月別アーカイブ: 3月, 2017

床貼り:壁起こし:住宅改装

美濃市長良川板取川

古民家再生DIY

ここの頑張りで、仕上がりが見えてきます。

壁にコンセント入れました。

電気コードで作業もしやすくなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

床のボードも貼りました。クッションフロアーにするか、

フローリングにするか、迷っています。

 

残材が増えてどこに置いて良いのやら!

場所の移動が常に付きもの、狭さを感じます。

 

 

壁のボードをどんどん貼っていきます。

ホームセンターへ幾度と通い材料の仕入れをします。

構造用合板:プラスターボード:コースレッド螺子:断熱材

毎回筋肉痛となります。

 

 

 

 

 

 

 

材木:材料を入れ込みました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DIYで天気の良い日は、外で食事

中古住宅リノベーション:リフォームの全て

郡上にも遊びに行きたいが!長良川・板取川

古民家DIYリフォーム・リノベーション

天井作業は、体力気力が必要です。根性・根性で!

 

脚立で上がって降りての繰り返し。

断熱材まだまだ

ここまでで、奥はふさぐか!この先ひさし部分は?

 

 

お昼には、木材で、火起こし温めます。

昔のキャンプで使用のコンロ

古いので、焼却炉と思えます。

ソロキャンプを楽しみます。

 

雨漏り湿気が入らぬよう、点検と一時しのぎでプラダン貼りました。

コーキング打ちました。

コーキングガン昔からあります。隙間をふさいでいきます。

 

壁は構造用合板を貼ります。

天井に貼る。プラスターボードの3倍位の価格となります。

キッチン上の屋根裏となります。

上に上がれるようにしますが、ここも断熱材を入れることに!

キッチン天井上、屋根にも断熱材が必要です。

 

 

 

 

 

 

中古住宅リフォーム:リノベーション

古民家再生DIY

夜は寂しく!古民家再生:まだ寒さを感じます。

岐阜県古民家再生DIY

天井から、床から、窓壁からも寒さを感じます。

断熱対策早急に!

解体から内装断熱!天井張り

この時期の夜は早く日が暮れます。

断熱材天井貼り終わり!

 

 

 

 

 

 

土壁のある壁にも断熱材が必要と感じました。

今張らないと後での後悔はしたくない。

 

岐阜県・美濃市・関市:長良川・板取川は寒い地域

古民家DIY:自分は寒い思いをして何をしているのか!

自問自答で眠れぬ夜を過ごします。

土曜日お泊り日曜大工:夜の星空を見るのが、楽しみです。ソロキャンプの気分

屋根断熱材を入れます。古民家再生DIY

岐阜県:長良川・板取川

近くの古民家再生:リフォーム

寒さ・暑さ対策:断熱材を入れます。

断熱材はタッカー:ホッチキスで止めていきます。

6畳6,000円程でしょうか!

価格は、もちろん厚みによって違います。

上を向いての作業となります。

外には、解体の木材が、散乱します。

2次利用と思いますが、クギ等があり、クギを抜くのも手間もかかりそこまでやっていられません。

片付けながらの作業となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

断熱材は何処まで張るか!

写真トタン1枚では寒いです。土壁もありません。

 

 

 

 

 

 

 

配線の引き込み先が見えます。何れふさぐことを考えます。

柱と土壁の隙間をふさぎます。

 

 

 

 

 

 

 

天井部分貼っていきます、ほこりとの戦いで、

マスクをしながらの作業となります。

 

断熱材貼り終えると綺麗に見えます。

 

 

 

 

 

 

古民家再生DIY:リノベーション

天井解体決めました。断熱もあり

岐阜県:古民家再生DIY:勝負どころ、

天井解体からすることに決めました。

まだまだ寒い時期ですが、天井を解体しました。

夜は寒くて寝れないかもしれない。

天井裏に断熱材と思いましたが、雰囲気も変えられないと判断

ソロキャンプするような雰囲気です。寒い!

これも一人ですることになります。

断熱も悪く、隙間風も入り込み、

スズメバチが自由に入れる天井はやはり・・・

解体して作り直すことに決めました。

天井の解体も始めました。

冬に夜もここで寝ることになることとなりました。

まだまだ、DIYも寒さも我慢が必要

一気に天井を解体しました。

見た目すっきり!但し、寒くなります。

断熱材で覆いますが、まだまだ先です。

断熱材も試しに、入れてみます。

屋根に断熱材張り

断熱効果が出るか、隙間があると効果が落ちます。

押入れ床部分、屋根伏せ部分に雨漏りがあり、土台も

シロアリに食われています。

床基礎にコンクリート

土の床下部分セメントを流し込みます。

100Kgを練って、使用しますが

練るのが大変、もっと厚く塗ることも考えましたが・・・・

古民家再生DIY・冬は作業も夜寝るのも寒い!

床下から風が吹き込みます。天井はありません。

暖炉:薪ストーブ:ロケットストーブ暖房器具賀が欲しい。

小さなファンヒーターが一台だけでは!