天気が良く:ウッドデッキ屋根:ベットの加工

古民家DIY
天気も良く心地よいDIYとなりました。
長良川・板取川も水が綺麗です。
夜には前回購入できなかった
自作ベットの足にキャスターを付けました。

ニュースで長良川

鮎の初せりが始まりました。

長良川下流でしょうが

ベットをDIYで作ります。

キャスター4個購入

キャスター1個248円と435円各2個購入

ベットの片側がストップできればと

ストッパー付きは2個にしました。


4本ベットの足にキャスター付けます。


荷物を入れる、ボックスも
隙間を調整して、ボードを
タッカーで止めました。

写真はベット裏面です。


足の中心にキャスターを付けます。


ボード調整に材木の切れ端で
タッカー固定用に、のりしろ部分を付けました。


木の固定は、適当な端材です。(見えない所です。)


ベニアの隙間を調整し終わりました。


下の隙間からほこりと、虫が入らないよう
防水・防湿シートを使用しました。

これでダメなら銀マット敷きます。
外壁用の防水シートが余っていました。
再利用。ネームの印字が気になります。

シートは又後ほど探します。


早速使用していない押入れの布団を
入れてみました。

ベットの床下利用:ベットはキャスターで、

自由に移動可能です。

羽毛布団でしたので、上に板を置けば、沈みます。

(布団圧縮します。)


さて、もう一台のベットは
収納をどこに付けるか
段差をどのようにするか
迷っております。
次回に挑戦!

 


露時期に来月には入るので、
雨どい周りの防水を考え
ポリカトタンを張ります。
雨水が柱にかかると腐りの原因となります。

軒部分にトタンを用意したのも、柱の腐り対策


見栄えは良くないのですが
柱の雨よけで付けました。


ダンバでトタン屋根を止めます。

もう一本、間に木をいれた方がバランスが良さそう!
トタンのばたつき音がありそうです。


写真見ずらいですが、雨の吹き込みも
違ってくると思います。
樋へのごみと落ち葉の点検は
毎年必要と思われます。


コメリで購入しました、給油ポンプ
水タンクで室内で使用していましたが、
前回もおかしくなり、電源が入った雰囲気がない?
電池を交換してみたが点きません。
半年もたたない、品なんですが、
安物なんでしょうかね?

新品電池交換し、この電池では
懐中電灯はつきますが、電池の問題ではないようです。


ホタルの里公園でテント3張り程
キャンプしていました。
午後でしたので、片づけ中のようです。
昨夜は焚き火がみえました。

交通安全ののぼり旗


庭に撒く砂を取りに河原に入りました。

河原で遊んでみえました、
子供は水着で、川へも入っていきました。
まだ寒いでしょうが。


4WDのトラック最高でしょうね。
何処にでも河原を入っていける。

近場の河原へ庭に撒く砂を取りに来ました。


いつまででも川を見ていたくなります。


河原で遊ぶ時期になってきました。

 


ウッドデッキに屋根追加


デッキを作った時に、ここの屋根まで
考えていなかった、追加で作る
屋根は、見栄えも、強度も
違ってくるとは思いますが、
デッキ部分も追加で作った為、
後での後悔ではありますが。

設計ミスとは考えてはおりませんが。


見た目の出っ張り部分が追加部分
前に出しました。


高さがあるので、気をつけてと思いながら
脚立の先が下がり、あっという間に、
ころげ落ちました、擦り傷と
頭を少し打ちました。


素人つくりですので、
この位かな!


後日必要であれば、強度を考えます。

デッキ屋根の形だけは出来ました。

補強が必要!


先端なので風の影響が出ると思い
ダンバ螺子は少し多めに付けました。

星を見る、ホタルを見る展望台に屋根を付けました。


またまた、ウッドデッキがでかく見えます。


河原で拾った砂
整地してから撒こうと思い・・・・
いつやれるのか!

