古民家解体は続く!天井裏:スズメバチの巣

岐阜県古民家再生冬でもやります。

古民家DIY

古民家まるごと自分でリフォーム

押入れ解体をすると、長らく使用されていない、

古民家はよくあるようです。

スズメバチの巣が、

6個目、中は幼虫は冬にはいません。

袋に入れ、片付けます。

スズメバチの巣

 

 

 

 

 

 

 

スズメバチの巣があることは、

何処かに出入り口があることです。

 立派な巣です。春にはまた来る可能性があります。撤去

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

押入れ天井裏・静かな場所なのか、

蜂も過ごしやすいのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

解体は進みます。斜めの筋交いは取ってはいけません。

建物がひずみます。

 

 

 

 

 

 

 

コンセント天井からの線を引き増設しました。

引込み線は前回工事業者さんから中部電力へ申請され、容量も上げました。

(10万円程の電気工事費となりました。)

コンセントをつけていきます。

 

 

 

 

 

 

 

コンセントは当初に多めに予定しました。

 

断熱材脱衣場になるため中壁にも貼りました。

 

 

 

 

 

 

 

ここに断熱材が必要だったかわかりませんが入れてみました。

壁の下地が薄いので、断熱材がパンパンに膨らみました。

 

 

 

 

 

 

 

スズメバチの巣嫌いになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここにもコンセント増設しました。風呂場の前でドライヤー用となるかと用意!

ボードにコンセント追加

 

 

 

 

 

岐阜県長良川・板取川でDIY

寒さに耐えながらのソロキャンプの気分です。

岐阜県古民家から雪だより:雪情報:古民家改装DIY

古民家まるごと自分でリフォーム

岐阜県関市・美濃市古民家:リノベーション
室内暖かくしてリフォーム一人でします。
建築工務店ではありません。

古民家DIY

古民家雪だより:朝起きると

 

 

今回雪の情報となってしまいます。
珪藻土1室を9割程塗り終わりました。

 

前日夜10時頃雪がチラつくと思っていたら、
翌日朝には一面雪でした。
夜中に寒さが感じられると思っていましたが・・・

朝から珪藻土塗り

木枠を他の色で塗ると締まって感じるだろうが、
今後どうするかの楽しみ

木は、棚を付ける為に、用意しました。

お風呂場前の珪藻土

 

 

 

上と下、珪藻土の色が違って見えます。

練った時の、カラーの量に違いが出たか!

 

キッチンカウンターが工具置き場

 

カフェ風キッチンカウンター

リフォーム始めた頃を思えば!

まだまだ隙間が多いようですが、

当初とは断熱効果も違ってきました。

断熱材のおかげです。

キッチン裏側:珪藻土練った材料がなくなりました。
次回に残りを塗ります。練るのが手間です。

天井に珪藻土塗りは一先ず終了

 

ステンレスのはしごの柱部分:枠を塗るか、色は?

悩みます。
天井板の吊っていた梁を取りました。スッキリしました。

 

柱横の電気スイッチ・ケーブル

電気コードをどのように隠すか考えております。

折りたたみドアの枠を防水材の板を貼る予定です。

木の色の段差は防腐剤の色です。

風呂場床も張りました。

 

クッションフロアーの下に

アルミのクッション材をしきました。

脱衣部分温かみを感じます。

脱衣場にクッション材

 

段々調整や目隠し、隅切り等の作業に変わってきます。

壁一面塗りあがってほっとしました。

壁一面珪藻土

 

取壊し予定の旧トイレ撤去と手洗いを交換したいと思います。
洗面手洗い場として使用したいと考えます。
蛇口を替え、手洗い陶器
雰囲気の良いものをさがさなくては!

トイレはまだまだ後回し

 

以降は雪景色の写真です。

雪景色:昨日夜は10時頃にちらついた程度が朝は・・

 

エアコン室外機の上に積もった雪一晩です。

朝は車のわだちが出来るほどの雪

 

周りの家では、ガレージ屋根があるわけです。

 

まだ、凍ってはいなかったので、払い落として
走れます。

 

スタッドレスタイヤで走れる状況です。

 

朝の写真ですが、空は暗くも感じます。

 

始めた頃と違って、室内断熱材、隙間風がなくなり、

室内暖かく感じました。

エアコンと石油ファンヒーター持込で、室内は大丈夫!

