古民家リフォーム:鮎釣り

目次

古民家リフォーム

DIYする時間もほしい。
夜12時着:明日の鮎釣りの為に寝る
明日の台風予報が気になりながらも!

朝目が覚めると6時前、もう一時間してからと思い
すでに8時になっていました。


慌てて近場の釣り場に付き
川を眺めてから、知人とお話、

おとり鮎親を買いに走り
釣り始めが9時となってしまった。
2度寝反省!


朝一の追いをヒットできず、
粘って午前で4匹


遅めのお昼を、味噌煮込みうどん

コールマンシングルバーナーで鍋に湯を沸かし調理
インスタントではあるが、具もなくいただき
再度川へ:温かい物が欲しい時期


午後からの釣果も悪く2匹を追加して
4時には終了、
終了と同時に、雨もパラツキ
時折強く降るも
川で知り合った、常連さんと

車のそばで、鮎談義
1時間楽しいお話をしておりました。


6時古民家に戻り、シャワーを浴びて
ラーメンを食し、
明日は、釣りをするか、台風で釣りにならないか
本日の体力と、現在の雨を考え
明日は家族サービスと思い帰路と判断し
帰りに、知人の家に鮎を届けて
次回の古民家改装を目指します。

釣果:午前中4匹、午後2匹

反省:一箇所に粘りすぎたようです。

常連さんは15匹と私の倍以上

川を知る、鮎を知る。

お話では、水温の変化を見逃さない、

水温が変わると鮎がトロ場から駆け上がってくる。

ハンで来る、そのタイミング

一つのねらい目

川には5時過ぎまで頑張って2人、入ってみえました。それぞれ2匹位は掛かっているようでした、但し、雨の中での釣りカッパ着用

コメントを残す