がかかっています。

紅葉を見に行くと良いのだが!

 


こたつに潜り込みたい!

ガスがかかっています。


ガラスには霜が降りています。

朝起きるとガラスが曇っています。

昨夜はファンヒーターを低音で付けて寝ました。

上にもプラダン張るか考えます。


前回草焼きした水辺です。
目の前の小川となりますが、
ここからのクモとかカメムシとか
発生しないよう前回焼きました。

来月になれば、雪もチラつくでしょう。

車のタイヤ・スタッドレスタイヤに履き替えました。

少し早いとは思いますが!


少し寒く感じますが、
気持ちの良い朝です。
夏のようにウグイスは泣いていません。

太陽の明かりはあります。

雲のない温かい、良い一日になりそうです。

もみじが綺麗です。


今日は何をするか!
防寒対策!と前週に続き土嚢を作る、ウ~


ガラス窓の下を
プラダン張っていました。

プラダンは一枚200円程で購入できます。

安価な防寒対策となります。


中の様子がプラダン張り少しぼやけます。
今日は防寒でプラダン張り

ついでに窓の大掃除

窓枠のシールをはがすのにヘラで少しこすります。


以前の住居者も、何か寒さ対策した跡のようです。
窓枠に何か所と両面テープらしき物が
張られてあります。


サッシ枠の掃除をします。
壁・天上の解体前と、解体後も掃除をしたのですが、
内装の工事などで、窓枠・ガラスも汚れています。


100均のブラシ
正式名は知りません。
以外に使えます。

サッシの角には、一か所で5匹ほど

カメムシが群れていました。

ビックリ、飛び出しました。

触らず、ふれずに履き掃除


サッシに合わせ、プラダンカッターでカットし
テーピングしていきます。


掃除がガラス・サッシ・網戸と
窓枠掃除が手間でしたが、
何とか張り終わりました。

断熱としては多少は、対策になったと思います。


一応綺麗には見えます。
網戸の交換もしたかったのですが、
来年にします。
網戸破れているわけではありません。

来年は色替えで張り替えるか考えます。

お昼のランチと言えないですが、毎回懲りずに鍋

温かい物が欲しくなる季節

お肉がないので、ソーセージで代用


パソコンロケットストーブで湯を
沸かします。


何時ものことですが、火を着けた当初は、
煙が不完全燃焼でかなり煙たいです。

ふいごであおりました。


煮えてきました。


コーヒー用に残りの火で
お湯を沸かします。


五本指の靴下、当初より慣れでしょうか
違和感がなくなり、楽に感じるようになりました。


ロケットストーブ・薪コンロの必需品 3点

ウッドデッキ屋根雨漏り!

大雨で雨漏りしていました。
原因がやっとわかりました。
当初はビスの穴から雨漏りと思っていましたが、
波板の重なりが山2波でした、
3波はかさなり必要のようです。
上から下まで、脚立で屋根に上り、
ネジダンバ張りなおしました。
久しぶりに屋根に上ったので
ビビりながら、足に力が入ります。


本日裏山秋葉神社の
近隣の方のお参りです。


朝寄られましたお客様
お昼に寄るかと
鍋の残りを用意していましたが、
見えませんでした。

夕方もう一度草焼きすると
良いかと思い
作業の用意をしていると
来客:夜までおしゃべりしていました。
食事も一緒に頂きました。
残り物でごめんなさい。

板取から来客ですが、

(常連さん古民家を購入)

板取古民家先日ご紹介の上購入された、

知人鮎釣り師の常連さん、

購入されてから初めて外と中を点検

(草刈終えて寄られました。)

井戸水は電源入れたら水が出たとの感動

ガス本管を、外から二階にも付けたい、

大きなプロパンガスストーブを仕入れたそうです、

トイレは汲み取りなので、浄化槽をお考え

ウッドデッキは柱が下がっていたので、土を大分入れるよう

ついでにウッドデッキを大きくし下に車が入るよう、

その他、外壁塗り替え、屋根瓦漆喰の塗り直し、暖炉を置きたい、

これからの掃除が大変

夢は膨らみ帰っていかれました。

中古古民家のリフォームリノベーション

板取の紅葉は山まで綺麗でしたそうです。

 


前日夜にカーテンを厚手に付け替えました。

下の写真はカーテン断熱で追加しました。


ロールカーテンが、幅が足らないサイズ
でしたので、防寒用にカーテン

丈が足らないので、

ロールカーテンもそのまま付けたまま

次回カーテンを裾を下に伸ばして見ます。

 


その上からロールカーテン2重にしました。


断熱・防寒対策
夏はロールカーテン外すかもしれません。


これからはどんどん

寒さが体に感じるようになると思われます。

夕方日が落ちますと、体にしみてくるような感じです。

古民家DIY:冬支度:防寒対策:紅葉:片知渓谷

古民家来客火を起こす。

焚火でガヤガヤ

秋を感じる季節


来客:焚火で外でおでん食べました。


今回も、土嚢で土を出します。


ようやく下に岩盤が見えだしました。:カメラ逆光です。

だいぶ土をすきました。


木材を整地のため移動しました。


平坦になりました。

ムカデを1匹見ました。

いつ見ても気持ちの良い物ではありません。


窓からの裏庭の雰囲気です。

岩盤が見えて面白い雰囲気が出ます。

まだ土を取るのと、蔓の根を何とかしたい。

何れ高圧洗浄と思っております。

お客様帰宅後ウッドデッキのテーブル片付けました。

空は快晴です。

いつものお向かいの栗の木

窓サッシ下側にプラダン張りました。
冬の断熱防寒対策:少しでも!