薪ストーブ:暖炉がほしくなります。

 

差込道路も、雪で段差がわかりずらい

 

 



ホタルの里公園の雪です。


長良川・板取川 ホタルの里公園

岐阜県古民家再生DIYこんな時もあり

帰りの道はこのあたり凍っています。

中古住宅購入リフォーム再生別荘に!

冬でも一人で古民家DIY:壁珪藻土塗り

古民家再生風呂場パネル貼り:キッチン解体

岐阜県:古民家再生DIY

古民家まるごと自分でリフォーム

素人が手がけて風呂のリフォームこの位でご勘弁

設計図面を作っていないので、少しずつ、解体しながらが面倒です。

お風呂場狭いままですが、パネルで防水します。

風呂場パネル張りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キッチンとリビングを繋がったように見えるよう、壁を解体しました。

カウンター風対面考えて、高さを考える

 

 

 

 

 

 

 

プリントボード5mm程度の壁でしたから、ボードの撤去は簡単ですが、中のプラスターボードはほこりが舞います。工具カットソーという、

最近の工具にて、ボード固定に柱きわにはクギがあります。クギをカットするのに、カットソーで切ります。

 

 

 

 

 

 

柱筋交いの状態が見え出します。

風呂場の壁がだいたい出来ました。天井は最後となります。

古民家DIY:風呂場のパネル張り

防水コーキング

キッチン・風呂・配管器具:天井屋根裏スズメバチの巣

岐阜県美濃市古民家再生DIY

古民家まるごと自分でリフォーム

カメラを忘れていましたのでまとめて画像を上げます。

給水管・給湯工事

給水管の位置が気になりますが、流しの高さからこの位置しかありません。

 

給湯・吸水配管

 

 

 

 

 

 

シャワー器具はネットで購入

シャワー固定

 

 

高級品ではありませんが、・・必要最小限の器具は付けました。

 

 

 

 

 

 

 

風呂パネル貼り、カットサイズを間違えたり、左右でサイズが違ったり、細かく寸法を測る事が重要でした。

排水は何とかよさそうでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

コーキング

 

 

 

 

風呂場の裏は、まだここまでです。

壁に屋根裏からコンセント配線通します。

 

 

 

 

 

 

 

流しの水洗、ホームセンターで購入

 

 

 

 

 

 

 

冬の寒さ対策が必要です。

改装中に寝泊りしましたが、凍えていました。

古民家は隙間風だらけ

キッチン上の天井にスズメバチの巣が!ビビリましたが今は冬

 

 

 

 

 

 

 

屋根裏には何がいるか、わからない。

生で見るのは初めて、スズメバチの巣

 

 

スズメバチの巣を取りました。キッチン天井にあり

 

何処かに入る隙間がある。

昔ながらの木造住宅、屋根裏は風通しのある、虫には良い部屋となります。

 

天井・壁を工事するため脚立用意しました。ネットで購入しました。

脚立を置いたら狭い

屋根裏は、くもの巣だらけ!

屋根裏構造確認

 

 

 

 

 

 

 

断熱材ここにも敷きました。キッチン天井部

 

断熱材風呂場の天井にも

 

 

 

 

 

 

 

旧風呂場の入り口ボードでふさぎます。

 

 

 

 

 

 

 

給湯器のスイッチ、給水管の取付け業者さんお願いしました。

ガスはプロパンの為、基本料金に含まれ、ガス工事は契約会社がされます。

配管の隠し方を考えます。

 

 

 

 

 

 

プリント合板を取りました。

 

風呂場の照明器具交換しました。

なかなか良い証明がなくて

 

 

 

 

 

 

 

 

夜は冷えてきます。まだ解体もあり隙間が多い為

浴室の折り戸何とか付きました。

 

 

 

 

 

 

 

水平・垂直を気にしながら、折り戸に挑戦:防水塗料を忘れないよう

風呂場の建具・折り戸付けました。

古民家再生リノベーション

風呂パネル貼り!:中古住宅古民家再生

古民家まるごと自分でリフォーム

中古住宅購入リフォーム再生別荘に!

古民家再生風呂場を生かして、パネル貼り!

お風呂のリフォームパネル張り

自力で古民家再生計画

風呂場にパネル

キッチンパネル・アルミパネルを張りました。

 

 

 

 

 

 

 

白いパネルを貼ります。

防水シートを貼っておくべきでした。

 

 

 

 

 

 

 

タイル部分にパネル貼り、目地を埋めれば!

