タグアーカイブ: 関市古民家中古住宅

古民家DIY:暖炉がきたー:旋回の断熱・結露コーキング

これこそが薪ストーブ暖炉だ!
古民家寒さ対策・前回の写真
コーキング工事

暖炉が来ました。

冬でも古民家ウッドデッキでBBQ

古民家火遊び!できる

ちょっとしたお祝いで頂きました。
薪ストーブ暖炉(新品です)

下記前回写真を撮り忘れました。
結露・断熱対策のコーキング処理

前回夕方時間がなく、慌てて塗りましたコーキング目地
家の裏側なので、適当に塗っていました。


でこぼこ凸凹にコーキング
養生もせずに処理をするとこの通り
悪い例でしょうが!時間がなかった。


木部分は後ほどペンキを塗ります。

昨日暖炉用意できたと、夕方連絡

夜9時に頂きに上がりました。
暖炉ありがとうございます。

鋳物の重さと、内部の耐熱レンガの重量

車に積み込みに、とんでもなく重い!

車に傷を付けないように運ぶのに慎重になります。

とにかく重い暖炉

一人で運ぶのにやっとの重さ!

これ以上ですと2人はいります。

ホームセンターで昔販売の物でしょうが!

小型ですが、古民家小屋には十分
新品の暖炉・薪ストーブです。


説明書も入っております。
説明書は配管の工事説明がほとんどです。

屋根への配管方法、横への配管の仕様説明

中の油や塗料を飛ばすために、
宅外での初回の空焚きが必要と言われています。


外のウッドデッキで初の火入れ

外のウッドデッキで内部を焼きます。

今後煙突は購入が必要ですが、
試しに火を入れます。

横の自作PCロケットストーブが貧弱にみえます。


ロケットストーブで、過熱した
薪を作り、暖炉に移し替えます。


昼食・食事の用意で、ロケットストーブで
作った鍋を、当初は暖炉で保温代わりに
乗せました。

五徳の鍋の台は以前のコンロ作りを利用

丁度良いサイズではまりました。

暖炉の上に手作り五徳を置いて
鍋を温めていました。

燃焼が当初悪く、五徳をよけて、

煙突のT字管は以前に購入のものがあり

これを乗せて横から風を送ってみました。

長めの煙突があると良いのでしょうが!

最初は暖炉内の過熱が悪く
煙と、耐熱ガラスにススが付いて
曇ったり、煙が上がって、炉の中が
くすぶっているような状況が続きました。
排煙対策で余っていた配管を乗せてみました。
煙突を付け風を送り出すと、
中の火が真っ赤に燃えだしました。

(T字煙突は110mmとあり、それより大きい煙突を付けた方が良いか?)

煙突に風を送ると炎が出だしました。

煙突は炉の中の燃焼に影響が出たようです。

煙突の長さも最低限排気に必要なのでしょう!

炎が真っ赤になりだすと、ガラス周りのススも
自然に透明になっていきました。

温かさは、外で試していても、
暖炉より80Cm程離れていても
足に熱を感じるくらいになりました。


室内で使えば、この暖かさが、
室内全体にいきわたることが感じられます。
ファンヒーターの温かさと
全く違って、暖炉周り温かさが伝わるような気がします。

サイズ感も小さな古民家には、場所的に最適のよう

冬でもパンツ1丁ティシャツ1枚で

室内にいることができるそうです。

裸でやってみたいと思います。

お客様も暖炉に薪を入れながら、

しばらく様子を見ていました。

暖炉が消えかけるまで外で様子見

古民家薪ストーブが室内でやっとできそうです。感激!