テーピングしただけですが、

効果が即効とまではいかないでしょうが!

やらないよりは、可能性があると思えば、

安価なプラダンですから、

プチプチよりは見栄えが良いので!

窓のあちこちに張っております。

 

まだ、ガリ釣りされてみえます。

竿出すにも寒いでしょうに!


川は減水です。

3名ほど竿出してみえました。

板取川中央より片知渓谷に向かってみます。

紅葉がどの程度

帰りに片知渓谷林道に入りました。
紅葉が見れるか!


川が見えたので写真撮りました。


上に上っていくと神社が2つ程あります。

途中他府県ナンバーの車両もありますが、

山菜取りでしょうか、遊歩道の散策でしょうか?


5m幅の道路を上がります。

紅葉が始まっています。

来週あたりはこの近辺でも

紅葉が見れそうです。


川原の近くにも大きな岩盤があります。


小さな岩盤に見えますが、
5m程の高さがあります。

古民家DIY:冬支度:焼却:風呂ポンプ

古民家再生リフォーム

鮎釣り情報(ガリ釣り)
古民家冬支度
露天風呂用加熱パイプ
山から土嚢袋取り出し

いきなりの写真これは何だと思われるでしょう。
夜の小川


ステンレスフレキシブルチューブを折り曲げ

柱を利用し曲げていきます。

一時柱を固定して作ります。


コンパクトに仕上げたいと細かく曲げています。

夏の露天風呂用に焚き火でポンプ式循環風呂を

作ってみようと思いました。

また、バカな物を作ろうとしています。

 


最後に針金で広がらないよう止めました。

フレキシブルステンレスチューブは一度曲がると

スムーズには綺麗に曲がりません、

どうしても手作業ですので、

見栄えは、気にせず!

作業効率を考え、余分な柱をクランプで固定して、

撒きつけていきました。


イメージで、給水水道ホースとシャワーホース
繋ぎました。あとはポンプを繋いで試してみるだけ。

川原でお風呂使えるよう。

次回の焚き火でどの程度お湯になるか

試してみたいと思います。

充電ポンプが小さいかもしれないと想像しております。

蔓を土から掘り出します。

蔓は厄介者です。掘っても掘っても下に延びています。


岩盤に積もった土を取りだします。
これが大変!


バラバラ建物近くまで、
石ころが落ちます。

まだ蔓の根があり根を切りながら、

周りを少しずつ欠き出しての作業

なかなか進みません。


上から土を欠きだし出します。

左の保管している、木材を移動することになりそうです。

最後には高圧洗浄で流したいと思いますが、

まだまだ、土出しが必要です。

駐車場石組の土留めの石を減らし、スムーズに

車が入りやすくします。

底の低い車両は下をよく打ちました。

スロープを作ります。


斫り機で周りから掘ります。

ハツリ機は以前にネットで購入、勿論中古品となります。

ハツリ機大きさが小中型なのでしょう、力があまりありません。

プロ用ではありません。

何れの風呂場の浴槽交換工事も考えますが

このハツリ機では苦労しそうです。

何度も回数で勝負するしかありません。

結構頑丈に固めてありました。


石を5個を落とし、そこに、砂利となる石を詰めます。
鉄筋、配筋まではいらないと思いました。


セメントをこねては流し込みます。

手作業となります。

何れコンクリートが割れてくるかもしれません。

ポールは段差の目印として立ててみました。

パイプを立てておきました。

車が落ちないように、このまま目印にします。

車が段差を乗り越えないよう。


スロープが完成しました。

すでに回りは暗くなり出しました。

夜の食事タイム

石狩鍋、一人鍋と思いましたら、地元の来客があり

一緒に食しました。(奥様が帰ってみえないとのこと)

夜の美濃のうだつの町並み
お客様寂しいのでしょうか、夜の町へ送った帰りです。

写真のボケはごめんなさい。

車両から思わず撮りました。

町並表現で、照明を各戸店舗付けているようです。

敷地、駐車スペースもゆとりが出来ました。

先日草焼きした河原ですが、暗く見えません。


夜中に棚を少し上げました。

時間的に暇でしたので!時間をもてあましておりました。

ネジ止めを再度し直し
下に何か吊るせるように
荷物も下に置けるよう!

今の所照明器具のリモコン・帽子・

鮎釣り仕掛けを置きました。


翌日、岩盤の土をひたすら出します。

周りの根っこも、レシプロソーで切り落としています。

土を出していると下の岩盤にスコップが当るようになりました。

裏庭とは言えない小さなスペースですが、

整地をしていきます。

ここに岩風呂でも出来れば、夏に入りたい。

土嚢袋に入れ道路際に置いていきます。


土嚢袋が並びます。

運び出し処分は知人の方が、

今回土嚢処分してくれそうです。

ありがとう感謝!

