タグアーカイブ: 360度カメラ

古民家DIY:年の瀬:しめ縄:清掃:スチーム洗浄

古民家DIY

室内360度カメラ

年の瀬:しめ縄:スチーム洗浄

下記古民家360度カメラ画像

R0010354

セスキ炭酸ソーダ:お掃除には効果あり

ロールカーテン・ブラインドの清掃


年の瀬:掃除をしようと思い
スチーム洗浄機持ち込みました。


ロールカーテンの洗浄


20年以上前のロールカーテン
黄ばみ・シミを落ちるかスチームで洗浄


終わってみてかなり汚れが落ちたと思われます。

残ったシミもありそうです。


乾いていないので、乾いてから見てみます。


夜更かしで、よる遅くに空を見上げ
今日は星が雲もなく綺麗に見えます。


鍋・釜も洗浄をしますが、
以前に購入した、セスキ炭酸ソーダ
探し出し、使用していきます。

掃除には効果大です。


もう一つ、掃除には重曹をよく使用するのですが
無くなってしまったのか、見当たりません。

朝起きますと、プラダンの断熱効果があったのでしょう、
ガラスに霜が付いていません。


プラダンには霜は付いていませんでしたが、
アルミのサッシ枠には、
霜が付いています。
2重窓をやはり考えるか・・・


霜は各所のアルミ窓枠にあります。


清掃・スチーム洗浄します。

外の窓です。窓枠のゴムの汚れ取り


霧のように周りは、ほんわかと、水滴でぼけます。


天気が良いので、布団を干します。

30年以上前のブラインドの清掃

ブラインド、枠から外し、床に置いてスチーム洗浄
セスキ炭酸ソーダを吹き付けてはいます。

手ごわい相手です。最後はやはりウエスでふき取ります。


スチームを当てて比較しますと、
左右・とんでもなく綺麗になっているのがわかります。


ロールカーテン:
スチーム洗浄にて、カーテンシミを取ります。


昨年の年の瀬に、付けましたしめ縄

今年のしめ縄一年ありがとう


DIYの今年のしめ縄はこれです。


令和二年目よろしくお願いします。


またまた、庭に撒く川原の砂利を拾いにきました。


近所の方も車で入ってみえたので、
聞いてみましたが、庭にバケツ2杯程の
砂利を取りに来たそうでした。


私7袋の砂利を土嚢袋に詰め放題!

砂利を詰めすぎますと
車に持ち上げ乗せるのが結構きつく感じます。

昨日もお泊りキャンパー沢山みえていました。
夜の明かりでしたが・・・


川は今も、減水と、静かだと感じます。


砂利を庭に撒きました、
草が生えないようにと対策ですが、
まだまだ入れないと効果が薄い。

以前より大き目の砂利を入れました。

細かい砂利ですと、靴底に付いてしまい、

ウッドデッキにまで散らばります。

ここは、来年土をまだまだ欠きだします。


鍋・やかんのスス取り、
セスキ炭酸ソーダを吹き付け、
ケレンの工具で、削り取り
スチームで、やっとの思い。


30年使用の鍋ですが、かなりこびりついています。
キャンプ仕様で使っていた鍋です。
ススが取れないと思い放置して使用していました。


少しずつですが、よごれ取れていきます。

古民家DIY、3年が過ぎ!

当初は隙間風で寝られない日がよくありました。


やっとここまでと、ケガもなく進めれたこと
感謝しながら、来年も頑張るぞ!

写真少しボケていますが、ご了承ください。

コンパクトデジカメで、フラッシュが弱いです。

シャッタースピードの調整でしょうか?

暗くなるのも冬で、はやくなりました。

一応古民家年の瀬で出来ますこと今年は終了

来年も、お泊りで鮎釣りするぞ


外を見ながら、古民家購入後、何かと思い出します。

以前の360度カメラ写真あまり変わっていませんが・・・

写真どの色がお好き!

