タグアーカイブ: ロケットストーブ

古民家再生DIY:暖炉その後:井戸再生できるか!

古民家リフォーム・リノベーション

古民家で一人DIY
薪ストーブで温かく過ごす。

井戸の復活試みる。

暖炉、薪ストーブ燃焼動画

暖炉にやかんを乗せてお湯が沸かせる。

暖炉を付ける前に、網を加工し、

暖炉にやかんを乗せれるように、

金物で網が安定するよう加工しました。

薪の入れ方にもよりますが、焚き付け当初は耐熱ガラスに

ススが付きます。中の温度が温まっていないための様です。

温度が上がるとススが燃えてなくなります。

煙突に出る煙の量を
焚き付け当初の様子を見に
外に出て見ています。
空は星が見え始めています。


薄い煙に変わった様子です。


暖炉燃焼当初は、耐熱ガラスに!
燃焼温度が低く、ガラスにススが
出ます。

 

暖炉:薪スト燃焼動画はこちら


かなり燃焼温度も上がってきました。
ススもこれで薪を足していけば、
消えていきます。

暖炉上の配管が少し黒ずんできました。

電気を消すと薪スト上の配管も赤く見えます。

 


横にやかんを置いておけるように、
網を左右サイズの長めの網を用意しました。


横に長い黒い網は、電気ストーブの
縦形の壊れた電気ストーブの廃棄物
を外し、平面に加工したものです。


やかんに入れた、水、お湯が沸きます。
室内の加湿になります。
この時点で、室温は熱くなり、
シャツ一枚でいられます。

翌日は井戸堀!

昔の井戸跡の配管が利用できないか、
試しに、周りを掘り、
鉄管の状態を見ます。

地元の知人も含めご協力いただきまして、

検討しながら試行錯誤お知恵を借りながら、

方法と道具をお借りしてお試し!


配管は2重になっていて、
中の管だけ抜くことが出来ないか、
試してみました、
外側のパイプをサンダーでカットし
中の管が、回るか、パイプレンチで回しますが、
中の管と外の管が、同時に動くだけで、
中の細い管は回りもしません。

配管自体がかなり前のもので、錆付きがわかります。


休憩とお昼ご飯で、ロケットストーブで
鍋と、餃子を焼きました。


夕方、暖炉薪ストーブ付けまして、
夕食の用意をしました。

薪ストーブ費用の気になり方はこちら

 

井戸再生体験

試しに、管の上部よりワイヤーを中の管に差し込み

深さと、ワイヤーが通るか試してみました、

深さ2m程で、一度中で止まってしまい、

何かが当たります。

再度入れなおして、何度とつつくと

深さ4,7m迄ワイヤーが入りました。

これが井戸の深さと思います。

再度入れてみるとなぜか2m程で、

何かに当たります。

錆付きがはがれて詰って止まってしまったのか?

中の管に横穴をあけ、金の棒を通して
ワイヤーと金物で、固定しジャッキアップで、

中の管が持ち上がり、動くか試してみましたが、
中、外の管が同時に1Cmだけ上に動いたところで、
中の管だけ、抜けると思えず、
断念しました、おそらく中の管と外の管は、
錆付き、固着しているようです。

配管が曲がっていることも考えられます。
次回ほかの方法で、井戸の復活を
試みてみます。

梁の残材の上にジャッキを置き

中の管と金物で固定し試しました。

急いでいたため、写真撮る暇がありませんでした。

夕方室内で、お話で時間がたち、

鍋料理の残りと、うどんを暖炉で、

温め食事し薪ストーブの様子を見ていました。

薪ストーブ最高に暖かく過ごせます。

古民家冬支度第2段:室内断熱:敷地清掃:ウッドデッキ防腐剤塗

古民家再生DIY:冬支度

板取川鮎釣り友釣りは終了!