車が入りやすくなりました。


車が乗入れ、止めやすくなりました。

入り口が狭かったので、車両切り替えしが、面倒でした。


隣地の方の庭木切ってほしいと言われ
ノコギリ・マキタの充電レシプロソーで切りました。
焚物には細すぎると思います。

蔓もレシプロソーで切っていきますが、

途中で刃が折れました。交換

岩盤や石に当るとどうしても刃がいたみます。

ゴミ処分は手間がかかります。

掘り出された石必要か、岩盤から欠け落ちた石

右側にまとめて仮置きしています。


30個近くの土嚢袋となり

かなり土をかき出しましたが、
写真ではわかりずらく感じます。

並びました土嚢の土

4袋程はお隣のおばちゃんに畑に入れる

肥やしの土に良いそうで提供しました。

石と木の根と、土とを振り分けて土を提供しました。

なかなか土を出したが、見栄えが変わった感じしません。

この季節でも汗をかきながら、

体力的にはかなり動いたつもりでしたが!


露天風呂のイメージを見ています。

出来る自信はありませんが!そのうち!

当初は簡易の風呂を考えます。

五右衛門風呂になるのかも!ドラム缶風呂!

廃棄寸前のバスタブでも持ち込めればと考えます。


まだまだ土出しが必要です。

岩盤に着いた土が取り出しにくい。

追記:本日地元の方より、鮎ガリ釣り、

8匹程クーラーボックス見せていただきました。

サイズは18cm程

この時期には鮎も黒いサビは出ていました。

11月に入っても、板取川で釣れるとは!

今年は、珍しい状況

台風でも大水出てなくて残っているとか!

お話していました。

長良川本流でもまだ釣れるかもしれません。

古民家リフォーム:ウッドデッキ:薪ストーブ:BBQ

岐阜県・長良川・古民家DIY遊び!

古民家リフォーム

本日常連さんに購入別荘の鍵を渡しに!

自作のウッドデッキ・自作ロケットストーブで鍋
ロケットストーブで鍋を囲んだ後は薪スト

ロケットストーブ大活躍でした。
パソコンで作ったロケットストーブ

だいぶ年季が入りました。3年目頑丈です。

今年購入しましたコールマンの焚火台


もう少し大きくても!
デッキが灰で汚れるので、用心して下に
板とジュータンを敷いています。

ジュータンは、下からの冷気を塞ぎます。


寒い夜でもウッドデッキで頑張ります。

別荘古民家の鍵を渡し、

11月初旬に売買引渡し予定となったようです。

人の物とは言え楽しみです。

どのようにリフォームされるのか、

時折見に行きたいと思います。

ご希望:古民家購入後、暖炉を入れたい!

テラスの屋根を大きく!

勿論瓦・屋根の補修・外壁補修などなど

コールマンの焚き火台非常に気に入ってみえました。

焚火おじさん。

来年は古民家再生で同じ仲間が出来そうです。

夜は冷えてきます。寒さに耐えて!焚き火を囲み!

デッキ横(左側)に風除けシートタープを張りました。

おじさん3人で夜中の2時まで
冗談話で盛り上がりました。

先週草焼きバーナーで焼却した所ですが・・・右側

多少枯れてはいます。

昨日からの増水が・・いつもより高めでしょう。

なんとなく焼けている雰囲気

防寒用で、昨日夜にタープシート外に張りました。

結構これで防寒にはなりました。

サイズも丁度よかったようです。


シートこの一枚でかなり薪ストの効果が上がります。


ふいごも新調で火おこしできました。

安価なふいごヤフオクでポチリました。

翌朝も起きて、暖を取ります。

朝から昨日の地元の方来客

コーヒーも一杯

昨夜もテーブル上は片付けましたが、
朝食の為に色々テーブルに乗せます。

朝食はカレーライスを食しました。

朝からカレーと思いますが、

今日は作業があり体力がいると思い。

軽い食事では・・・!


昨夜の地元お客様も本日も来客

地元の方、鮎ガリ釣り、本日2匹だったそうです。


おじさんばかり3人も4人も写真撮っても・・・

おじさん恥ずかしいので、写しませんでした。


本日の作業:崖の上のポニョではなく
崖の上の土嚢作り!!!

蔓を充電レシプロソーでカットしひきづりだします。

昔から手入れが無く、建物まで蔓がのびていました。

建物にも影響すると思い少しは、

蔓をカットしていましたが、

今回は根を取っていきます。


土嚢袋に入れ、運びます。


下は岩盤ですが、たまった土がかなり出ます。

ばらばら土が落ちます。

ブルーシート奥に露天風呂がほしい!

と思っております。予算と体力があれば、

今後の予定この場の岩盤を見ながら、

岩盤浴、露天風呂ができたらな。!

来年はガンガン露天風呂に入りたい。


高賀神社:神水庵
水汲みにきました、


夕方5時、2台の車だけでした。


ポリタン20リットル
4缶用意しています。

帰りには車が一台もありませんでした。

軟水:弱アルカリ水と聞きます。

昔神社のお清めの水で使用されていた水と聞きます。

昔は名古屋からこの水汲みのために通いました。


前の茶店は終わってます。
昔は鮎を焼いて売っていましたが?

シーズンが終わったかな!