その後室内で、地元の方とお話で

夜の9時まで盛り上がっていました。

古民家冬支度:室内断熱:秋の終わりを感じながら

古民家リフォームDIY:古民家火遊び

岐阜県古民家DIY

寒さに負けない冬対策

古民家薪で鍋料理
DIYで作った、ロケットストーブDIY
常連さんに、古民家中古住宅購入祝いに
鍋を作って持参します。

大人の隠れ家
購入後2週間程、空き家の何年も放置家屋
やっと掃除が終わったと聞き

訪問します。

通いで工事清掃
電気・ガスが通って、室内清掃ができたと聞き
昼食を持ち込む話で、
薪で鍋を沸かし調理して持参します。


長良川、山を写真に撮りました。


長良川の川の様子


山を撮りましたが、距離が遠かったようです。


小屋でロケットストーブに
薪を入れ、30年使用の鍋で、湯を沸かします。

本体パソコンで作ったロケットストーブですが

鍋はススで真っ黒ですが、大きい鍋は使い勝手が良いです。


薪を常連さんより、解体後の木材をカットして
用意頂きました。

庭先に置いといて頂けました。
ありがたい


ふいごで時折風を入れないと、
真っ赤な燃え尽きた炭かすで、中が詰まり
新しい薪を入れると煙一面となってしまいます。

ウッドデッキで鍋たき物を使用するには、焚き火台・コンロより

ロケットストーブの方がすすが飛び散りません。

ウッドデッキで火を使用するには、やはり下にジュウタン等の敷物が

あるとデッキが黒くならず、長く使用できそうです。

黒でウッドデッキ塗ってしまえば、それまでですが!まだまだ先で考えます。

 


出来上がった鍋ごと車で運びます。

中身こぼれないのが鍋の大きさのおかげです。

まだ生活観ないでしょうから、

箸・お玉・紙どんぶり・調味料等

を用意し、持ち込みます。


途中の紅葉の景色が楽しみです。


杉の木の林があり


今人気のモネの池近く。


モネの池まだ観光でみえる方はあるようです。


駐車場も混んではいません。

この時期、蓮の葉はないと思いますが。


板取川すぎのこキャンプ場


すぎのこバンガロー村が立ち並びます。


今人気のモネの池を越して少し先。

中古住宅購入の常連さん

関市古民家中古住宅DIY
板取川老洞という地域

現地に着くとお待ちかね、あちこち手を入れていた様子。

早速鍋をリビングへ持ち込み

カセットコンロで再度鍋を温め
一緒に鍋をいただきました。
建物現況をどのように改装するか、

手直しも結構ありそうです。

(常連さんのリビング写真)

古民家DIYが始まります。

3年前には私も、寒さで震えながら、一人改装を黙々と、

していた時の事を思い出します。

(私の購入当時の写真)

古民家常連さん、電気契約し、

掃除をやっと終えて
家の周りの草刈りをされ、
プロパンガスを契約し、
大型のガスストーブを付け
まだまだ、旧所有者の荷物もあり

処分する物も散らかり、
排水桝が埋まってしまっていたので、
排水経路を探し出しに、
スコップ掘り起し、していたそうで
くたびれてみえました。

おにぎりは買いこんでみえましたが、他はカップラーメン等

やはり食事はまだ、コンビニのご飯のようです。

(手土産の鍋です。)

お湯が、ストーブで沸かせる位で、食事の鍋釜は用意がないようです。

冷蔵庫は古く捨てる予定、中身があったので、カビ発生、見たくない。

冷蔵庫ガムテープでテーピングしてありました。やはり・・・

昨日は泊まられたそうで、
夜は急激に冷えたそうです。

シュラフを持ってこればと!、どのように寝たのか?
ガス暖房をかけるので、結露はかなりあると

私の古民家よりは新しい、築26年ほど!

私の古民家のようにガラスにプラダン必要とも
検討の余地がありそうです。【断熱対策)

まだまだ生活するには、通わないといけないようです。

まだ、お風呂も手付かず、トイレはポットン・排水も点検・・・

布団の持ち込み・冷蔵庫・ガス器具・鍋等

調理器具色々必要な物ありそうです。

前回視察の写真

周りは杉の木の山、日当たり風通しがほしいところで

山で日陰になります。

道路向えには、手が入れられていない山に、

杉の木が多数倒れて荒れてた山で、

台風での倒木と思われます。

夏には鮎釣りは楽しめそうです。
また釣り誘ってくださいね。

私も今日はまだ、古民家いじりが出来ていないので
そこそこで古民家戻り、作業開始

寒さに負けない冬対策

断熱用ガラスに、プラダン張り冬支度


前回プラダンの途中で、全室張り終えておりません。
玄関上のプラダン張り
10帖の洋室プラダン張りの写真


玄関下に、黒のプラダン貼りました。


裏側室の窓、プラダン張ります。

今回、玄関上側プラダン張り

以前に5mm圧のプラダン下に張っていましたが、

5mmプラダンが硬い為か、そりが入り、両面テープでの剥がれと

プラダンの曲がりが出て、剥がれ落ちてしまいました。

一年でプラダンの劣化・夏の暑さと冬の寒さで収縮が曲がりの原因と思われます。

薄手の2mm圧のプラダンに!2mm圧のプラダンのほうが

やわらかく曲がりが出にくいような気がします。

本当は最近のポリカで貼ると良いのはわかりますが、

窓が多く予算の関係上、プラダンで一先ずは我慢


秋も終わりが近づき
赤みが少し茶色になっているようです。

下写真、頂きました、廃材の薪
綺麗にカットしてありました。

冬には薪が必要
ロケットストーブ用


焚き火用の薪


破材の薪、それぞれ丁寧に袋つめしていただきました。


3回分位の量でしょうか!

