月別アーカイブ: 12月, 2019

古民家DIY:年の瀬:しめ縄:清掃:スチーム洗浄

古民家DIY

室内360度カメラ

年の瀬:しめ縄:スチーム洗浄

下記古民家360度カメラ画像

R0010354

セスキ炭酸ソーダ:お掃除には効果あり

ロールカーテン・ブラインドの清掃


年の瀬:掃除をしようと思い
スチーム洗浄機持ち込みました。


ロールカーテンの洗浄


20年以上前のロールカーテン
黄ばみ・シミを落ちるかスチームで洗浄


終わってみてかなり汚れが落ちたと思われます。

残ったシミもありそうです。


乾いていないので、乾いてから見てみます。


夜更かしで、よる遅くに空を見上げ
今日は星が雲もなく綺麗に見えます。


鍋・釜も洗浄をしますが、
以前に購入した、セスキ炭酸ソーダ
探し出し、使用していきます。

掃除には効果大です。


もう一つ、掃除には重曹をよく使用するのですが
無くなってしまったのか、見当たりません。

朝起きますと、プラダンの断熱効果があったのでしょう、
ガラスに霜が付いていません。


プラダンには霜は付いていませんでしたが、
アルミのサッシ枠には、
霜が付いています。
2重窓をやはり考えるか・・・


霜は各所のアルミ窓枠にあります。


清掃・スチーム洗浄します。

外の窓です。窓枠のゴムの汚れ取り


霧のように周りは、ほんわかと、水滴でぼけます。


天気が良いので、布団を干します。

30年以上前のブラインドの清掃

ブラインド、枠から外し、床に置いてスチーム洗浄
セスキ炭酸ソーダを吹き付けてはいます。

手ごわい相手です。最後はやはりウエスでふき取ります。


スチームを当てて比較しますと、
左右・とんでもなく綺麗になっているのがわかります。


ロールカーテン:
スチーム洗浄にて、カーテンシミを取ります。


昨年の年の瀬に、付けましたしめ縄

今年のしめ縄一年ありがとう


DIYの今年のしめ縄はこれです。


令和二年目よろしくお願いします。


またまた、庭に撒く川原の砂利を拾いにきました。


近所の方も車で入ってみえたので、
聞いてみましたが、庭にバケツ2杯程の
砂利を取りに来たそうでした。


私7袋の砂利を土嚢袋に詰め放題!

砂利を詰めすぎますと
車に持ち上げ乗せるのが結構きつく感じます。

昨日もお泊りキャンパー沢山みえていました。
夜の明かりでしたが・・・


川は今も、減水と、静かだと感じます。


砂利を庭に撒きました、
草が生えないようにと対策ですが、
まだまだ入れないと効果が薄い。

以前より大き目の砂利を入れました。

細かい砂利ですと、靴底に付いてしまい、

ウッドデッキにまで散らばります。

ここは、来年土をまだまだ欠きだします。


鍋・やかんのスス取り、
セスキ炭酸ソーダを吹き付け、
ケレンの工具で、削り取り
スチームで、やっとの思い。


30年使用の鍋ですが、かなりこびりついています。
キャンプ仕様で使っていた鍋です。
ススが取れないと思い放置して使用していました。


少しずつですが、よごれ取れていきます。

古民家DIY、3年が過ぎ!

当初は隙間風で寝られない日がよくありました。


やっとここまでと、ケガもなく進めれたこと
感謝しながら、来年も頑張るぞ!

写真少しボケていますが、ご了承ください。

コンパクトデジカメで、フラッシュが弱いです。

シャッタースピードの調整でしょうか?

暗くなるのも冬で、はやくなりました。

一応古民家年の瀬で出来ますこと今年は終了

来年も、お泊りで鮎釣りするぞ


外を見ながら、古民家購入後、何かと思い出します。

以前の360度カメラ写真あまり変わっていませんが・・・

写真どの色がお好き!

下記古民家360度カメラ画像

R0010351

R0010351

R0010354

R0010354

少し室内赤は、恥ずかしい想いもします。

夜のクラブかキャバレーの様でしょうか!