参拝場所何時出来たか覚えがありません。

昨日の宴会で汚れたウッドデッキを掃除しました。

どうしても薪で燃やした灰が飛び散ります。

段々デッキも汚れていきます。

薪と言っても、建物解体の廃材使用です。

薪を買うお金が無い、何れ山で拾い集めます。

解体現場の廃材をいただく予定もあります。

ここも土をすき取りました。

ビン・缶のゴミが一部あり、振り分けながら、

袋に詰めました。

以前の所有者が、ここで直にたき物を

燃やしていた形跡があります。

岩盤が見える所まで掘るか考えます。

夕立雨が30分程続きました。

天気の状況が、秋というより、夏のお天気のようです。


この時期に?一時強い夕立の雨でした。

まだ夏空が続いているのでしょうか!


引き出した、土嚢をならべました。
まだまだ、崖の土を取ります。

古民家再生DIY:露天風呂に入りたい。

アウトドアのお風呂用に作りました。

露天風呂用試作品

河原でお風呂に入れるか!

外での薪風呂用
充電ポンプ利用

ステンレスフレキシブルチューブ(薪でお湯を沸かす方法)

ポンプの電力がどの程度持つのか心配です。

40分程かと思いますが!


ネットに上がっている皆様の施策等を見て作りました。

ホース・シャワー用を用意と


水道蛇口ホースを繋ぎジョイント


ポンプシャワーセット

ふいご:薪ストーブ:ロケットストーブの着火時用にヤフオク

次回使用してみます。


購入しました、本日試してみます。

古民家再生DIY:売り古民家を見に行く

古民家売り物件見に行く!

中古住宅見に行くこととなりました。
古民家DIY

草焼きバーナー

本日鮎釣り、長良川はにごっております。
板取川は、増水ですが入れる状況

この秋、早めに除草をしようと思います。


砂利を入れて少しは草も少なくなっておりますが気になります。


草の根を、かきとります。


岩盤の上に溜まった土も草も何とかしたい。


裏も結構草が生え出しております。


草をかき寄せ砂利を追加し土とまぜました。


でも納得できず。

草を焼却バーナー利用


草の根がありすぐに生えてきそうです。


岩盤の土も空きましたが、また生えるでしょう。

岩盤に溜まった土を奥まで取りたいのですが、

土嚢袋に入れ搬出も大変、4袋で次回にします。


下は蔓系の根がはっているところもあり
建物まで影響が出ないところまで、切り落とします。


これが草焼きバーナー、灯油とガスボンベの

ハイブリットバーナー


下から上まで、バーナーで焼きます。


石垣焼いていますと、隙間から慌てて
昆虫こおろぎ、蜘蛛、さわがに、10Cm程の
小さなへびも出てきました。
マムシでなければと良いがと思いそのまま焼ききりました。

気になっていました、前面の小川も草焼きバーナーで、

焼却してみましたが、昨日の雨で、なかなか草が焼けません。

乾燥している時にやれば燃えるのですが、

乾燥時に焼却していると火の粉が怖いので本日にしました。

古民家・中古住宅内覧、売却物件

古民家リフォームDIY

下の写真以降は視察の中古住宅視察となります。

敷地内分譲地の、

入り口チェーンが掛かっていましたが中に入れました。

建物ドアの鍵は2重ロック

住まなくなっていた板取の古民家見に行きました。
外観は先回見に行き、今回鍵を借り、
見せていただきました。

相続された方が売却とのお話です。
知人が購入検討する。古民家
玄関


平成5年の建物、別荘でなく、居宅用で建てた物のようです。
お一人暮らしのようで、相続で何年か空き家状態

家具家財は、そのままの状況です。

リビングルーム


敷地全体は、小ぶりな別荘地のようです。

洗面所


家具、家財もそのままの状況です。
現況での売却となり、手入れが必要でしょうが、
必要最低限で、補修が可能かを見ます。

風呂


お風呂は一坪タイプ広さはあります。


設備器具関係は再度点検が必要でしょう。

トイレ:ピンク?

個別浄化のようで、浄化槽ポンプも状況はわかりません。

(後ほどお聞きしましたが、トイレ汲み取りだとのことです。)


冷蔵庫は怖くて開けておりません。何が出るか

購入後のお楽しみ、これも付いています。

写真ではすぐに生活できそうな雰囲気でしょうが!

キッチン


写真ではわかりにくいですが、床には、
カメムシの死骸が無数に落ちています。

リビング


隣地の林から近く、光もさえぎっている為、
湿気も多くあるようです。

居住されなくなってからは、建物も早く傷みます。

キッチン流し


家具関係も使えるか、買主様のお考え次第でしょう。


クロスのボードにクラックも入ったところもあります。

クロス交換時パテ盛りで済みそうです。

ソファーもあります。


建具関係は、結構良い物が使用されているようです。


玄関の吹き抜けとなります。


壁で気になるのが、合板にクギで打ち付けている為、
クギの頭が浮いています、

昔の施工方法、合板の上から釘打ちのようです。

現在の壁・プラスターボードではない。

玄関吹き抜け


クギ頭は、ボードにパテ盛りしても、又浮き出てくるでしょう。
腰の高さより上まで、板を張ったほうが簡単のよう。


2階は洋室・和室2間が続きとなり、広く感じます。


年配者がお住まいだったのか、内装も荒れてはおりません。


ベランダに出て、デッキの真ん中の柱が下がっていることが
わかりました。ジャッキアップが必要です。


風も良く入りそうです。


隣の敷地の杉の木が高く、ベランダには、
多くの落ち葉が散乱しています。
この落ち葉で、樋も、詰まっている為、外壁にも
影響しています。


敷地に犬小屋、犬を飼っていたのでしょう。

兎かな!


