タグアーカイブ: リノベーション

古民家再生DIY:外壁塗装・塗り直し

古民家リフォームDIY:外壁塗装塗り

古民家まるごと自分でリフォーム

中古住宅・古民家再生自力で目指します。

Do It Yourself リノベーション

外壁塗装の前に、トタンの目地をコーキングで埋めます。

寒さ:暑さ対策:雨風対策で、是非点検しておく項目となります。

トタンのペイント塗り直し、錆止め後再度塗り直し

塗料の色合いが良いか試し塗りをします。

白の塗料・黒の塗料・紫の塗料、シンナーを

混ぜ調合して塗料を作ります。

塗料は油性ペイント

この調合で、次に何色を混ぜてよいのかわからなくなりました。

色つくり、終わってみれば大量の塗料となりました。

塗り始めます。

外壁の空色が気に入らないので塗り直し

 

風呂・キッチン周りの外壁から塗ります。

刷毛と塗料の缶を持って塗っていきます。

自分の気に入った色でと思いますが、

色が決まらなかったのと、混ぜて作っても

塗ってみないとわからないと感じます。

 

色合い良さそうに思えます。

こちらも手を休めず塗ります。

色合いを気にしながら塗っています。

手の届く範囲はまだ楽です。

一面を塗りました。軒の上も塗ると良いか?

塗り方は特には決まりはないですが、塗料を延ばすように、

下に垂れないように、刷毛の向きに注意すること、

刷毛に塗料を付けすぎると、垂れてきます。

基本は、下から上に刷毛を持ち上げるように塗るのが良いかと

こちらの面はほぼ良いか!

刷毛がばらつくようですとシンナーを少し入れます。

一面全体を見渡してみました。

建物裏の上部を塗ります。

 

脚立が不安定です。刷毛塗料の缶を持って上がります。

 

脚立を斜めにした方が作業がしやすいです。

狭いところに脚立を立てて、注意深く塗ります。

足の筋力が衰えています。

脚立に立っているのがやっとなのに!

上に手を上げると刷毛から塗料垂れてきます。

垂れないうちに刷毛を壁に沿わせます。

小さな面と、大きな面と色合い違って感じます。

 

光の当たり具合でかなり色合いが違って見えます。

同じペンキですが

 

ようやく全面を塗りました。

軒の上部は脚立の上で慎重に手を伸ばします。

写真撮る位置光の当たり具合で違って見えます。

 

軒下を塗ってみました。

奥の建物を塗ります。

脚立も平坦でないので、足場がぐらつきます。

棟違いの屋根伏せ部分も塗ります。

 

 

上部は塗ってありません。

錆止めを塗ったままです。

脚立の出番。

物置き場周りの塗装

洗面部分塗りました。

塗り終わりました、見る方角により濃さが違って見えます。

建物の色とウッドデッキの色違い気になります。

奥を見てみます。

少し色が明るくないかな!

軒下も塗りました。

建物裏も仕上げます。

建物軒下あそこも塗るかな!

渋く感じますが、光が当ると明るく青が薄くないかな!

そろそろ塗装は完成間近!

すでに物を置いています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

裏の洗面

刷毛の先も薄くなり、ぼろぼろになってきたのを感じました。

実は、刷毛斑等で、少し眺めては、塗り直しをした所があります。

この面他より濃く感じます。

2度塗りが基本でしょうが、一度塗りでご勘弁

土嚢もまだ片付けています。

肩と首に負担があり終了としました。

次回は紅葉の時期となるでしょうか!

ゆっくり紅葉を味わってみたい。

反省:注意点:

DIY岐阜県古民家中古住宅物件改装

古民家DIY外壁塗装:塗り替え

塗料の調合は難しく感じました。

以前の状態は!ブルー空色でした。

ウッドデッキから眺めます。

塗り忘れがないか気になります。

最初は、白ベースを多く入れすぎまして、

青と黒を混ぜますが、色合いがわからず、

少しずつ入れて、再度混ぜますが、

なかなか気に入った色合いになりませんでした。

脚立で立っての作業は体力の衰えを感じます。

今回ローラー塗りの工具は用意してありましたが、

トタンのでこぼこには合わないと思い、刷毛にて塗りました。

油性の塗料ですが、塗っている間に、

延びが悪くなります、シンナーでやわらかくなりますが、

刷毛斑が出やすくなります。

脚立の上での作業は、不安定になり、何度となく、

脚立の移動が必要となります。

塗装を塗り終わり建物のイメージがかなり変わったと思います。

塗料の色は、ウッドデッキとの色合いが合わず気になりましたが、

木調のウッドデッキが古くなれば、

デッキに色を塗ることになると思います。

シリコンコーキングの目地を入れた箇所は、

段差があり塗料の塗りが難しく、

コーキング時点の押さえがしてない為でこぼことなりました。

こだわりを持って今回外壁の塗り直ししました。

DIYウッドデッキ床ビス止め:固定:古民家再生

ウッドデッキDIY:増設:流し台:コンロ

岐阜県古民家中古物件リノベーションしています。

岐阜県古民家再生DIY:名古屋市瑞穂区より

岐阜県美濃市:板取川:長良川まで

ウッドデッキ満足できずに増設しています。

バーベキューに調理場・流し台を増設用意します。

屋根付きウッドデッキ:屋根も補強しながら作ります。

一人でできるDIY

床基礎代わりに、金物

床材に4寸角の木材使用したかったのですが、

予算の都合上ビス止めで10Cm×4Cmの木材でサンドウィッチ工法

で柱材にビス止めしました。

強度を考え筋交い等を入れる代わりに、

ボルトナットで、木材を基礎材料に固定しました。

安価な方法と思われます。

ウッドデッキ床ビス止め、

木材のひねりはどうしてもあります。

ウッドデッキ下には、本来コンクリートを敷き詰めれば

湿気等完璧なのでしょうが、予算上と体力を考え

除草シートを敷き詰め、上に川の砂利をばら撒きました。

川の砂利は体力勝負で、

袋に詰めに乗用車で運びます。

袋代金で済みます。

並べてビス止め、木材の間は4mmで調整(板を差込間隔を調整します。)

基礎代わりに、金物で固定しました。

注意:雨対策で、防腐剤は必ず塗っておきます。

デッキは毎年塗る必要も出てくるでしょう。

屋根のトタンの出を、付けた方が、

デッキが傷まないか気になります。

外側のデッキが一年で黒ずんできます。

木の色(黄色身)の付いた防腐剤を塗っていますが、

色が薄いのでしょうが

後で塗っても黒ずみは消えません。

ウッドデッキDIYで!

しばらく掃出しオープンデッキでいきます。

自作ウッドデッキでバーベキューができる。

ウッドデッキDIY360度画像

調理場となるのかロケットストーブ欲しくなります。

古民家リノベーションdiy

 

ウッドデッキ最終的にデザインイメージ!

ご興味のある方下記リンクこちら

古民家リフォーム:ウッドデッキ:薪ストーブ:BBQ

素人古民家再生DIY自力で始めます。

知らない土地での古民家再生DIY

DIYKハウスガード:古民家を守ります。

建物改装前・処分荷物排出

みずほフォーラム:古民家再生DIYリフォーム始めます。

岐阜県・長良川・板取川近くの古民家再生・リフォーム手がけます。

リノベーションとかデザイン住宅とか言われる時代に自力でDIY

内部の荷物撤去しました。別荘風に改装できるのか?

特に良い材料が使われているわけでもないようですが。

昔ながらの普通の木造平屋建ての住宅です。

荷物を撤去した状態となります。

現況板の間一部ありますが、昔は和室の作りのようです。

玄関から2室の通路となります。

一棟の建物にもう一棟の建物を増築したようで、

玄関が狭く無理やり板を置いて

行き来していたようです。

 

勝手口の洗面・洗濯場

通路は狭く、日の光が入りません。

美濃市中古住宅古民家

キッチン広くはありませんが、何とかこのままで

維持が出来ればと思います。

節約します。

キッチン部分3帖程

 

和室であった所に、フローリングの板を張ったようです。

洋室8畳・板の間に変更されています。

美濃市中古住宅古民家

屋根は瓦屋根となります。

北側・トイレ・風呂・キッチン配管があります。

裏庭は、山があり、草木が伸びて生えると

建物にも影響が出ていたようです。

蔓が建物まで延びていました。

裏は崖

風呂場の脱衣部分がなく、キッチンで着替えをしなければなりません。

 

かなり切りましたが、草木は生え放題、

くもの巣も異常にありました。

草木をすべて切りました。

草木うっそうとしていた、正面

 

表と裏風が抜けます

中の荷物も処分いたしました。原型がやっとわかります。

間口は道路着きですが、敷地は三角形の土地となります。

関市古民家中古住宅

建物登記・評価面積・築年

中古住宅購入古民家

古民家再生DIY

リノベーション:リフォーム住宅

建物の税金評価を決める評価通知書を見ますと

大正10年築年に記載56㎡と増築かと思われます、

登記簿には築年不詳、昭和49年不詳増築と記載があります、

当然瓦などは補修がしていないとここまで持たないでしょう!

岐阜県・長良川・板取川

古民家購入

リノベーション前の写真