R0010355

R0010355

 

古民家DIY:年の瀬支度:正月・クリスマス前に!

古民家DIYビフォーアフター
道の駅にわか茶屋(改装中)
イナバ物置メンテナンス
押し入れブラインドの位置変更
自作昇降ステンレスハンガー掛け移動

布団かけ来客用
お昼に来客ご飯作り
ロケットストーブで調理
川原で砂利拾い!
庭の残材焼却処分
お正月を迎えます。
清掃片付け!
にわか茶屋に和紙デザイン人形?正月飾り?

夜にこの部屋をどのように片付けるか考えていました。

ロールカーテンの高さブラインドの高さが

バランス納得いかない。


布団を片付けたい。


ロールカーテンとブラインドの高さが左右違うため違和感


納得していなかったので高さ変更します。


片付かない荷物整理
旧型の石油ストーブ氷点下の時には
使用する可能性があり、いつでも使用できるよう
用意はしてあります。

灯油のファンヒーターもこの部屋に用意してあります。

冬支度の断熱

自作ベットアンドソファーを何処に置くか
迷っております。部屋は広くはない。

朝起きると、ウッドデッキ屋根に
雨降りでないのに、水滴
冷気で梅雨が(水滴が)トタン下に
水滴出来ており、雫か足れ落ちたりします。


あちこちトタン屋根を見て
水の流れるところを見て
何か方法がないのか考えます。

屋根勾配は、瓦屋根の下からの勾配で

高さが無い為勾配はさほど取ってありません。

これも原因の一つとも思われます。


塗装をしておかないと材木が腐るか?


今から塗るのも大変か!


この冬はやむおえないか!

翌日朝から、ブラインドの高さを見ます。


ロールカーテンの位置まで下げるか!


ブラインド下げてみました。


この方がロールカーテンとブラインドの

水平ラインでバランスが良さそうです。


今度はステンレスハンガーが、

(本当は物干しです。)

目立ちすぎるため
位置を変えたくなりました。


下から滑車でステンレスパイプを
上げ下げが出来るようにしていますが、
固定の位置を今までより奥に
大きな梁に固定しました。


布団をぶら下げて試しました。


冬の寒さには、カーテンの内側で
寒さ対策にもなりそうな気がします。


もう一台のベットも、横に立てて本棚風、

スペースを取りました。


布団ハンガーの前に手作り
ソファーアンドベットを
置きました。

吊るした布団あまり邪魔にはならないようです。

川原へ庭に撒く砂利を取りに来ました。

ホタルの里公園には、キャンプ昨日からお泊りの方

たくさんのテントが設営されてみえました。

ソロキャンプも多く大人の秘密基地の感覚

でも、ソロでなくにぎやかそうでした。

こちらは、大人の隠れ家・リフォームDIY


土嚢詰め一袋30Kg程でしょうか、休憩しながら、

土嚢袋に7袋詰め車でお持ち帰り

車高、車が沈みます。


冬の川は綺麗です。
冬は虫が少ない為、水が綺麗だといわれます。

BBQキャンプの始まり!

朝から地元来客一人と同伴していましたが、
お客様と食事、お友達も一人来客
マーボー豆腐と鍋をごちそうしました。
地元の方よりみかんを頂きました。


調理中の写真がありません、残ったマーボー豆腐の写真です。


ロケットストーブで追加の鍋

鍋の食材は、野菜と鳥団子


追加の薪で煙が上がります。煙たい。

暖をとりながらご馳走様!

風が出なかったのか、昼間は寒さを感じませんでした。

薪コンロと言えるのか、薪ストーブ?それとも焼却炉

敷地の解体ごみ焼却処分
材木がしけっているので、なかなか燃え上がりません。

廃棄予定のコンロで焼却

物置のメンテナンス

イナバ物置ですが、
大工さんより聞きました。

物置のメンテナンスは、潤滑剤のCRC556
が良いそうです。
塗装するより作業がしやすい、
費用も塗料に比べれて同等と思われます。


CRC振りかけますと、写真のように
色が違って見えます。

塗ったところが光り
コーティングできているようです。

下には河原で拾った砂利(土嚢袋)