崖の土を出したいのですが、
また後日にします。

夕方寒さもこの時間から、冷え込みますので・・・

冬はどうしても弱気になりがちです。

体が冬眠状態になるのでしょうかね!


帰りの夕日は山に沈んでいました。
早く沈むようになりました。


帰りの山の紅葉を見ながら帰ります。

中古住宅古民家購入後、3年が過ぎました、

少し余裕を持って、あせらず

リフォーム出来るようになったかと思い

作業をしています。

購入当初と違った余裕が出てきたか、体力が無くなってきたか!

川では板取川鮎釣りまだガリ釣りされてみえました。

古民家火遊び

暖炉薪ストーブにご興味のある方こちら

煙突自作施工

 

古民家冬支度第2段:室内断熱:敷地清掃:ウッドデッキ防腐剤塗

古民家再生DIY:冬支度

板取川鮎釣り友釣りは終了!

板取川鮎釣りしながら古民家DIY

先月迄は友釣りでした、来年が待ち遠しい。
今日の空は雲一つない快晴
紅葉日和

逆光ですが、川状況
静かです。
鮎ガリ釣りまだされてみえます。

30~40匹位はかかっているとか、

網で500匹位取れたとか、

今年は、各所でまだ群れがいると聞きます。

長良川本流には下がっていないとか

但し、鮎の体はサビで黒くはなっているようです。

美濃市板取川

もみじが綺麗です。

今日も公民館で、集まりがあったようです。

山の紅葉

新美濃橋

もう冬が近いというのに

板取川鮎釣り・ガリ釣りされてみえました。

長良川大人の隠れ家

昨年洗面所に!:冬に天井水滴が結露と判明
雨漏りと勘違いして対策をしていました。
外からで、修復加工が出来るか見ています。


トタン少しダンパネジを
打ちなおしてみました。


洗面所ですが室内から天井を
断熱打ち直した方が良いか?
今後また考えてみます。

板取川大人の火遊び

一人でしたので小さな鍋で
コンロ替わり
ロケットストーブは出しませんでした。
ゆっくり鍋が煮えるのを待っていました。
最後にゆで卵
コールマンの焚火台


まだまだ崖の土をかき出していました。


二日連続の土出し、土嚢作り
体に応えます。偉い!!


しんどい想いで
上から土をかき出します。

そして土嚢袋に入れ、運び出します。

焼却したかった、内壁材の解体ごみ:右手側
腐りかかって、減らしてはきましたが、

山積み状態

長年使ったキャンプ用バーベキューコンロが古く
底と壁側に穴が開き使用していませんでした。


処分予定のよくあるトタンの看板を
釘を外し、コンロの外枠に巻き付け、
枠にネジ止めをし固定しました。
足は外しましたが、
焼却炉として使用出来ました。


先週の小川の土手の草
今日も焼却するか考えます。

まだ草があるのでどうするか!


どんどん燃える解体ゴミ燃やします。

燃え出しても追加を入れると

雨に濡れて敷けっているので、

焼却・燃焼が悪いです。

時には紅葉を眺めます。

小川の土手、再度草焼き納得できるまで
草焼きしました。

灯油バーナーで焼却

燃やした当初は汚く見えますが・・・


風よけのシート:幕を
ウッドデッキに張りました。


夜に鍋を作ります。

ここ最近、毎回ソロキャンプをしています。


焚火台は、ススがどうしても、
火おこしで内輪であおると
細かいススが飛びます。


煙と闘いながら食事終了

ロケットストーブの方が、燃焼効率が良いようで

鍋物には、すすも出にくく、

焚き火台より調理しやすいようです。

煙突を作ると良いのでしょうが、

毎回というわけではないので

煙でデッキ天井は大丈夫か?


