月別アーカイブ: 1月, 2019

古民家DIY:棚作り:屋根裏目地詰め:雪情報

古民家DIY:自作古民家キッチン棚作り

雪情報:東北・北陸では雪の警戒情報が出て
いました、覚悟の上の古民家DIY

 

行きがけでは、雪のチラつきもありましたが、
現地には、雪はありませんでした。
翌日かなと思い・・・・!

公園でのテントキャンプ見ました。
明日の雪覚悟の上かな!
雪も楽しみかな!

道の駅で、夕方半額で串かつ残っていました。
前回は売り切れ、
残りの2本を購入
シングルバーナーで暖めて、
小腹の腹ごしらえ、

シングルバーナーの勢いが最初悪く、

不完全燃焼の赤い炎の立ち上がり、
熱源のない、氷点下の室内に放置の
バーナー、ポンピングに
圧力がかからない、
何度となくポンピングしました。

明日は寒くなりそうで、外仕事は
断念しようと思っています。(雪かも!)
このスペースに棚を付けたいと思っていました。
上の物は、お客様でも多人数
に使用するような、デカ鍋ダッチオーブン等
普段は使用する事は少ない。

棚を一段追加してみました。
棚も自作の棚のほうが面白いかと、
特別な、金物は購入しませんでした。
基本木材で固定してみます。

三角にカットした2×4材を、

棚固定の金物代わり下の押さえ

上側は金物を使用しました。

1×4材を、2枚つなぎ合わせの棚材

一度物を置いて見ました。

キャンプ用食材・調味料・油

暖かいものを

バーナーで鍋を暖めます。

土鍋を用意しました。

土鍋は墨で黒くなってしまっています。

スーパーで購入の、おでんセットです。

お肉と、ねぎを追加しました。

昨日夜に作った棚
翌日、棚を一度外し、一段追加しました。

スペースが少しもったいない。
上に食材、下に調味料等を並べました。
これで、何があって、何が少ないかが
わかりやすくなりました。

本来は綺麗なデザインコーヒーカップでも

置きたいと思いますが、今の所!!!

キッチン側の棚も追加しました。

注意:2×4材の三角をカットした物は

螺子を入れて行くと、

割れてしまい螺子が利かなくなります。

その後、ドリルで一度穴の位置に

穴あけした所に、螺子を打ち込みなおします。

キッチンカウンタースッキリしました。

何となくにぎやかになります。
リビング側に食材が、、室が汚く
感じると思いますが、
お客様が来たときに何が食べたいか、
見える位置で良いかと思います。
キャンプ・バーベキューを楽しむ為です。

8袋用意これが乗用車の限界か!

河原で砂袋に砂を、
庭に撒きます。

土嚢の重さが腰に応えます。

風があり肌寒い本日ですが、

天気は良くなりました。

キッチン側の棚に
物を置いてみました。

お昼にてんぷらうどん

とにかく暖かい食べ物を求めます。

暖かければ良いが、外の棚作り
次回となります。

河原からの砂利は駐車場・庭に撒きました。

位置の確認

流し台に水道も引くか悩みます。

冬には外の配管は

凍結の原因にもなります。

空は青く晴れ渡っています。

いつも撮る木

もう直ぐ夕日となります。

古民家DIY:窓ガラス断熱!安価に

古民家DIY:夜に出来ること!
窓の防寒対策
窓にプラダン夜中に張っていました。
窓からの寒さが気になりまして、
両面テープでは持込のテープでは、
冷気でか、はがれてしまう為、
養生用テープで枠ごとはりました。

右左の両面張りました。キッチン窓

温まる為に餃子を夜食でいただきました。

 

朝買い物に行くと雨の中

テントが、昨日から3張り程あり

子連れのようです、小学生低学年かな

ファミリーでのキャンプのようです。

 

 

道の駅から雲ではなく
霧もやがかかっていました。

道の駅も空いていました。

 

美濃市:新美濃橋

 

 

雨ですが、川はまだまだ減水

 

霧がかかっています。
 

暖を取っているようで、
薪ストーブで煙突から煙が
本格的のようです。

 

部屋との間をプラスターボードで塞ぎます。

 

部屋と部屋の間となりますが、電気コンセントを
両側に付けたいと思い配線通しに
そのままにしていました。

 

そろそろ防寒のため塞ぎます。

 

構造用合板でと思いましたが、
狭い範囲でしたので、
安価なプラスターボードにしました。

 

何れまた珪藻土で仕上げます。

味噌煮込みうどん、具は何もありません。

それほどお腹がすいていなかったので

具はなしです。

 

 

外の流しの上に棚が欲しいと思い
眺めています。

 

室内のキャンプ用品:鍋、窯等を
外に出そうと思います。

 

もの置き場状態ですが、

下には、ステンレス流し台があります。

 

 

ウッドデッキにも、流し台用意してあります。
バーベキューを外でやるには便利と思い
調理器具用を以前にネットで購入しました。

 

 

 

本日の作業は、プラスターボードの
柱、天井、壁の目地の隙間を
塞ぎます。

 

部屋らしく、屋根裏もなって来ました。

 

大きな目地の間は、ボードの残りをカットして
木材の破片をカットして、目地埋め
に小木切れ端をあてがっています。

 

多少の目地は、目地埋め用網テープを張り
パテ、最後に珪藻土を塗ります。

古民家再生DIY屋根裏を室内遊び場!

古民家再生DIY遊び!

:屋根裏子供の遊び場:

:DIYおとなの遊び場:

:DIY大人の隠れ家:

長良川:板取川:冬景色:雪はなし
パソコンPCロケットストーブで食事
古民家屋根裏に遊び場
断熱材にプラスターボード張り

長良川も減水状況:雨も少ないようです。

蕨生大橋

ホタルの里公園
キャンプで一泊テントが5張り
ソロキャンプからファミリーキャンプ
楽しんでいるようでした、寒そうですが

公園前の川

でかいテント撤収も大変では?