もう一つの道路わき、ベランダ

壁は塗り直しをそろそろやらないと、限界のよう


敷地の庭、駐車場か、バーベキューガーデンになるのでしょう。


隣接の別荘かなり傷んでおります。

建物として居住できる状況ではないでしょう。


どの建物でも、傷みを手直しした形跡があります。

26年程の分譲地


共用通路は、アスファルトはされておません。
毎年、草刈が必要です。


ベランダ横が竹林と杉の木
立派な杉の木もあります。


樋が悪く壁にシミが出来ています。
常にしけった状況でしょうから、
今行えばまだ持つでしょうが、
このまま放置すれば、何年かで廃墟状況となるでしょう。

昔風の和室です。


照明も使えるでしょうが、
今はLED照明が主流


吹き抜け部分、綺麗に刷るには、安価でクロスが!
かなりの量をしめます。


電源30アンペア確認

通常であればこのアンペアで十分


別荘地に、この小屋が気になりました。
居室というより、物置(売り出し時の現地案内所では?)

参考建物でしょうか!サンプル


共同の水道のポンプ

水道は井戸ですが、分譲所有者の件数で割るようです。

電源ボックス(井戸用)


電柱、右はポンプ電源電柱


板取川はすぐ下に下りれば鮎釣りポイントあり最高

建物補修の主幹:外部特に屋根は、瓦漆喰の塗り替えが必要

場所により瓦の調整・樋の交換:鍵交換

外壁の塗り替え(どちらも足場が必要となるでしょう!足場の費用が必要)

風呂は塗装程度でも可能:床がタイルなので冷たくクッション系を張ると良い。風呂コーキングの打ち直し。

室内:塗装・クロス・玄関杉板でも張ると良いでしょう。(他ボードの調整)

器具:外部給湯器交換・浄化槽ポンプ!・エアコン一台設置好みによる

トイレ便器金物交換!・DK給水栓パッキン交換!・網戸張替え

敷地の清掃:砂利を入れれば良いかと思われます。草刈必至

2階には雨戸が無いタイプの窓でした、

網入りのガラスではありました。寒さは!

購入希望者様:暖炉を置きたいとのことでした。

また玄関を前に出したいとのご要望

ベランダテラスは屋根を大きく付けたい要望

基本的に居住用で作られた良い建物でした。

手入れ次第で居住として良好

解体すれば費用がかかります。今ならまだ使用できる建物でした。

この後戻り、いつもの川の鮎釣りポイントの

釣り師を見て状況確認

1匹を釣り上げたのを見て夕暮れを迎え、

5時頃小屋に戻り食事の用意、

鍋でロケットストーブで、おでんを、地元の方

2人を交え4人で、、焼肉も用意し、アジの干物がありました。

ウッドデッキにて、夜の10時まで、ストーブで檀を採りながら

薪をくべ、ファンヒーターもデッキに持ち出し

宴会、談話をしておりました。

話と焚物で忙しく、写真を撮るの忘れていました。

なかなか時間のたつのも忘れ楽しいひと時でした。

少し肌寒くはなりましたが、外でのBBQ宴会も良い物です。

古民家照明:LEDライト:テープライト

古民家リフォームDIY

本日の長良川

古民家デザイン照明

ウッドデッキテープライト

台風翌日

気づくと、台風後の雲一つない快晴


鮎釣りまだできている。
台風後なのに!


増水はしていませんでした。


一人頑張って友釣りされています。

この下流ではガリ釣り

上では翌朝には網を投げてみえる地元の方いました。


午前中は風がなく、午後からは強風で
断念されてみえました。

お聞きすると午前中釣果4匹だったそうです。


お昼には鍋きしめん小屋で作り持参ごちそうしました。
河原で鍋あたため、食事と日向ぼっこ

風はありましたが、温かい一日になり、

風はありましたが

河原で話も進みました。

話の成り行きで、夕方別荘を見に走りました。

この場所から20分程でしょうか!

その前に寄り道

蕨生から支流奥に入ったゲートボール場

けもの道のような登山道

中古住宅古民家を見に行く!

知人の友人が古民家を売りたいとのことで
鮎釣り常連さん興味があり見に行きました。


敷地境を見たり、屋根のいたみ具合を
見たり当然板取川までの距離20mを見たり

ここから郡上の釣り場までの距離(鮎釣り場)

も頭に入っていたようです。

隣接は大きな保養所のようです。


別荘用地分譲の区画のようです。

雪の重みで樋は傷んでいます。

日当たりの関係か外壁にもカビでしょうか!

そろそろ外壁も!手入れが必要!


奥には綺麗な別荘もありますが、
ここ何年かみえていない、

荒れ果てた建物もありました。

ここ近年の区画割りではないようです。


見た目では築40年くらいかなと常連さん

(後ほど確認すると築26年でした。)
5DK位建物も大きめかな!


中はわかりませんが、手入れは屋根・樋・外壁
落ち葉でかなりかな、

雨漏りがしていなければ良いが!

瓦も一部傷んできている部分もあるように見えます。

別荘で建てたというより通常の住宅仕様のようです。

まだ荷物も中にありそうです。

完全和風住宅!洋風にしたいとは言ってみえました。

パット見普通の住宅!よさそうにも見えますが。

別荘敷地内の共用通路のようです。

昔開発された別荘分譲のようです。


奥の2件は現在利用されているようです。

立派な別荘もあります。

こちらもお金かけていそうです。

裏には車が2台ほど置けそうです。

道路向側の杉の木の山、少し気にはなります、

日当たりの原因にはなります、幸い西日ともなり

夏の暑さはさえぎられそうですが!