草の対策として川砂を撒き

土に光が入らないようにします。

他の対策が思い浮かばない。

毎回草刈・草焼きはしたくありません。

工具は必要不可欠

1×4材2枚をダボでつなぎ合わせ
ボンド付け、棚板を作っております。
昨夜から、セットしてボンドの乾き待ち
取り付けは来週となります。


ダボ穴用のビットを、インパクトドライバー
と同時に忘れてきた為、ドリルで穴あけ
位置が会わずに、苦労しました。
専用工具は必要です。


最後に薪用に、庭に放置の残材を
カットし、次回のBBQ用の
焚物を用意しました。

(残材ですので、クギ等は付いています。薪にします)

6月には、ホタルが飛び交うことでしょう。

神洞ホタルの里公園:ホタル祭り楽しみに!

古民家DIY:GWみどりの日:ベットを作る

古民家再生DIY

GW公園無料キャンプ
本日は天気もよくにぎわっていました。

古民家リフォームデザイン

ベットをDIYで作ります。

安価で簡単にベットをDIY

基本2×4材:キャスター(移動用)

金物を使わず最低限価格で押さえる。

金物はビス程度

柱足・物置DIYに使用した残り材


2×4材を長さにカット
3寸の柱材に固定します。
ダボ穴を開けます。


柱用の穴と、ベット床用の穴を開けました。

2×4材をベット横に970mm3本用意

螺子隠しのためダボ穴ビットで開けて、螺子で止めました。


足の四箇所に同じように穴を開けビス止めします。


両方の横板を2×4材で幅内寸980mmに
寸法を取りました。
シングルベットサイズでしょうか!


ベットの重量を軽くする為、

間の床材は1本としました。

強度が足らなければ足せば良い、と感覚!
移動する時に軽い方が良いと思い、

強度は二の次にしました。
移動用キャスターを付けました。


キャスターは自在タイプと
ロックできるタイプを2個ずつ
用意してありました。

テーブルをキャスター付けて作る予定で

購入していました。

テーブル自作は後日となります。

ゴムは黒のタイプ


蝶螺子の付いた物が固定とフリーが出来るものです。

ストッパー付キャスター


1セット4個は以前に名古屋の

DCMカーマで購入してありました。


ウッドデッキで使用しました。下記写真
名前は知りませんが、

穴位置を目印で、非常に使い勝手の良い
道具です。穴位置計測


何処に仕舞いこんだのか、分からず、
探すのに時間がかかりました。


一つベットが出来上がりつつあります。
頭の棚部分と足元の手摺は
どのように創るか思案中です。
ベットの底部分に収納を創りたいのですが
お金も賭けたくなく、引き出しまで
作ろうと思ってはおりませんが!後日


もう一台同じように作り始めます。
収納の建材、材料がないのと
キャスターもないので、買出しに向かいます。
何か安価で、良い建材があればと向かいます。


途中田んぼを見ましたが、しろかき、田植えは
まだ一部のところしか始まっていないようです。

下写真、ここで購入と思い良い物があればと、

田舎のホームセンターへ
2.5mmのベニア板、をベット収納材に

購入しましたが、5mmまでは重くなるのと
本来カラーベニアが欲しかったのですが、
この店では、一般向けの材料しかありません。
キャスターも探しましたが、黒いキャスターが
この店にはありませんでした、同じ物でないと

2台のベット高さが違ってはいけないので諦めました。

ついでに、デッキ屋根の材料も購入

1×4材・ヒノキ4本と・杉の木4本・ポリカのトタン4枚
1×4材3.6m程2本購入
車載積み込みに自力で、

荷だしのレジに男2人いましたが、
この店では積み込みに手助けはありません。
以前にも購入何度となくしていますが、
気が向いた時だけのようです。
また、前回にも、お客様が、材木を積むのに
手袋をしていなくて、店員は手袋自分の用意して
手伝っているのには・・・
他の店では、荷物台キャスターに
お客様用が用意されているのに、この店は
ありません、田舎で、平気なのでしょうね。
店員自分だけは、軍手用意するとは?
ほたるの里公園
何張りもキャンプされてみえました。


ソロキャンプでしょうか、河原で1張り


今回購入した材料ですが、
車に積み込み一人でしました。

普通乗用車積載重量

『積めるだけ!』
店の人は知らん顔


ベットの床収納、時間がかかりました。
頑丈な作りなら、それなりに方法があるのですが
ベットの移動と、立て掛けをするのに軽く作りたい
と骨材は少なくしています。
そのため、ベニア特有の、べこべこ感
があり、修正と内部にシートでも貼ろうと思います。


一応形になりました。
使用していない時の
布団を入れておくのが良いか!