下記古民家360度カメラ画像

R0010351

R0010351

R0010354

R0010354

少し室内赤は、恥ずかしい想いもします。

夜のクラブかキャバレーの様でしょうか!

R0010355

R0010355

 

古民家再生DIY:自作ウッドデッキビス止め

岐阜県美濃市空家の古民家リフォーム

ウッドデッキビス止め:ウッドデッキDIY

物置基礎アンカー止め

雪対策で屋根補修

屋根雨漏り対策

漆喰を打つ、漆喰打ち直し

屋根の上から

柱基礎アンカー止め

台風で瓦を直す

柱にボルトを通します。

ドリルで柱に穴あけボルトが長い為、木をかまして穴あけしました。

後はセメントで固めます。

ボルトが長いので木を噛ましました。

アンカーを打ち込みボルトで固定

土台に金物

屋根の漆喰打ち直し

漆喰割れた所があります。

古い漆喰を落とします。

昨年の雪対策が不十分と思い、風除けに板を付けます。

古い漆喰を落とし、アルミの板で、風と雨の対策をします。

風除け対策となります。

他のところも同時に漆喰を練って用意します。

素人塗りです、多少厚いのでは?

へらで漆喰を塗りました。

専用のコテは使用していません。

漆喰うぃ打ちます。

雨漏りするのではと、思えるところは塗りました。

風と、雪の対策にもなると思い増えていきます。

今まである元のトタン板と瓦の間に、漆喰を念のため打ちました。

一通り漆喰塗り終わりました。

トタンの隙間に漆喰

 

古い漆喰はぼろぼろ落ちました。

アルミ板を固定し、漆喰を打ちます。

大目の漆喰ですが、何処まで塗ると良いのか?

 

 

漆喰が割れています。

屋根からの写真撮りました。

隣の家の屋根も写します。

南方向

屋根から南東方向の写真

東方向

屋根から北東方向の写真

瓦屋根からの写真:北方向

屋根から北方向の写真

北西方向

東方向の写真

西方向崖の写真

 

屋根から北東方向の写真

こんな時こそ360度カメラで写せば良かった。

ここはいずれ塗装をしようと思っています。

コーキングを打つことを考えています。

ウッドデッキに荷物があり、まだ床ビス止めしていないので

翌日には予定しています。

夜のソロキャンプ、鍋を始めます。

夜のソロキャンプ

夜には用意しました、時計を付けました。

時計を付けました。

鮎釣り情報

川には釣り師が見えましたが、ここの所の台風と

雨続きの為増水です。地元の方と話ししましたが、

ガリ釣りも、高水で入れない。

網も使用されているので、2~3匹程度でのここの

所の釣果だそうです。かなり雨で下がったのではとのこと

ウッドデッキ、荷物片付け写真一枚

ウッドデッキビス止め!

片づけが先になります。

先日購入しました箱買の、コースレッド・ビス螺子が

すべてなくなり、足らなくなりました。

ウッドデッキが大きく見えます。

ウッドデッキ間口があり広々と感じます。

除草剤を巻いたため、いくぶん空き地広く感じます。

 

反省点:注意事項

ウッドデッキ基礎は、繰り石を少し入れておくと良かったか?

漆喰打ちと同時に瓦のずれの点検をします。

瓦にずれがある瓦は手で動かしてみて隙間をなくしていきます。

瓦屋根漆喰塗り:小さなコテが必要であった、瓦回りの養生をすると

出来上がりが綺麗だと思われる。

デッキのビス止め、ビス固定に、5mm程度の小板を挟んで、等間隔にするが、床張る面の

全てに小板を挟み、全体の位置の確認をしてからのビス止めをすると良いかと思われた。

屋根特に塩ビトタンの上では、靴の種類に気をつける。プロが地下足袋を好むのもわかるような気がします。

自作でウッドデッキDIYで作り、調理用流しを用意しました。

デッキも増設・屋根はバーベキューをするには欲しいと思いました。