今晩小屋お泊り、

古民家DIYデザインリフォーム
LEDテープライト、自作ウッドデッキに付けました。


これで足元まで、明かりで見えます。

ネット購入4000円10m物でライトでデザイン

おもしろくなりました。


外からの人は何をしているのかと
不気味にも見えると思います。
深夜の11時に出来上がって、明かりを付けていれば!

来客の方にも目立ちます。

秋のウッドデッキで、星でも見ながら何か出来そうです。

屋根のポリカトタン安っぽさは、多少我慢

電飾の色パターンは、変えられます。


冬の食材追加しました。
鍋の元・パスタの具・調味料等

翌日には今回台風19号の強風で、

洗面器バケツ・木材、ダンボール等

強風にあおられ飛散していました。

前の小川に落ちていたり、

長靴履いて撤去しました。

 

 


蕨生からの小道を車で一番奥に来ました。

電柱もこれ以降奥にはありません。
登山道?ここを歩く人は普通の登山と違うのでは?

名も無き登山道


でも名前あり、看板は設置されています。


ただでは帰らず、この近くで山菜あけび
持ち帰りました。
途中にはイノシシの罠が仕掛けられていました。

古民家DIY:自作ベットをソファー化ベット!

古民家デザインDIYで家具作り!
以前作りました、自作ベット
背もたれを付けて、一台をソファーに
仕立てました。

ベットとソファーで両立:時にベット、普段はソファー

自作ソファー作り!

最近は古民家に付くのが、夜となってしまいます。


ウッドデッキで、夜の空を見上げます。
今日は少し星が見えます。
明日の天気で、鮎釣りするかを考える!!!
静かなひと時を過ごします。


先日の高賀神社神水庵をタンクから
汲みだすタンクの位置を決めます。
灯油ポンプですが、水の汲み上げ用で使用します。

良いポンプが見つかりましたら、交換します。

飲み水料理には高賀神社神水庵これが良い!

灯油ポンプでペットボトルに移し変えたり、直接流したり!


洗面所にもタンクありますが、
これはただの水道水

下写真ポンプメーカーはわかりませんが、

タンクの水が半分以下になりますと、

汲み上げの力が無く1/3以下になると、

汲み上げが出来なくなります。能力の無いポンプでした。

給水下のスクリューは回って(電池はOK)動いています。

台所で使用する赤いポンプの音を聞いても全然力が違っていました。


こちらのタンクは非常用水道管凍結時で使用します。

冬対策の一つですが、冬の水道管凍結の場合水が出ないとき、

タンクから、100均ロートで、ボードに穴あけ、

直接トイレタンクに水を送ります。

今まで水道管凍結で水道水が出ないとき

今まで3回程ありました。

空き家にすると、凍結は突然やってきます。


今シーズン初期に2台のベットを2×4で作りましたが仕上げはまだです。

来客の方、以前にベットで寝て頂きました。
今回ベットの外枠を利用して、
ベットで使うことも、背もたれ付ければ
ソファーとして使用できるよう加工しました。


昔の使用しなくなった子供の2段ベットの

手すりを利用し
背もたれとして加工しました。


取付位置を決めて、裏に2×4材を固定します。

背もたれ柱のささえになります。

クランプで押さえて、ビス4本で留めました。


背もたれの固定は、斜めに木片をカットし
何度か材料を当て角度を決めます。


木片間隔をあけます。


試しに角度を見ます。


横に背もたれが外れないよう
板で囲います。
この間に背もたれの足を差し込みます。


抜けるようにもしておかないと、
ベットに変更できなくなります。

この板の間部分に背もたれを差し込むだけの構造です。


今度は背もたれを付けましたが、
高さ、間隔をどの位置にするか、
また、右左の高さを同じ高さにします。


仮に置いてみます。


背もたれ板の固定はダボ穴で、ビスを隠します。


使用する道具を置いてみました。


出来上がったと思いますが、
最後に外枠の収まりが、

怪我をしないよう角を削るか、当て木をするか
まだ迷っています、

塗装と角の収まり部分の加工を後日検討します。


床面、座部にマットを置いて試してみます。

クッション材:布団用マット・古いものですが!


背もたれの強度は何とか良さそうです。

強度が足りないようであれば、柱押さえを、追加します。

背もたれにもマットが欲しくなるか!銀マットでも考えます。


普通のジュウタンの上の敷物ですが、掛けてみました。


敷物サイズが丁度良いようです。

もちろんキャスターが付けてあります。

移動はしやすい。


雰囲気を見るので、持ち込んでいた
クッションを置いてみました。

4人掛けのソファーでしょうか!