どんどん振りかけます、屋根にも吹きました。

以前には高圧洗浄機で、水流で試してみましたが、

洗浄機の先円を描くように跡が残っていました。

小さな丸が洗浄機の跡です。途中で洗浄やめてしまっていました。

効果がありそうな雰囲気に仕上がりました。

 

いつもの小川今日は一日曇り空

しかし今年は水が少ない。雨が降らない。

あまごの養殖場も、水の流れが少なく、あまごが死んで大変なようです。

綺麗な水が流れないと、駄目なようです。

地元のなまずの共同養殖場も、なまずが全滅、

来年は継続が難しいそうです。


土嚢も並びました。

薫物の周りも焼却で片付きました。

お昼から焼却処分半日かかって燃やしていただきました。

夕暮れになるとさすがに寒さを感じます。

夕方からは薪ストーブにして暖をとっていました。

解体ごみ長く放置状態でしたが、

少しずつしか片付けられませんでした。

庭先やっと片付きました。あとは砂利をもっと入れます。

この後お昼にみえたお客様富有柿をいただきました、

室内で話をしながら、夕暮れになり、室内コンロで

食事を作り一緒に団欒

(お昼の残りの鍋に、ソーセージと、うどんを入れ鍋にしました。

つまみに:枝豆・生ハム:)


美濃市にわか茶屋のキャラでしょうか、
和紙のお人形

DIYリフォーム:ウッドデッキ屋根補修

リフォームDIY
今回いつもの古民家ではないですが、
以前にウッドデッキの屋根
追加して取り付けたトタンを交換しました。

1800mmのトタン購入

考えてみれば、

このウッドデッキ自作で20年がたちます。

雨降りでも洗濯物が干せるよう作成したウッドデッキ屋根

安価な塩ビトタンよくもっていたと思います。

床面柱等は定期的に塗装は試みていたのですが、

近年雨漏りを気にはしていました。

以前いい加減に付けたトタンが
下地がない部分に適当に付けたため
波打って曲がって変形してしまいました。

雨が溜まり雨水が境目から落ちるようになりました。

トタンを何枚か重ね張りして、

垂れてくる雨水を樋に流していただけですが

コーキングを打ち
雨漏りの対応をしていましたが
限界のようで、張り直し
このままでは、ウッドデッキが雨でダメになります。

雨が降り、砂が溜まってしまっています。

湾曲ももしています。

古いトタンを剥がしました。

トタンをダンバネジで固定するため
垂木を追加しました。

垂木は屋根の梁の数だけ追加

2階瓦屋根に登って降りての繰り返し

屋根に仮置きしました。

トタン長さ60Cmにカット

瓦屋根まで届く長さ

勾配も取れたようです。

仮置きしてみました。

雨が吹き込みしなければ良し

ダンバネジ足らなくなりホームセンターへ購入

屋根瓦に水が直接流れるように固定していますが、

強風でトタンが飛ばなければ良いかなと思います。

古いトタンと新しいトタンが

置いてみますと透明とブロンズとの

違いはありますが、古さに違い感じます。

張り終わりました。

下からも確認します。

新しいうちは綺麗に見えるのか?

古いトタンもあと3年ほどで張替えが必要と思われます。

古いトタンを、浮かしていると、

端が欠けてしまった所もありました。

次回古民家DIYリフォーム

古民家DIY:室内デザイン画:崖整備:

古民家デザイン住宅

古民家リフォーム

古民家カメラ

前回窓にプラダン防寒対策

押入れ加工DIY
無造作に古民家に絵を!

モネの池と言うわけではありませんが、

本日地元の方とモネの池見に行きました

地元の方ですが、一度も見られたことがないそうです。

帰りに高賀神社に水を汲みに行きました。


ポスター・絵画・版画を張りました。
絵を見て落ち着きます。

 


1枚ずつにスポットでも当てると良いのでしょうが!

上の照明が絵に反射しています。


古民家に似合うかはわかりませんが!


一応リノベーションをやったと雰囲気を出します。

少し写真がボケました。

お気に入りの絵もあります。


これは絵ではありません。
食用のタイ焼きです。笑い!