自作パソコンロケットストーブ出動

ストーブの筒、もう少し筒を短くしても良いのかもしれない。

マルちゃんラーメン頂きます。

焼却残材がまだ奥にあります。

 

ロケットストーブ沸騰

いつもの木が冬には!枯れ枝

パソコンロケットストーブに取っ手を付けました。

コンロ持ち運びに持ち手

夜にLEDテープライト試験写真

古民家夜360度カメラ室内画像

古民家夜画像10343
古民家画像10344

リコーシータ室内360度動画

古民家室内動画10345

 

天気は快晴:夜には星が綺麗に見えました。

前回の屋根裏断熱追加
プラスターボード張り
屋根裏はしごで上がります。

今風の名前ではロフト作り

屋根裏隠れ家

屋根裏リフォーム

ロフト作り!

斜めのサイズが寸法が測りづらい。

電気の所は今回避けてカットしました。

片側は張り終わりました。

ボード隙間は、後ほど、何かをかまします。

電気配線にビスを打たないように!

ビスが下地のきかないところがあります。

下地がありません。

右側もこの位で、屋根裏ですから雑ですが!

あとでこの隙間?補修はどのように

一通りボード張り終わりました。

屋根裏へはしご上での作業
下でプラスターボードをカットし
持ち上げては、ビス止め
何度となく上で測り、下でカット
上がり降りも大変でした。

時間がかかりました。

岐阜県長良川・板取川古民家隠れ家

反省点:注意点

屋根裏壁ボード張りは、本来ですと、巾木(どうぶち)を均等に打ち付けプラスターボードを張りますが、そこは屋根裏、垂直、水平が取れていませんが、とにかく早く仕上げと思うのと、材料費がかさみます。

銀マットも取り付けがタッカーで止めましたので、再度タッカーの針の頭をハンマーで叩き込みをしないといけないと思います。服など引っかかってもいけないかな。

プラスターボードとボードの隙間目地:寸法取りをもう少し慎重に行うと良かったと思いますが、断熱材で膨れ上がった箇所などがあり、正確に寸法が取り辛くあいまいになってしまっていました。(自分で言うのも恥ずかしいですが、作り手の性格だとも思います。)

古民家リノベーション:デザイン:照明電飾:BBQ:モネの池

岐阜県関市板取川

中古住宅購入後DIYでリフォーム・リノベーション
川浦渓谷:かおれ渓谷雪見に!
ラステン洞戸:旧板取川温泉
岐阜県関市長良川・板取川雪だより

ウッドデッキDIYで男二人でバーベキュー

LEDテープライト取付け

デザイン住宅に少し:効果は大

リノベーション住宅

2019年新年おめでとうございます。
通称モネの池:冬に観光


来客でBBQ:バーベキュー:キャンプ

七輪:自作コンロ利用

屋外でのバーベキュー

焼肉とおでん・焼くそば

モネの池:冬には空いていました。
5月頃より、お花の種類を替えて
秋まで季節により楽しめるようです。

鯉がいますが、この時期

鯉の種類は少ないです。

冬で寒く動きが弱いのか

池は凍ってはいませんでした。

鯉がいました。

皆様ぐるっと池の周りを見て回る

板取川上流:川浦(かおれ)渓谷

雪は最上流の橋にあるだけでした。
この先は通行止めとなります。

昔夏には来ましたが
冬には回りに雪がもっとあると違うと思われます。

絶景です。引き込まれそうな岩盤と川

橋の欄干からの写真となります。

橋の反対側

コールマンシングルバーナーで火遊び:暖房

LEDテープライト

メインの部屋にも付けました。
電飾のパターン色を色々試して見ます。

ユーチューブ動画

点滅:スピード:発光の強弱

動画も一部撮って見ました。

LEDテープライトパターン

テープライト電球色

屋根天井裏となります。遊び場

登れるように工夫をしています。

登ると天井屋根まで高くはないので、頭を打ちます。

腰をかがめて入ります。

柱の角が痛いので、銀マットをカットして
付けていきます。

赤いはしごで上がって、遊び場とします。

奥は高さがないので、奥に入ることは
ないとは思いましたが、
子供が入り込むかもしれないので
マットもしておきます。

隙間に断熱効果も上がると思われます。

頭をぶつけても痛くない。

全てにつけるのは面倒ですが、

頑張って一通りつけます。

銀色で光が反射します。
小さな柱はどうするか?
柱は黒く塗ってあったのですが、ここは?

屋根裏がギンギンに光りました。
屋根天井、珪藻土も塗るかな、
下から見ても見えない部分となります。
以前に屋根裏にもコンセント付けてあります。

照明器具もいずれ付けます。

反省点:注意点

銀マットはタッカーで貼り付けました、両面テープの方が綺麗にみえるかも知れません。手間を考えると、この方が楽なのかも、但し、打ち損じたタッカーのピンを後で取ることになります。上がり降りが少し大変でした。

古民家DIYでは、細かな屋根裏隙間にも銀マットで断熱

プラスターボードと屋根裏梁との隙間に銀マットで塞ぎます。

菓子缶:一斗缶ロケットストーブは、一気に燃え出し、追加の薪を入れないとすぐ火が消えてしまいます。燃焼が良いようです。

ラステン洞戸温泉は夕方に行き、空いていました。ゆっくり温泉に入ることができました。

デザイン住宅おしゃれにと思いLEDテープライト

派手になったのかな?ホタル代わりに良いのかも!