ただ単に箱を作っただけのようですが

収納になります。

後日ベニアのべこべこは、修正してみます。


2個並べると、ダブルベット風に見えます。
1台はキャスターがまだ無いので
段差がありますが、後日購入して付けます。

2台をつないで固定する方法を考えます。


上の化粧ベニアに見えるのは、
以前の室の境の
戸襖を利用しています。

ベットのマットを探さなくてはなりません。


時折風が強くなり、
波トタンが気になります。


今日も丸のこテーブルソー使用しました。

ゴールデンウィークでも古民家再生DIY

古民家DIY

平成で夜11時名古屋を出て、

現地着いたのが令和でした。

年号変わってもDIYします。

ゴールデンウィークでも:みずほフォーラム
美濃市ほたるの里公園
前日は雨の中1張りキャンプの方みえました。

隙間の補修
敷居の隙間に木工用のボンド付けました。
隙間風対策と虫除け

白で目立ちますが、乾くと透明になってくるのを待ちます。


壁と床との隙間を埋めます。
その後段差隠し用のアルミの木彫パネル


ボンドを多めに付けました。
アルミパネルと巾木を用意しています。

虫除けと風除け!改装途中では、ムカデがいたことがあります。

最近は室内では見なくなりました。


波を打った壁と床板隙間にボンド流し込みました。


ボンドはなかなか乾きません。

旧巾木気になりますが

黒のペンキも塗るか考えます。

巾木外したほうが良かったか悩みます。


他の所もついでに、ボンドで隙間を埋めます。


黒く見えるのはアルミの段差隠し


アルミ板螺子止めで、床がうねっています。
床の下にクッション材もあるからとも思います。

上から見れば、まっすぐなのですが?


巾木で見栄えが良くなりました。

部屋全体が締まった感じがします。


押入れからの屋根裏に上がる
はしごを用意しました、高さ調整で下に角材


これで屋根裏上がれます。


廃棄予定のロールカーテン
何とかサイズが合いまして付けました。
30年前の物です、再度洗剤で洗おうと思います。

ロールカーテン平成元年頃の物


カウンターキッチンにもロールカーテン
付けました。
汚れてはいますが。


キッチン目隠しには良かったと思います。


前回のベット、キャスターで移動可能
掃除にも楽です。雰囲気を変えて向きを
変えるのも楽です。

こちらの既成のベットにも床に収納を付けるか迷います。

組立て式ベットなので、邪魔になれば、ばらす事ができます。

棚を付けようと、枠組み出来ました。
早速荷物移動
置いてみたのは、キャンプ用寝袋


古い物もありますが、昔からキャンプで利用
のものもいくつかあります。
ほとんどが夏用です。
お客様が、多数見えたときには
利用できると持ち込んでありました。

服をステンレスパイプぶら下げハンガー賭け

雨カッパ・ジャンバー・釣り用の服を下げております。


夜の雰囲気電気を付けて、外から撮影

夜景を撮りました。


服の目隠しでロールカーテン
ここにも付けました。


テープライトが目立ちます。


吐き出しのウッドデッキが以前から
気になっていた点が、
雨が降ると水平ですとデッキに落ちた
雨が、建物の方に流れてくること、
デッキの隙間が4mmと狭く
ごみ・ほこりが、目地にたまり易く
目地にたまったごみにいつまでも
雨水が乾かない。
デッキの腐りの原因になりやすい


全てのビスを抜きます、
抜けないビスはサンダーでカットしました。
デッキを作って2年程ですが、
すでにビスに錆が出ているものもあります。
デッキに雨が当たる箇所で起こります。
屋根を追加するか考えます。
雨の当たる箇所には、何度と
防腐剤は塗ってはおりますが?