カメラのフラッシュをたきますと
ススが反射して、
光ります。
無数のススが飛び交っているのが
わかります。

寒さに耐えていつまでウッドデッキで

バーベキュー

夕方地元の方帰られました。

室内防寒対策
下は仮止めで先週プラダン付けました。
今回上のガラスにもプラダン張りました。
上は両面テープで張っています。

テープの跡は見えません。


別の窓にも張ります。
防音にもなり、防寒にもなると思います。
ただ気になるのが、霜などで水滴が
付くと、両面テープの剥がれが
どのように出るかが気になります。

強力タイプのテープにすると今度は、

粘りが取れなくなります。
今年試してみて考えます。


ウッドデッキメンテナンス
一年に一度と思い、ウッドデッキの
防腐剤を塗ります。


基礎となる柱は特に1年に一度塗ると
良いと聞きます。
思い切って床も塗りました。

自作焼却炉のおかげで、残材の半分以上
焼却できたかと思います。

風向きにより煙がすごいので、

昨日と場所を変えました。

タイムアウトでここまでと思い、
火の着いたままで帰るのでは、
申し訳ない近所に心配かけます。

また、次回溜まった燃えカスを一旦出さないと、

燃焼が悪くなります。

秋に冬支度をしています。

美濃市古民家中古住宅

古民家再生DIY屋根裏を室内遊び場!

古民家再生DIY遊び!

:屋根裏子供の遊び場:

:DIYおとなの遊び場:

:DIY大人の隠れ家:

長良川:板取川:冬景色:雪はなし
パソコンPCロケットストーブで食事
古民家屋根裏に遊び場
断熱材にプラスターボード張り

長良川も減水状況:雨も少ないようです。

蕨生大橋

古民家大人の遊び場

ホタルの里公園
キャンプで一泊テントが5張り
ソロキャンプからファミリーキャンプ
楽しんでいるようでした、寒そうですが

公園前の川

でかいテント撤収も大変では?

自作パソコンロケットストーブ出動

ストーブの筒、もう少し筒を短くしても良いのかもしれない。

マルちゃんラーメン頂きます。

焼却残材がまだ奥にあります。

ロケットストーブ沸騰

いつもの木が冬には!枯れ枝

パソコンロケットストーブに取っ手を付けました。

コンロ持ち運びに持ち手

古民家大人の遊び場

夜にLEDテープライト試験写真

古民家夜360度カメラ室内画像

古民家夜画像10343
古民家画像10344

リコーシータ室内360度動画

古民家室内動画10345

 

天気は快晴:夜には星が綺麗に見えました。

前回の屋根裏断熱追加
プラスターボード張り
屋根裏はしごで上がります。

古民家キャンプ断熱

屋根裏遊び場

今風の名前ではロフト作り

古民家では屋根裏といいます。

屋根裏隠れ家

屋根裏リフォーム

ロフト作り!

斜めのサイズが寸法が測りづらい。

電気の所は今回避けてカットしました。

片側は張り終わりました。

ボード隙間は、後ほど、何かをかまします。

電気配線にビスを打たないように!

ビスが下地のきかないところがあります。

下地がありません。

右側もこの位で、屋根裏ですから雑ですが!

あとでこの隙間?補修はどのように

一通りボード張り終わりました。

屋根裏へはしご上での作業
下でプラスターボードをカットし
持ち上げては、ビス止め
何度となく上で測り、下でカット
上がり降りも大変でした。

時間がかかりました。

岐阜県長良川・板取川古民家隠れ家

反省点:注意点

屋根裏壁ボード張りは、本来ですと、巾木(どうぶち)を均等に打ち付けプラスターボードを張りますが、そこは屋根裏、垂直、水平が取れていませんが、とにかく早く仕上げと思うのと、材料費がかさみます。

銀マットも取り付けがタッカーで止めましたので、再度タッカーの針の頭をハンマーで叩き込みをしないといけないと思います。服など引っかかってもいけないかな。

プラスターボードとボードの隙間目地:寸法取りをもう少し慎重に行うと良かったと思いますが、断熱材で膨れ上がった箇所などがあり、正確に寸法が取り辛くあいまいになってしまっていました。(自分で言うのも恥ずかしいですが、作り手の性格だとも思います。)

古民家再生DIY:自作ウッドデッキビス止め

岐阜県美濃市空家の古民家リフォーム

ウッドデッキビス止め:ウッドデッキDIY

物置基礎アンカー止め

雪対策で屋根補修

屋根雨漏り対策

漆喰を打つ、漆喰打ち直し

屋根の上から

柱基礎アンカー止め

台風で瓦を直す

柱にボルトを通します。

ドリルで柱に穴あけボルトが長い為、木をかまして穴あけしました。

後はセメントで固めます。

ボルトが長いので木を噛ましました。

アンカーを打ち込みボルトで固定

土台に金物

屋根の漆喰打ち直し

漆喰割れた所があります。

古い漆喰を落とします。

昨年の雪対策が不十分と思い、風除けに板を付けます。

古い漆喰を落とし、アルミの板で、風と雨の対策をします。

風除け対策となります。

他のところも同時に漆喰を練って用意します。

素人塗りです、多少厚いのでは?