お泊りが無いときは、この状態で、ソファーで使用します。


もう一台のベットは、宿泊者がみえるときはベット使用

普段棚として使用します。


ソファー完成したことにしておきます。手直しはあります。

雰囲気の良いジュウタンが入ったら掛けなおします。


本日の鮎釣り

気温は10月というのにまだ暑く
水は減水となり、
当日朝には投網を朝早くにしていたこと
後ほど聞きましたが、
減水のため網も出しやすかったと思います。


粘ってみましたが、キャッチミスも1匹あり
3匹の収穫となりました。


常連さんは7匹とのこと、腕が違う
やはりガリ釣りと網により
場があれているようです。

常連さんの一人は、ガリ釣りの針が足に掛かり、

からまって取るにも大変だったようです。


帰りの前に、真っ暗になり、焚火しながら、
お話していると、軽自動車が暗がりに見えたと
思うと、網を抱え上の背に入っていきました。

早く帰ると、渋滞となります、真っ暗の中、

鮎釣り、人生談義をして、焚き火が消えるまで、

ゆっくりして帰ります。

日が陰ると急に寒く感じられジャンバーを羽織

焚き火を囲んでいます。


段々夕暮れが寂しく感じます。

日が落ちるのも早くなりました。


しかし、今年は10月に入っても
まだ鮎が若いようです。
例年ですと、オスとメスがはっきり
分かり、錆びた色合いになりますが

今年は、天気も暑さもおかしいのもあるのだろうと
お話をしていました。

本日長良川新美濃橋でも多数の方が鮎釣りして見えました。

古民家DIY:高賀神社水

夕方6時過ぎ
間に合うかと高賀神社へ
高賀神社神水庵
水汲み20リットルタンク4個を
トランクに着夕方6時10分でした。

高賀水汲みは午後6時30分で閉鎖されます。

水汲み後、河原にすでに暗がりの中常連さんが2台

本日釣果を聞き、お話を2時間程していました。

今日は何処かでお泊りされるようです。

お一人は鮎20匹程釣られたようです?

状況は天気もよく良かったということでしょう。

私は古民家お泊り:翌日の朝ごはんの用意と、

翌日河原でと思い鍋を用意しました。

高賀神社神水庵タンクからペットボトルに

入れた水を冷凍庫にもセットしました。


タンクで台所も狭くなります。


翌日は雨が降ると鮎釣り期待をせず

朝起きると雲はあるが午前中は
曇りで釣りができると7時に起きました。


川に行くといつもの常連さん車3台程すでに
竿を出されている方もみえ
囮屋へ親を買いに行き
鮎釣り竿出しが8時45分
前回と変わらない時間

5台ほどの中一番遅れての竿出し!


午前中で6匹最後に
キャッチミスが1回
対岸の栗の木の枝にかかり、親が宙ぶらりん
親回収も、手で握った糸がするりと通り抜け
午前中2匹を失う!


お昼は前日に鍋を用意した
名古屋名物きしめんを入れ
4人前位の量を7人程に振る舞い
いただきました。

おいしかったと喜ばれました。皆さん見ていると

愛妻のおにぎりをほおばることでお腹を満たしているようです。

コンロ鍋を持ち込み暖めたお鍋を少しずつでも食べれば

食が進み息抜きができます。


午後から川は入るも
掛かりは渋く追いも浅いためか
針ばれ等もあり
4匹を追加し
10匹で終了
9月迄は囮屋も親を置くが

明後日の10月で終了
本日が友釣りが最終となります。


次回からは、また、古民家再生に励むこととなります。

追記:常連さんの中には、ガリ釣りで親を取り、

10月も友釣りをする方もみえるようです。


近年では20リットルタンクの持ち運びが重く
感じられます。
今年10リットルタンクを2個購入しました。

古民家リフォーム:鮎釣り

古民家リフォーム

DIYする時間もほしい。
夜12時着:明日の鮎釣りの為に寝る
明日の台風予報が気になりながらも!

朝目が覚めると6時前、もう一時間してからと思い
すでに8時になっていました。


慌てて近場の釣り場に付き
川を眺めてから、知人とお話、

おとり鮎親を買いに走り
釣り始めが9時となってしまった。
2度寝反省!


朝一の追いをヒットできず、
粘って午前で4匹


遅めのお昼を、味噌煮込みうどん

コールマンシングルバーナーで鍋に湯を沸かし調理
インスタントではあるが、具もなくいただき
再度川へ:温かい物が欲しい時期


午後からの釣果も悪く2匹を追加して
4時には終了、
終了と同時に、雨もパラツキ
時折強く降るも
川で知り合った、常連さんと

車のそばで、鮎談義
1時間楽しいお話をしておりました。


6時古民家に戻り、シャワーを浴びて
ラーメンを食し、
明日は、釣りをするか、台風で釣りにならないか
本日の体力と、現在の雨を考え
明日は家族サービスと思い帰路と判断し
帰りに、知人の家に鮎を届けて
次回の古民家改装を目指します。

釣果:午前中4匹、午後2匹

反省:一箇所に粘りすぎたようです。

常連さんは15匹と私の倍以上

川を知る、鮎を知る。

お話では、水温の変化を見逃さない、

水温が変わると鮎がトロ場から駆け上がってくる。

ハンで来る、そのタイミング

一つのねらい目

川には5時過ぎまで頑張って2人、入ってみえました。それぞれ2匹位は掛かっているようでした、但し、雨の中での釣りカッパ着用

古民家DIY:DK棚作り:鮎釣り終盤

古民家リフォーム

台所窓に棚板作り、
少しの時間で作ります。
鮎釣り終盤:忙しい
追いはよくなりだした!

