古民家DIY:井戸ポンプ汲み上げ:ポンプ位置

目次

古民家DIY:井戸手押しポンプ

井戸周りの整備


昨夜の夜、暗い中

現地着でポンプ水汲み出し
試してみました、ポンプに呼び水を入れて
素直に汲み上げ出来ましたが、
少し試していると、ピストン上部の
ネジが緩んでいて、外れてしまい、
この後、夜は諦め!

何度とポンプ汲み上げで緩んできたようでした。

翌日ポンプをばらしピストン上部ネジを締めました。


再度ポンプ固定し、呼び水を入れて
レバーを上下
しかし、この時点で何かがおかしいと感じつつ
汲み上げはできました。

井戸地下に水袋ができているようです。ありがたい!

ポンプを時折汲み上げしながら、
給水管迄の、配管を通す位置まで
溝を掘ります。


ポンプは順調と思えていましたが、
昼食の用意と、食事後に、
再度ポンプのバーを上下汲み上げを試みますが
水が上がりません、30分程しかたっていないのに
再度呼び水で、汲み上げを始めますが、
ポンプの水が上がるまでの
時間がかかりすぎます。
この時点で、気づきましたが、
空気漏れで圧力がかかっていなかったようです。

中古の手押しポンプの為か、ボルト連結部分

パッキンが固くなっている為

圧縮の空気漏れがしていることに気づきます。


木の根は、以前も掘りましたが
あまりやりたくありません。
レシプロソーで木の根をカットします。


ようやく浅井戸ポンプ迄の配管の道のりが
出来てきました。
宅内迄井戸水を通そうと思います。


浅井戸電気ポンプの固定をどのようにするか悩みます。


この周りに置くコンクリートブロックを
8個仕入れました。


手押しポンプと浅井戸ポンプ(電気ポンプ)
両方を付けても良いかもしれない。

非常用の手押しポンプもあると便利なのかも

それとも使用しないかも?


高さ段差をいろいろ見ます。

DIYで井戸ポンプ小屋を作る。が始まります。

いい加減に置いたポンプ台


井戸も調子に乗ると
スムーズに水は出ます。


濁りもなくなってきているようです。

ちなみにチェンソー中古でぽちりました。
出品の商品最悪でした。
このエンジンとガイドバー・チェーンと外されて
届きましたが、ガイドバーとチェーンを取付
しようと四苦八苦しましたが、おかしい
チェーン無理やり付けたが、チェーン回りません
この本体と、ガイドバー・チェーンこの本体の
商品サイズの長さ違ったものを付けられていました。

別物:サイズ・商品使用できません。
単なるごみを売るな!!
出品者何処で仕入れたのか、ごみから拾って来たような
自分でチェーン外したのであれば、わかるはず。
新品を購入すれば良かったと今更後悔!


井戸水を漬物用たらいに溜めてみました。


濁りと砂は感じられません。


手押しポンプで井戸再生成功と
心がほっとしています。

この後浅井戸用電気ポンプを取り付けます。


浅井戸ポンプの小屋が必要か!

次回は、浅井戸用電気ポンプの設置

その後、井戸周りのDIYでポンプ小屋作成

井戸小屋をベンチ使用に考えます。

ウッドデッキに水道以前から欲しかった。

水槽、又は池を考え、

すいか・ビール・ジュースなどを

冷やす池でも考えます。

電気配線も8m程必要:防水コンセント

追記情報:コロナにて、川には立ち入り禁止ゲートがされていて

ガードマンが車両入り口には立ってみえました。

高賀神社水くみは、5月6日迄、入場できません。

関市ネオの池同じく駐車場も立ち入り禁止

地元の方耕運機の移動で、車両押してみえました。

そろそろ畑が始まるようです。

軽トレックに、除草シートを積んで何処かに!

コメントを残す