甘い物も欲しくなり、冷凍たい焼きですがレンジでチン


断熱プラダン張り

洗面所の窓適当に張りました。

いつもの両面テープがありませんでした。

以前の5mmのプラダン下、夏冬熱の高低差で収縮

曲がってしまっています。何度か張りなおしてみましたが、

両面テープの粘着では張れませんでした。

洗面所ここの壁も2年程前にプラスターボードを張り、

クロス張りにしたところです。

子供デスクの本棚部分、下に突っ張り棒を入れました。

ハンガー掛けにしました。

ブラインドで目隠し:押入れ収納

ブラインドの掃除をしてからと思っていましたが

まずは付けてみました。

高さをこのままで良いか少し下げるか悩みます。

階段は天井に上がる為に付けました。

旧ベットに上がる足部分

高さが低いブラインドとわかっていましたが、

目隠しにはなりました。

左はロールカーテン以前に付けた物。

多種の工具・道具・材料等が置いてありますので、

荷物としてバラバラの雰囲気見せたくありません。

古民家改装:年の瀬を感じる

崖から土出し

この根がくせもの、意外に根がはっています。

露天風呂の景色に岩があると雰囲気も変わります。

いずれ露天風呂を・・・何時になるやら。


やっとの思いで蔓の根が掘れました。


蔓の根は深くはないですが、
岩盤の間に根が張っています。

つるの根は横に張っていて結構長さもあります。


根の周りには土も多くあります。

土を出すのも大変です。
深さ30Cm程土を出してきたのでは!

夕方5時には周りが見えなくなり終了しました。

土嚢は表まで抱えて運びます。


土嚢をまたどこかに運びます。

今回も畑の肥やしになる土は

選別してお隣さんに2袋あげました。

畑には良い山土だそうです。

薪ストーブとコンロストーブ

パソコンロケットストーブ:菓子缶ロケットストーブ

古民家冬支度:室内断熱:秋の終わりを感じながら

古民家リフォームDIY:古民家火遊び

岐阜県古民家DIY

寒さに負けない冬対策

古民家薪で鍋料理
DIYで作った、ロケットストーブDIY
常連さんに、古民家中古住宅購入祝いに
鍋を作って持参します。

大人の隠れ家
購入後2週間程、空き家の何年も放置家屋
やっと掃除が終わったと聞き

訪問します。

通いで工事清掃
電気・ガスが通って、室内清掃ができたと聞き
昼食を持ち込む話で、
薪で鍋を沸かし調理して持参します。


長良川、山を写真に撮りました。


長良川の川の様子


山を撮りましたが、距離が遠かったようです。


小屋でロケットストーブに
薪を入れ、30年使用の鍋で、湯を沸かします。

本体パソコンで作ったロケットストーブですが

鍋はススで真っ黒ですが、大きい鍋は使い勝手が良いです。


薪を常連さんより、解体後の木材をカットして
用意頂きました。

庭先に置いといて頂けました。
ありがたい


ふいごで時折風を入れないと、
真っ赤な燃え尽きた炭かすで、中が詰まり
新しい薪を入れると煙一面となってしまいます。

ウッドデッキで鍋たき物を使用するには、焚き火台・コンロより

ロケットストーブの方がすすが飛び散りません。

ウッドデッキで火を使用するには、やはり下にジュウタン等の敷物が

あるとデッキが黒くならず、長く使用できそうです。

黒でウッドデッキ塗ってしまえば、それまでですが!まだまだ先で考えます。

 


出来上がった鍋ごと車で運びます。

中身こぼれないのが鍋の大きさのおかげです。

まだ生活観ないでしょうから、

箸・お玉・紙どんぶり・調味料等

を用意し、持ち込みます。


途中の紅葉の景色が楽しみです。


杉の木の林があり


今人気のモネの池近く。


モネの池まだ観光でみえる方はあるようです。


駐車場も混んではいません。

この時期、蓮の葉はないと思いますが。


板取川すぎのこキャンプ場


すぎのこバンガロー村が立ち並びます。


今人気のモネの池を越して少し先。

中古住宅購入の常連さん

関市古民家中古住宅DIY
板取川老洞という地域

現地に着くとお待ちかね、あちこち手を入れていた様子。

早速鍋をリビングへ持ち込み

カセットコンロで再度鍋を温め
一緒に鍋をいただきました。
建物現況をどのように改装するか、

手直しも結構ありそうです。

(常連さんのリビング写真)