友釣り専用区は無くなり、
がり釣り・あみが始まります。


減水のため入りやすくはなりました。


結構釣り師が入ります。
新美濃橋もここ一番の鮎釣り師が
川に竿持ち、多くの人が並んでいました。

道の駅:にわか茶屋があります。


窓が殺風景なので、
棚板を作ります。


板を固定しビス止めします。
板は1×4材

90度クランプで固定しビス止め!


1×4材板は安価です、

但し、板がうねっているため、
どうしても、納得いかない部分があります。


棚板の結束に波釘、初めて使用します。

強度を持たせるため今まで作った棚板に打ち込みします。


イメージでカットした板を置いてみます。


軽い物しか置けないため、

特別強度がいる部分ではありませんが、

窓のカギだけは使用できるよう、

位置を確定します。


板には白いペイントしました。

キッチン明るく見えたほうが良いかと白色

手入れが大変かは後ほどわかります。


お試しに物を置いてみました。

板に奥行きがあると良いのですが、

幅の厚い板を使うと水道蛇口、

ガスコンロの火が心配となります。


まあまあ、こんな感じかな!


ロールカーテンは、以前に付けています。
多少隠せるようです。

生活感バリバリなので、ロールカーテンあると違います。

実は冬の寒さの防寒の為に、

ロールカーテンを付けました。


二枚の板のつなぎに波釘、使用しましたが、
1×4材が割れそうです、ワンランクサイズ下のを使用した方が
良いのかもしれません。

ビス頭も、ダボ穴で後ほど隠すかな!

棚板:何れ板に化粧をどうするか考えます。

鮎釣り:毎年のように、毎週川原にみえていた方々

地元の方の紹介でお会いしました。
ここのところの大雨で、釣れない状況で、

やめていたそうです。

今年の7月梅雨の長さ、8月台風の多い年で、

入川減ってはいたそうです。

毎年:毎週のようにみえて、

(遠方から、2時間半かかる方も!)

夜は焚火で
食事、酒盛り、夜明けになって鮎釣り
本日もお泊り:3日間車中泊のようです。

夜に鍋料理作って持参し喜ばれました。

よもや話で花が咲きます。

皆さま体力がある方たちですが

夜は早く寝られます、車中泊!

焚き火参加させて頂きました。

私は古民家リフォーム小屋で寝ます。

翌日鮎釣り向かい合わせで、見せて頂きました。

型の良い鮎を釣ってみえました。

瀬釣り狙いが良いのでしょう!

皆様やはりお上手です。鮎釣り勉強になりました。

楽しく過ごせました。ありがとうございました。

翌週もお誘いいただきました。


9月にしては今日の日差しは強く、

パラソルの花が咲きます。本日暑くなりました。

淵狙いの方、ガリ釣りと友釣り!


雲一つない秋空


青と緑のコントラスト、空と山
思わず写真を撮りました。

ちなみに私の鮎釣りは!

一日入りました、朝5:30より

9匹となりました。

二桁はいきたかった。もっと勉強します。

(親子どんぶり、大きめ鮎も混じり身切れ針ばれ等)

古民家再生DIY:秋空なのか!

古民家:秋模様!9月!

古民家リフォームには良い季節となります。

暑くなく、寒くもなく良い時期に!

暑さはまだまだありますが、
朝起きて、いつものウグイスの声が聴けません。

セミの声は聞こえます。

季節も秋に変わり始めなのでしょう。


本日ほぼ写真撮るのを忘れていました。
鮎釣り午前中、川に入りましたが、
釣れません(1匹)
型も小さくこれがこの時期の鮎なのか!

網が解禁になり専用区では8時過ぎ人が多く

断念して、型狙いと思い

お盆以後網解禁を覚悟で入川してみたも、釣れません、

鮎は辺地にはいましたが、

おびえてか、一部群れをなしているだけ。

もっと上流の竿抜けを狙わないと、

駄目なのか、専用区なのか!

午前中で、心が折れました、まだまだBBQキャンパーはみえました。


増水続きで今年は鮎もおかしく感じます。
川原で庭に撒く砂利を夕方取りに行きました。

古民家再生DIY

古民家DIY
棚付け!(子供のデスクのブック棚付けました。)
プラスティックボックス
古民家再生DIY

板取川でバーベキュー

プラスティックボックス(自宅の処分品)

持ち込みました。

プラボックスカウンター高さで一段減らしました。

ゴミ箱もここに用意するか考えます。


下に洋服掛けのパイプを付けるか!

位置が低いか考え直しております。

今日は川遊び・鮎釣り・高水です。

釣れません。川を渡る体力もいります。

橋の周りに誰もいません。釣り師だけ、高水


釣り師はいます。


タープで日陰 BBQ

お昼に焼肉:スパゲッティ:ラーメン

何故だかタープのパイプが裂けてしまいました。
ボンドで治るだろうか?

オレンジのゴム紐が見えます。

折れるならわかるが、裂けるように割れてます。
一応接着してみます。安価なタープ!


先週除草剤撒きました。
少しかかっていなかった部分に再度除草剤散布

まだ庭に砂利を入れたい。


いつでもここの小川、水は綺麗です。

大水でもここでにごった水を見たことがありません。

増水しても、何時見ても泥が流れるところを見たことありません。


台風後の屋根が気になります。

帰りの信号渋滞を避け、裏道から抜けました。

この時期は観光とデイキャンパーが多いです。

夕方:道の駅1Kmの看板:帰り道