勾配をとるため下にフロアー材の残りを

デッキ下にかませました。


ビスの数も結構な数です。


少し隙間の巾を広げてみました。

角材を同じサイズでカットします。
ベットの足として使用しようと
試してみます。


カットしたものを、ランダムサンダーで
やすりをかけます。


夕方には、草焼きバーナーで
除草しました。


蜘蛛も焼きます、虫も焼きます。


トカゲが慌てて出てきました。

DIYで家具作り

ベットまで作り始めてしまいました。

お客様用ベットの用意をしています。
まだどのようにDIY作るか
思案中です。

この家にベット置くスペースがあるのだろうか?

角材足・2×4材を用意
ベットに収納が出来る様に、
考えたいと、材料の買出しも必要と
まとまりません。

金物も必要なのか、強度が・・・


美濃市ホタルの里公園
テントキャンプでにぎわっておりました。
ぱっと見た目で、8張り程か
家族子連れの方もみえました。

GWに古民家DIY:ベットが来た!隙間調整:玄関デザイン

ゴールデンウィーク:GW
道の駅:美濃にわか茶屋

気ずかなかった:夜に来たにわか茶屋
和紙で作ったキャラクターいつもは昼間で、
夜にライトアップでこんなに目立っていたとは!

自販機横にこんな看板
今までこれも気ずきませんでした。

子供が使っていた2段ベットの一段分
床板がありませんでした、
廃棄するならと持ち込みました。
ベットが来ました。加工が必要


1×4の板を購入して、並べるかと思いましたが、
18本も板がいるようではと価格と購入の手間が!
2×4材が残っていたので2本を床材に
角部分の押さえに、三角でカット材を4個作り


床板加工で何とか

ベットの床板がありません。

戸襖を再利用、長さが足らなかったので、
カットした材料を頭上と足元下に付けました。

DKカウンター棚

ビスの頭の目隠しに、珪藻土を塗りました。


螺子隠しでダボとか考えましたが、

自然に珪藻土の方が
綺麗に見えるかと

螺子頭を珪藻土で塗りました。


螺子穴を珪藻土で、塗りました。


螺子頭はこんな感じでした。


荷物で気付きませんでしたが、
珪藻土を塗った後に、すぐに荷物を置いて、

荷物のこすった
跡と、カビなのか、転々と跡があり
気に入らなかったので、珪藻土一部
塗り直しました、写真見づらいかも
しれません。


ついでではありますが、下地ボードの
ふしの跡が珪藻土塗った後に
浮き出ていました、プライマーなどの
飽く止めなどは対策はしていない為
どうしても出ます。
珪藻土を厚く塗るか、二度塗りが
必要と言うことです。


珪藻土薄く延ばしながら塗りました。


壁と床との段差、壁自体がまっすぐでない為
隙間が空いています。
わかっていましたが、
手前にある、アルミの木彫の
段差隠し材、以前も使用しました。


螺子止めしました。後で螺子に色を塗ります。


床板で空いた所もありますが、
いずれ,
何かで加工します。


左側にも一枚付けます。

昔からの巾木が気になります。

珪藻土を少し掃除しないといけないのですが、

塗装を塗ることと、巾木をもう一枚

追加しようと思います。

ベットの足に、キャスターを付けます。

ベットの移動にキャスターを付けました。
足に幅がないため、笠木で、足木を
厚くして、キャスターの螺子がかかるように
加工しました。
見栄えは後日考えます。


ベットの足側は、柱に厚みがあり
キャスターがそのままねじ込めました。

ここで既成のベットの足の幅が違うのに初めて気づきました。

(頭の柱と、足元の柱の違い)

前回に付けました、玄関の暴風対策
旧風呂場の建具
色を塗ります。
防水の為、外部となる為
塗っておかないと、腐ります。


特に外側は、雨風があたります。


ガラスの枠にはコーキングを打ちました。
防水のためにと思います。
塗料の色の種類が買い置きありません。
赤で塗りました。

すべて黒も考えましたが、面白くもないので・・・!


