古民家再生DIY:押入れ調整:珪藻土塗り始め:壁天井の化粧

目次

岐阜県美濃市空家の古民家リフォーム

珪藻土塗り始め!

中古住宅:古民家再生DIY

壁天井の仕上げに珪藻土を塗ります。

天井解体後リフォームしていきます。

プラスターボードの上に珪藻土

もう一部屋も珪藻土塗り始めます。

高い部分から塗っていきます。

仮に照明付けております。

壁面は後から塗ります。

脚立で場所が狭く、時折頭をぶつけます。

塗るには珪藻土を混ぜる。これがなかなか面倒です。

ドリルにかき混ぜ棒を用意し、少しずつ水をまぜて、カラーを入れます。下の方で混ざっていない。

かき混ぜ用のドリルは勿体なくて買えません。

だんだん気分が乗ると、小手もスムーズに動かせます。

一度にやると、腰にきます。

珪藻土は固まったら、早いうちは水を追加すれば、やわらかくなります。

やわらかくなりすぎると今度は面倒です。珪藻土の追加は良いですが、色カラーの量により、色合いが変わります。

一時的に照明を付けました

夜になると色カラーの色がわかりにくくなります。

水分のあるうちは良いのですが

乾くと、この色!と思います。

ボードの目地にパテ塗り

パテで先に大きな段差は埋めてあります。

 

梁の目地が塗りにくいです。少し多めに塗っていかないと、段差が目立ちます。

 

 

 

 

床の間道具入れとなってしまっています。

梁は白く塗ったのですが、奥方様からだめだしがでました。いずれ塗り直しです。

 

 

何れ梁の色を変えます。黒にするのでは!

 

荷物工具もまだ多いので片付けながらの作業となります。

物置、押入れはこのまましばらく物置として使います。

パテの修正も大工仕事が素人下手ですが何とかします。

物置部分は、まだ何もせず、荷物工具の置き場が移せない。

古民家リフォーム素人日曜大工まだまだ進みます。

注意:反省点

プラスターボード張りでは、インパクトドライバーで螺子をとめますが、ドライバーの勢いが強く、螺子が貫通抜けてしまうことがあります。気をつけないと穴だらけ!

プラスターボード張りで、ビスが下地の木に入らず、隙間が浮く場合があります。

下地の木にビスが届かない等、下地とボードのサイズ位置の確認が不十分であったようで、何箇所かでてきます、パテで埋めてはいますが、段差等が気になります。

パテは珪藻土を上塗りするので、

適当に盛り上げて塗っております。

目地の隙間を埋めるのに何度もコテ・へらをあてます。

屋根プラスターボードパテ補修

屋根裏天井プラスターボード

珪藻土は一部屋塗りましたので、一度に塗れる量が何となくわかります。

時間の配分も考えながら塗ります。

パテの補修も気になりますが、珪藻土の厚い部分と薄い塗りと、考えて塗っていきます。

一面を塗っては休んでまた塗ります。ミスした所は、自分では把握して、やり直しをするには時間に焦りも出ます。

ボード目地のパテ塗り

ビスのパテ塗り

珪藻土塗り始め

珪藻土塗り始め

細かい所もパテ埋めします。

一面ずつ塗っていきます。

狭いところは塗りにくいです。

カーテンが気になります。

珪藻土塗り始め

 

ボードの張り方の悪い部分も、塗っていると、良くわかります。

直したいとも思いますが、今からはできません。ボードを外してやり直すなど・・・・!

古民家リフォーム画像:DIY写真一覧

内装工事:防水防湿シート

断熱材グラスウール

プラスターボード

パテ補修

珪藻土塗り

古民家再生DIY

古民家再生前の写真

 

コメントを残す