 

 

 

 

 

 

 

補強を考えながら、下地を作ります。

風呂場の裏側となります。

 

 

 

 

 

 

 

防水に不安もありますが、簡単にパネルにて施工しました。

近くの温泉に入るのと、夏はシャワーで終わらせるかと思い。

古民家DIY:風呂場壁起こし!

古民家まるごと自分でリフォーム

中古住宅古民家再生:水周りから始めます。

お風呂にはまだ入れません。近くの武芸川温泉に通います。

岐阜県:古民家再生:日曜大工:一人DIY

 

風呂場の枠を作りました。

 

 

 

 

 

 

 

防水用シートを貼ります。その後パネル貼り

 

 

 

 

 

 

 

剥がした後は、また貼らないといけない。

器具付・洗面・トイレ

 

 

 

 

 

 

 

トイレ洗面設置が決まりました。

そろそろ部屋の解体を始めます。

押入れからまた、解体始めます。

 

 

 

 

 

 

古民家再生DIY

クロス内装:パネル貼り:木工事:キッチン

中古住宅古民家再生:

インスペクション関係ない:DIYで!

不動産業界:インスペクションと言う言葉が出だしました。

(建物の悪いところ、気になるところの補修等を見つけ出す。)

パネル貼り:風呂クロス内装貼り:風呂場木工事:キッチン解体

タイル部分もクロス張りました。

 

 

 

 

 

 

 

腰下はブルーのタイルでしたが、目地にパテを塗り、白いクロスを貼りました。

床には、ボンド付けで、クッションフロアー木目調を張りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今度は風呂場の内装です。今までのキッチン出入りの、

引き戸部分に水が流れないように、防水のシートと木枠を作っておきます。

風呂場のプリント合板気になります。

キッチンパネル、バスパネルを壁に貼り付けます。

パネル用ボンドで一気に貼り付けます。

風呂の折り戸を付ける部分

 

 

 

 

 

 

 

白いキッチンパネルを持ち込みました。

車に入るサイズ1800mmのボードでしたので

上のサイズが足りません。

わかってはいましたが、ここは継ぎはぎとなります。

ロングトラック欲しくなります。(又は、軽トラックでもほしい)

 

風呂場の折り戸が奥に見えますが、

乗用車のワンボックスに入りました。

ネットで購入しました。

今までの風呂の出入り口

これも自力で取り付けます。

 

 

 

 

 

 

下記写真は今までのお風呂場となります。

 

 

 

 

 

 

 

古民家まるごと自分でリフォーム

洗面所クロス貼り:タイルパテ仕上げ!

中古住宅購入リフォーム再生別荘に!

岐阜県関市:美濃市長良川・板取川から

リノベーション:リフォーム:デザイン住宅

冬の古民家再生は寂しくなります。夜更けるのも早いです。

洗面所:プラスターボードにクロスを貼りました。

床はクッションフロアー

風呂場解体清掃:壁電気工事:クロス貼り

世間はクリスマス

プラスターボードの上から、クロスを貼りました。

クロスを張るとイメージが変わります。

タイルにも細工をします。

   一人DIYを楽しんでおります。

タイルパテ盛りします。

給排水設備は、大体取付けできるようになって来ました。

風呂場解体:ブロック解体:天井確認

古民家再生自分でリフォーム

解体:工具はバールと電動ハツリ機:大ハンマー

ハンマー・たがね

次から次えと解体場所が増えていきます。

風呂場のハツリ終了

風呂場天井覗きます。

ハツリは大体終了

天井を覗きます。

外部配管:内装壁めくり、配線状況確認します。

給湯器も使えないようです。

 

 

 

 

 

 

 

斜めの板は重要な筋交いです。撤去できない部分となります。

後ほど耐震金物で固定します。

建物構造を見ます。

古民家再生DIY

風呂場・キッチン壁解体:洗面所施工

岐阜県古民家再生DIYリノベーション

古民家解体

中古住宅を改装:リフォーム

ハツリ機にてブロック解体

風呂場の入り口を移動

 

 

 

 

 

 

 

ブロックの解体

解体も手間ですが、処分の運び出しが大変です。

脱衣から風呂場の入り口となります。

高土台として横に土台がブロックの上に横たわっています。

これも、バラシ撤去します。

少しの面積と思いますが、やってみるときつい

結構粉塵との戦いとなりました。

風呂の今までの出入り口

 

 

 

 

 

 

 

あちこち壊しながらの作業となります。キッチン部分

少しずつ壊しながら、下地が何で作られているか、

柱は、どの位置にあるのか見ながら進めます。

通路側に脱衣を移動します。

壁に断熱材を入れるか考えます。

 

 

 

 

 

 

 

現況の電気のコードを見落とさないよう!