どうも中華料理屋、昔のラーメン屋の
色に見えてしかたありません。

ガラス枠目地にコーキングを

塗ったのは良いのですが、

白のコーキングが目立ちすぎます。

白のコーキングでなく、透明クリアーの
コーキングのほうが良かったのかも!


赤で全て塗ると、くどくなるようで、
外の枠は黒で塗りました。

ついでに上の雨樋を黒く塗りました。


この位の色で良いかな、お客さんが
来るときに目だって良いのかも!
赤い玄関目指して来て下さい。

よそで、廃棄のロールカーテン

デザインとして
借り付けしてみました。
台所とリビングの間

幅が少し足りなくも感じますが、

普通のカーテンを垂らすか迷っております。


この時期から草が多く生え出します。
周りが暗くなりましたが、
草刈でなく、草焼き用バーナーで草を焼きました。

カセットガスと灯油のバーナー:ハイブリットバーナー使用


暗くなってしまって、見えにくい。

石垣の下部分草焼きしました。

カメラのフラッシュが届きません。


夜の玄関、雰囲気が変わりました。

道の駅帰りのトイレに寄りました。

駐車場で車中泊のミニバン

カーテンを全体につけていました。

ゴールデンウイークですから!


道の駅のキャラクター美濃
美濃和紙:自分でもDIY、和紙で何か作ってみるかな?

古民家再生DIY:雨対策と換気対策:湿度調整珪藻土壁

古民家DIY:みずほフォーラム

古民家リフォーム:リノベーション

古民家再生室内換気

ウッドデッキ雨水周り

今日のお天気は曇り空
気温は暖かく感じました。

4月にできた、玄関周りのウッドデッキ屋根

先回雨の中トタンの屋根だけを
今回ダンバでトタン固定しました。


軒下に風除けが必要か見ています。

玄関の雨の吹き込みも一応考えます。


屋根の上で、トタンのバタつきを

追加ダンバで止めます。


風向きにもよりますが、強風時は、どうしても
バタつきます。


布団を物干しに
つるします。

トイレ用の換気扇ネットで購入
サイズも分からず、購入した為、
下までの、フードの長さが足りません。


説明書を見ながら、形にはセットしましたが、
長さが足らない分加工をどのようにするか?


足らない部分の下にカットした
残材で、20Cm程、木を足しました。


トイレ用で安価、検索した為、

一番小さな窓用の
換気扇でした。

喚起の効果は十分と思われます。

寒い冬だと開口部が多いより、

良いのかと自負するしかありません。

押入れの棚に、CF・クッションフロアー
を張ります。


CFフロアー用の専用接着剤

床と壁は、垂直・水平ではありません。

少しずつ狂っています。


串目のヘラで、ボンドを床ボードに付けます。


CFを裏側まで巻き込みをして
着けようと思い、ボンド接着の為
クランプ固定金具で
圧着させます。

春の日和となりましたので、
換気扇代わりに、シーリングファンを
2室とも一日中ファンを回しておきました。


窓も開けてはおりましたが、
途中で逆回転にもしてみました。


散らかった荷物を戻しました。


トイレ用換気扇の外側
雨の吹き込みがあるところではないので、
この位で良いかな!

下写真、このぐらいの換気扇もあるのでしょうが、
この枠はクーラーの枠を取り付けています。
窓用ウィンドウクーラー
他で使用しなくなったので、持ち込みました。
夜は必要ない地域と思いますが、
真夏の昼間はどうしても
欲しくなるかと思います。

一応取り付けておきます。(捨てるなら再利用)

棚を考えると良いのかな、

以外に物が置けません。


壁は珪藻土

湿気対策で全面珪藻土塗り壁・天井にしました。

クロスも持ち込んでいるのですが、

建具と洗面所で使用したくらいです。

ほぼ全面に珪藻土塗っております。


荷物をだいぶ、物置に持ち込みました。


来週はゴールデンウィーク
10連休!!