古民家DIYが始まります。

3年前には私も、寒さで震えながら、一人改装を黙々と、

していた時の事を思い出します。

(私の購入当時の写真)

古民家常連さん、電気契約し、

掃除をやっと終えて
家の周りの草刈りをされ、
プロパンガスを契約し、
大型のガスストーブを付け
まだまだ、旧所有者の荷物もあり

処分する物も散らかり、
排水桝が埋まってしまっていたので、
排水経路を探し出しに、
スコップ掘り起し、していたそうで
くたびれてみえました。

おにぎりは買いこんでみえましたが、他はカップラーメン等

やはり食事はまだ、コンビニのご飯のようです。

(手土産の鍋です。)

お湯が、ストーブで沸かせる位で、食事の鍋釜は用意がないようです。

冷蔵庫は古く捨てる予定、中身があったので、カビ発生、見たくない。

冷蔵庫ガムテープでテーピングしてありました。やはり・・・

昨日は泊まられたそうで、
夜は急激に冷えたそうです。

シュラフを持ってこればと!、どのように寝たのか?
ガス暖房をかけるので、結露はかなりあると

私の古民家よりは新しい、築26年ほど!

私の古民家のようにガラスにプラダン必要とも
検討の余地がありそうです。【断熱対策)

まだまだ生活するには、通わないといけないようです。

まだ、お風呂も手付かず、トイレはポットン・排水も点検・・・

布団の持ち込み・冷蔵庫・ガス器具・鍋等

調理器具色々必要な物ありそうです。

前回視察の写真

周りは杉の木の山、日当たり風通しがほしいところで

山で日陰になります。

道路向えには、手が入れられていない山に、

杉の木が多数倒れて荒れてた山で、

台風での倒木と思われます。

夏には鮎釣りは楽しめそうです。
また釣り誘ってくださいね。

私も今日はまだ、古民家いじりが出来ていないので
そこそこで古民家戻り、作業開始

寒さに負けない冬対策

断熱用ガラスに、プラダン張り冬支度


前回プラダンの途中で、全室張り終えておりません。
玄関上のプラダン張り
10帖の洋室プラダン張りの写真


玄関下に、黒のプラダン貼りました。


裏側室の窓、プラダン張ります。

今回、玄関上側プラダン張り

以前に5mm圧のプラダン下に張っていましたが、

5mmプラダンが硬い為か、そりが入り、両面テープでの剥がれと

プラダンの曲がりが出て、剥がれ落ちてしまいました。

一年でプラダンの劣化・夏の暑さと冬の寒さで収縮が曲がりの原因と思われます。

薄手の2mm圧のプラダンに!2mm圧のプラダンのほうが

やわらかく曲がりが出にくいような気がします。

本当は最近のポリカで貼ると良いのはわかりますが、

窓が多く予算の関係上、プラダンで一先ずは我慢


秋も終わりが近づき
赤みが少し茶色になっているようです。

下写真、頂きました、廃材の薪
綺麗にカットしてありました。

冬には薪が必要
ロケットストーブ用


焚き火用の薪


破材の薪、それぞれ丁寧に袋つめしていただきました。


3回分位の量でしょうか!

崖の土を出したいのですが、
また後日にします。

夕方寒さもこの時間から、冷え込みますので・・・

冬はどうしても弱気になりがちです。

体が冬眠状態になるのでしょうかね!


帰りの夕日は山に沈んでいました。
早く沈むようになりました。


帰りの山の紅葉を見ながら帰ります。

中古住宅古民家購入後、3年が過ぎました、

少し余裕を持って、あせらず

リフォーム出来るようになったかと思い

作業をしています。

購入当初と違った余裕が出てきたか、体力が無くなってきたか!

川では板取川鮎釣りまだガリ釣りされてみえました。

古民家火遊び

暖炉薪ストーブにご興味のある方こちら

煙突自作施工