板取川鮎釣りしながら古民家DIY

先月迄は友釣りでした、来年が待ち遠しい。
今日の空は雲一つない快晴
紅葉日和

逆光ですが、川状況
静かです。
鮎ガリ釣りまだされてみえます。

30~40匹位はかかっているとか、

網で500匹位取れたとか、

今年は、各所でまだ群れがいると聞きます。

長良川本流には下がっていないとか

但し、鮎の体はサビで黒くはなっているようです。

美濃市板取川

もみじが綺麗です。

今日も公民館で、集まりがあったようです。

山の紅葉

新美濃橋

もう冬が近いというのに

板取川鮎釣り・ガリ釣りされてみえました。

長良川大人の隠れ家

昨年洗面所に!:冬に天井水滴が結露と判明
雨漏りと勘違いして対策をしていました。
外からで、修復加工が出来るか見ています。


トタン少しダンパネジを
打ちなおしてみました。


洗面所ですが室内から天井を
断熱打ち直した方が良いか?
今後また考えてみます。

板取川大人の火遊び

一人でしたので小さな鍋で
コンロ替わり
ロケットストーブは出しませんでした。
ゆっくり鍋が煮えるのを待っていました。
最後にゆで卵
コールマンの焚火台


まだまだ崖の土をかき出していました。


二日連続の土出し、土嚢作り
体に応えます。偉い!!


しんどい想いで
上から土をかき出します。

そして土嚢袋に入れ、運び出します。

焼却したかった、内壁材の解体ごみ:右手側
腐りかかって、減らしてはきましたが、

山積み状態

長年使ったキャンプ用バーベキューコンロが古く
底と壁側に穴が開き使用していませんでした。


処分予定のよくあるトタンの看板を
釘を外し、コンロの外枠に巻き付け、
枠にネジ止めをし固定しました。
足は外しましたが、
焼却炉として使用出来ました。


先週の小川の土手の草
今日も焼却するか考えます。

まだ草があるのでどうするか!


どんどん燃える解体ゴミ燃やします。

燃え出しても追加を入れると

雨に濡れて敷けっているので、

焼却・燃焼が悪いです。

時には紅葉を眺めます。

小川の土手、再度草焼き納得できるまで
草焼きしました。

灯油バーナーで焼却

燃やした当初は汚く見えますが・・・


風よけのシート:幕を
ウッドデッキに張りました。


夜に鍋を作ります。

ここ最近、毎回ソロキャンプをしています。


焚火台は、ススがどうしても、
火おこしで内輪であおると
細かいススが飛びます。


煙と闘いながら食事終了

ロケットストーブの方が、燃焼効率が良いようで

鍋物には、すすも出にくく、

焚き火台より調理しやすいようです。

煙突を作ると良いのでしょうが、

毎回というわけではないので

煙でデッキ天井は大丈夫か?


カメラのフラッシュをたきますと
ススが反射して、
光ります。
無数のススが飛び交っているのが
わかります。

寒さに耐えていつまでウッドデッキで

バーベキュー

夕方地元の方帰られました。

室内防寒対策
下は仮止めで先週プラダン付けました。
今回上のガラスにもプラダン張りました。
上は両面テープで張っています。

テープの跡は見えません。


別の窓にも張ります。
防音にもなり、防寒にもなると思います。
ただ気になるのが、霜などで水滴が
付くと、両面テープの剥がれが
どのように出るかが気になります。

強力タイプのテープにすると今度は、

粘りが取れなくなります。
今年試してみて考えます。


ウッドデッキメンテナンス
一年に一度と思い、ウッドデッキの
防腐剤を塗ります。


基礎となる柱は特に1年に一度塗ると
良いと聞きます。
思い切って床も塗りました。

自作焼却炉のおかげで、残材の半分以上
焼却できたかと思います。

風向きにより煙がすごいので、

昨日と場所を変えました。

タイムアウトでここまでと思い、
火の着いたままで帰るのでは、
申し訳ない近所に心配かけます。

また、次回溜まった燃えカスを一旦出さないと、

燃焼が悪くなります。

秋に冬支度をしています。

美濃市古民家中古住宅

DIY mizuho forum:古民家再生計画:古民家DIY

岐阜県古民家中古住宅物件改装しています。

古民家 diy ビフォーアフター

古民家再生みずほフォーラムDIY

DIYでリフォーム・リノベーション実践

内装全面珪藻土塗りで仕上げています。

古民家リフォーム画像多数入れております。

古民家DIYリフォームが面白い!