予定はまだありませんが、
いつでもお泊りできる様に片付けました。

外はまだ明るいので室内フラッシュがたけませんでした。


カーテンの差し替えも、考えます。


天井の木部も再度塗りたいと思います。

ホタルの里公園で、6時近くなのに、

ソロキャンプらしいお兄さんが、片づけを

されて見えました。

川の水は清んでいました。

古民家DIY:洗面化粧台:押入れ加工:玄関断熱暴風除け

 

古民家再生DIY
雨でも頑張ります。

古民家かくれ家リノベーション

押入れDIY

橋の両側桜の木

先回珪藻土の渇きと仕上がりを見ています。

押入れDIY

押入れ部分塗り:珪藻土OK


試しにCF(クッションフロアー)置いて見ました。


CF張ることにしました。

フローリングの板・材料が、

2枚分しか残っていませんでした。


翌朝から、マキタのレシプロソー
のこぎりで木の根を切ります。


地面すれすれでしたので、
チェンソーでは、切りにくく
残していました。


縦切りと横切りを繰り返し、
ブロック状態にカットし
地面と並ぶようカットできました。


もう一本の根も切っていますと、
充電器のバッテリーを使い果たしたようで、
充電中!

充電させてもらえませんか?」

出川のテレビ番組ではありません。

気分はバイクと同じ充電器バッテリー

正面で、桜の木が三種類楽しめます。


枝垂桜・八重桜でしょうか!

毎年綺麗に見させていただいております。


今週で桜を楽しむのも、
今年は最後となるのでしょうね。

雨が降り出しましたが、玄関の軒の追加延長中


カッパを着ながら作業を進めます。

翌週風邪をひきました。無理したつもりは無いのですが?


多少見栄えが悪いですが、
予定していなかった、玄関前の
軒の延長、後からですと、どうしても
見栄えが悪くなりますが、
風除け、雨よけの為追加しました。


外の流しに洗面化粧台?
夏の朝は、外で歯磨き、顔を洗いたい!
洗面化粧台の取替えで、廃棄予定の化粧台
三面鏡を、ウッドデッキに取り付けました、
鏡と、電球が着くので、
夜のバーベキューにも、効果があると思い、
再利用で着けました、
30年も前の化粧台ですので、
プラスティックも多少劣化があります。


高さも何とか確保しました。


下には以前にネットでポチリました、
ステンレスの流し台ですが、
似合いませんが、外ですので
飲食店用、強度のあるものです。


棚の、補強もしました。


雨が棚に吹き込むようですと、
壁を作るか考えます。


玄関横にガラス建具
再利用のガラス建具


暴風を考えガラスの建具を付けます。
風呂場に付いていた、建具を取っておいたものです。
玄関からの隙間風が寒く、少しでも暴風を
避けるために付けます。
汚れてはおりますが、塗装をすれば良いと思います。


上にも暴風除けで何か考えます。


玄関が、屋根や、横のガラスで、
何となく大きく感じると言うよりも、
玄関が目立つようになったように
感じます。


ウッドデッキは作業中ですので、
物でゴチャゴチャしています。


雨降りの作業ですので、何かとやりにくい
デッキの赤いものは、カッパです、
着たり脱いだりが面倒なので、干しています。


押入れの荷物置き場、CF(クッションフロアー)
カットしてみました、
ボンド付けは、後日にします。


雨の帰り道


橋の手前で、さくらの写真を撮りました。


ここも以前は桜が綺麗に咲いていたような
きがしていたが?

この時期雨も必要で、

鮎が川を上る季節となり、

水が出ないと、上るのが遅くなります。

釣り師の気になる一言です。

古民家DIY:今回別途出張作業

DIYで珪藻土塗り!

古民家ではありませんが
鉄骨の屋根裏:天井埋め込みエアコン
撤去後の天井加工シーリングファン取付
本日は出張:改装工事立会い

古民家でならした腕で珪藻土塗り!

鉄骨の和室壁の珪藻土塗り


緑の壁、以前の雨漏り後!
屋上は防水工事後
壁を塗らず放置していました。

下地はクロスでなく

聚楽(じゅらく)壁

でしたので、

上塗り珪藻土塗ります。(DIY)

養生を行ったうえに緑の土壁
の上からピンク系の
薄い色に変更(古民家で使用と同じ珪藻土)


換気扇を外します。


この面塗り終わり!