へらで漆喰を塗りました。

専用のコテは使用していません。

漆喰うぃ打ちます。

雨漏りするのではと、思えるところは塗りました。

風と、雪の対策にもなると思い増えていきます。

今まである元のトタン板と瓦の間に、漆喰を念のため打ちました。

一通り漆喰塗り終わりました。

トタンの隙間に漆喰

 

古い漆喰はぼろぼろ落ちました。

アルミ板を固定し、漆喰を打ちます。

大目の漆喰ですが、何処まで塗ると良いのか?

 

 

漆喰が割れています。

屋根からの写真撮りました。

隣の家の屋根も写します。

南方向

屋根から南東方向の写真

東方向

屋根から北東方向の写真

瓦屋根からの写真:北方向

屋根から北方向の写真

北西方向

東方向の写真

西方向崖の写真

 

屋根から北東方向の写真

こんな時こそ360度カメラで写せば良かった。

ここはいずれ塗装をしようと思っています。

コーキングを打つことを考えています。

ウッドデッキに荷物があり、まだ床ビス止めしていないので

翌日には予定しています。

夜のソロキャンプ、鍋を始めます。

夜のソロキャンプ

夜には用意しました、時計を付けました。

時計を付けました。

鮎釣り情報

川には釣り師が見えましたが、ここの所の台風と

雨続きの為増水です。地元の方と話ししましたが、

ガリ釣りも、高水で入れない。

網も使用されているので、2~3匹程度でのここの

所の釣果だそうです。かなり雨で下がったのではとのこと

ウッドデッキ、荷物片付け写真一枚

ウッドデッキビス止め!

片づけが先になります。

先日購入しました箱買の、コースレッド・ビス螺子が

すべてなくなり、足らなくなりました。

ウッドデッキが大きく見えます。

ウッドデッキ間口があり広々と感じます。

除草剤を巻いたため、いくぶん空き地広く感じます。

 

反省点:注意事項

ウッドデッキ基礎は、繰り石を少し入れておくと良かったか?

漆喰打ちと同時に瓦のずれの点検をします。

瓦にずれがある瓦は手で動かしてみて隙間をなくしていきます。

瓦屋根漆喰塗り:小さなコテが必要であった、瓦回りの養生をすると

出来上がりが綺麗だと思われる。

デッキのビス止め、ビス固定に、5mm程度の小板を挟んで、等間隔にするが、床張る面の

全てに小板を挟み、全体の位置の確認をしてからのビス止めをすると良いかと思われた。

屋根特に塩ビトタンの上では、靴の種類に気をつける。プロが地下足袋を好むのもわかるような気がします。

自作でウッドデッキDIYで作り、調理用流しを用意しました。

デッキも増設・屋根はバーベキューをするには欲しいと思いました。

自作ウッドデッキ360度カメラ画像

岐阜県美濃市古民家再生DIYリフォーム

ウッドデッキDIYで作りました。

古民家カメラ

リコーシータ360度で撮った写真掲載

ウッドデッキ360度カメラ画像

中古住宅再生360度カメラ画像

一人でできるDIY

古民家写真多数入れております。

自作でウッドデッキ作っています。

下記リンクはリコーシータ360度

ウッドデッキ作成 360度カメラ映像リコーシータ画像リンク

川は海水浴場お客様

DIYで古民家再生:汗をかいております。

車の乗り入れを考えます。

石組みを直したい。

 

夏休み最初の晴れの日となりました。減水の為、中洲にも人が入り込めます。

この時期草木も青々としています。

 

ウッドデッキ自作

注意:反省点

デッキの写真は、三脚を固定し撮りました。

360カメラ、板取川橋の写真は三脚の先にカメラを固定し、

少し頭の上で手を伸ばし撮りました、

どうしても頭が写りますので、パソコンで修正しました。

(上記より2年がたち、2020年最近では、

工務店さんとお付き合いできました、

古民家を教えて頂きながらDIYを楽しんでおります。

お金をかけずに、見栄え良くする方法等)