洗面所となる壁にプラスターボード(石膏で固めたボード張り)

壁にプラスターボードを貼ります。

厚みは最低の9mmにしました。厚いと加工が大変です。

多少の断熱にもなるかな?

断熱材を入れえると良いのですが、壁に厚みがないようで、

そのままボードを張りました。

壁にプラスターボード張りました。

 

配線を考えて!

コンセント・スイッチ新設の位置を考えて穴も開けておきます。

配線は事前に通しておきます。

天井までは手を付ける時間がありません。

素人が古民家再生DIYしています。

洗面所・トイレ:自力で内装改装

中古住宅古民家再生DIY

購入後何週もたっていませんが、自力で古民家再生と思っていますが、

給排水の配管はお願いしました。

役所に聞くと地元の業者で工事をと言われました。

しかし、工事業者は、資格があれば、日本全国どこでもできるはず。

おかしな事を言われます。

凍結や水漏れに対応できる配管工事が必要と思い立ちました。

自力で内部内装の工事は行っています。

冬に向かっているので早めの工事

工事業者さんの都合にて木工事進めないと、

日当がかさみますので、至急作り終えました。

床コンパネの上にクッションフロアー張りました。

 

 

 

 

 

 

 

急いで床作り、何とか仕上げようかと思います。

本管へのつなぎがまだまだ先となります。

勝手口はそのまま残します。

勝手口は残しました。しばらくは出入りは勝手口となります。

壁のタイルも何か考えます。

 

 

 

 

 

 

 

内部床は合板です。後で思うと床下に断熱材を入れておけばと思いました。

(プラスティックボード:よくある梱包用で使用されます。発泡スチロールの板)

洗面所は外壁もトタンが1枚で建物本体でなく

増築部分と思われます。

外の配管はここを通します。

外の配管は業者にお願いしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

風呂場の入り口変更をします。

キッチンからの風呂・脱衣場がありません。

 

 

 

 

 

 

 

脱衣所部分が、DKになっている為、女性には無理なお風呂

ガラス引き戸が一枚で中が見えてしまいます。

お風呂場ですから、防水も必要ですし、壁を起こさなくてはなりません。

材料等もホームセンターで仕入れます。

配達していただける所も知りません。苦労の連続かと思いますが、

できた時の楽しみと思い、ガンバルゾーの一言

洗面所・トイレ・風呂場の解体と施工始めます。

古民家再生計画DIY

冬に始める一人DIY何となく寂しく感じます。

水周り改装

洗面所・洗濯機置き場・トイレリフォーム

洗濯機置かれていた部分

すぐにトイレが使えるわけではありません。

今までの洗面ユニット・洗濯機撤去処分しました。床を作ります、

勝手口の土間となっていました。

天上高さがありませんので控えめの床上げとなります。

洗面所

床を作ります。

使用工具:丸のこ、電動ドリルドライバー、バール、

土台として杉木材を組んでいきます。

配水管は工事業者にお願いしました。

外配管を用意・床タイルでしたのでそのまま

床材を張りました。

杉の木の角材3m物をホームセンターにて購入
下がタイルですので、基礎は作りません。
建築金物で土台となる杉の木を止めました。
耐震金物で土台を固定します。

洗面・トイレ部分となります。

工具:ホルソー・ボンド・クッションフロアー・カッター
風呂場、浴槽を変えたいと思いましたが、予算の都合上
時間との兼ね合いで後々?

リフォーム・リノベーション

素人古民家再生DIY自力で始めます。

知らない土地での古民家再生DIY

建物改装前・処分荷物排出

みずほフォーラム:古民家再生DIYリフォーム始めます。

岐阜県・長良川・板取川近くの古民家再生・リフォーム手がけます。

リノベーションとかデザイン住宅とか言われる時代に自力でDIY

内部の荷物撤去しました。別荘風に改装できるのか?

特に良い材料が使われているわけでもないようですが。

昔ながらの普通の木造平屋建ての住宅です。

荷物を撤去した状態となります。

 

 

 

 

 

 

 

現況板の間一部ありますが、昔は和室の作りのようです。

玄関から2室の通路となります。

一棟の建物にもう一棟の建物を増築したようで、玄関が狭く無理やり板を置いて

行き来していたようです。

 

勝手口の洗面・洗濯場

 

通路は狭く、日の光が入りません。

 

 

 

 

(続きを読む…)