mizuho forum へようこそ。

岐阜県長良川・板取川でDIY古民家再生リフォームしています。

DIY実際の画像、全天球360度

古民家リフォーム・リノベーション室内画像

下記リンクお楽しみください。

見える収納を心がけてDIYしています。

天井裏も見え、収納棚も見える収納、布団も見えます。

室内360度写真画像

みずほフォーラム:古民家再生diy360度リンク

名古屋市瑞穂区より走ります。mizuhoforum

ブログページはこちら

目指せ!デザイン中古住宅

古民家再生計画、実現しています!

ビフォー・アフター手を付けてきました。
美濃市:古民家再生DIY:長良川:板取川
リフォーム・リノベーション

素人がリノベーションするには、やはり価格を安価で済ませたい。

中古の照明器具を購入したり、材料の取引先があるわけでないので、材料の下調べからサイズを調べたり手間がかかります。但し、他へ販売する商品ではないので、新品でないといけないわけではなく、解体の廃材を再利用できるのも、DIYであるからできます。失敗も多々あります。それを自作の味がある思いでともなり、次回の経験につなげていきます。工具一つにおいても、プロの工具とは違います、必要な最低限の工具と言えるでしょう、またプロの工具をいきなり使えるとも思えません。

デザインに気を使い、お洒落な古民家心がけ!
別荘!中古住宅!と言えない、大人の隠れ家:小屋程度
建物のチェックをしながら、
雨漏り:基礎周り:土台交換:サッシ調整:雨樋:ウッドデッキ
屋根瓦補修:壁:天井:塗装:バス:トイレ:玄関:床:洗面
解体:木の根堀お越し:敷地整地 補修箇所は多々あります。。
自分で出来る古民家再生をめざしております。

工事項目としても、大工、解体:風呂場解体、壁作り、天井ボード、断熱材、屋根補修、外壁補修

外壁塗装、壁起こし、天井張り、照明器具、電気コンセント、配線工事、フローリング張り

構造用合板張り、土台の交換、シロアリ駆除、高圧洗浄、ウッドデッキ作り

地ならし、根の掘り起し、配管、物置作り、トタン張り、トイレ設置、洗面台

キッチンリフォーム、クロス張り、珪藻土塗り、壁、天井等さまざまです。

日曜大工の範囲を超えている気もしていますが
自分の納得できるまで、自力で頑張ります。

中古住宅平屋古民家:自力リフォーム
中古住宅購入物語!おしゃれに心がけます。
岐阜県古民家再生DIY
別荘!田舎暮らし!
東海北陸自動車道美濃インターより15分
関市・郡上市の隣の美濃市で中古、古民家再生してます。
昔の小住宅を別荘風にリフォームを心がけ
長良川・郡上・板取川で遊びと鮎釣りします。
時には高山・ひるがのなど観光地をめぐりたいと思います。

平屋の建物自分で出来ると思い込み!
別荘を購入した方が簡単とご指導いただいたことも
間違った選択かもしれませんが、好きなことをしています。

キャンプ・BBQが出来るようになってきました。

焚き火で、ウッドデッキが赤く見えます。

天井・壁は珪藻土塗りました。

LEDテープライト・ファンライト

屋根の補修で登り、写真取りました。

屋根から画像

ウッドデッキ360度カメラ画像

ウッドデッキ360度カメラ画像

季節の感じられる地域です。春・夏・秋・冬

夜には、星を仰ぎ、バーベキューで静かに時を過ごします。

ロケットストーブ・薪ストーブを自作DIYし

キャンプ:古民家を楽しみたいと思います。

古民家DIYブログ

古民家にウッドデッキ自作DIYしました。

古民家再生前写真(外観・内部写真)

下記中古住宅購入時の廃墟寸前の写真

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMGP9907-1024x768.jpg です

当初は荒れ果てた小さな住宅でした。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMGP9934-1024x768.jpg です

Do It Yourself