鉄骨の屋根裏

古い天井釣りのエアコン200ボルト用の
エアコンでしたが、壊れたまま放置して
いました。


エアコン撤去後天井を

そのまま張るか迷っていました。

電気屋さん、大工さんにお願いし、
軽天で下地を組んでいただき
エアコン撤去


掘り込み二段天井にします。


壁も付けます。


最後に用意しました。
シーリングファンライト
を固定しました。


これからの暑い夏の日には
エアコンを着けて、このファンが
涼しさを感じさせます。

古民家再生DIY:内装珪藻土を塗る:さくら咲く頃:虹

古民家再生DIY

梅は散り:桜の季節
帰りは小雨の中虹を見ながら帰ります。
本日ひたすら珪藻土を塗ります。

以前の押入れ部分:オープンな押入れ
珪藻土塗り始め


構造用合板に珪藻土を直接塗ります。


目地にはコーキングを少し打ちました。


2時間半程で、2Kgの珪藻土1袋を
押入れ奥と表の棚の表面を塗りました。、


夜に塗りましたので、できばえがよくわかりません。
LEDのライトがまぶしすぎます。


棚部分の壁も塗ります。


コテはプロではありませんので
プラスティックのコテを使用しました。
安価な金コテも、持ち込んでいますが、
金コテの使用感として、コテに
材料が、引っ付きすぎるようで、
プラコテの方が、材料の伸びが良く
コテから離れやすく感じました。


何とか材料の一袋が塗り終わりました。


夜中になりましたが、購入しました、ドリルスタンド
セット方法、使用方法をかねて、
試しにセットしました。


ドリルを挟んで、固定するスタンドとなります。


作業台への固定ビスで取り付けをするものですが、
作業台がありません。


作業台を次回作りたいと思いますが、
次回できるか自信がありません。


いろいろとやりたい事が、多くて
必要にかられて行います。

結果としてこのドリルとスタンドのサイズが合わず、

固定できませんでした固定したように思えても、ぐらぐらで、

ドリルスタンドとして使用できません、ドリルのビット固定部分が

壊れてしまい、ビットが抜けなくなりました。ドリル種類により注意ください。

ダボ穴治具を作ろうと思っていたのに!

翌朝も珪藻土を塗ります。


柱も珪藻土を塗ります。


キッチン壁の珪藻土塗り


荷物を退かしながら珪藻土塗り


棚の一段ずつ塗ります。


天井棚も珪藻土


細かな所は、コテが入らないので、
ヘラなどを使い塗りました。


棚板の押さえの木も下から見えるので
珪藻土同色で塗りました。


コンセントカバーは勿論、
外して塗ります。


配管の元も、虫等が出てこないよう
小さなコテでなるべくぎりぎりまで塗ります。


流し台外してとも思いましたが、
手間を考えると、手を伸ばし塗りこみました。


梅の花がほぼ散っていました。
右の桜の木は、緑の蕾が
もう少しで桜が咲きます。


押入れ下側も塗りました。


狭いところで、身体をち締めながらの作業

後の掃除が結構手間かも

養生もせずに塗っているから!


まだ、乾いておりませんが荷物戻しました。


三角の2×4材で棚受けを付けました。


棚もしっかりしました。
金物を購入してと当初は考えましたが、
何といっても、安価


ここも珪藻土を塗るか考えどこです。


今回購入しました。
欲しかったのこぎり
マキタのレシプロソー早速使用してみました。


替え刃も数本多種購入しました。
木の根が邪魔で、15Cm程
高さを切りました。
縦にも4筋切って、もっと小さくと思います。
良く切れます、チェンソーよりも、
簡単です。が雨が降り出したので
次回となります。


庭も少し草が生えてきたので、
土をならしました。


帰りに小雨がぱらつく中
虹が見えます。


車から思わず虹を写真に撮りました。


桜でしょうか!

青空も見え始めました。

古民家再生DIY:雪だより:寒さに耐えて:押入れ加工

古民家DIY:雪を見る

古民家雪だより!

岐阜県美濃市板取川・長良川
朝起きるとお寺の屋根に雪

残材にも雪が!


隣の屋根にも雪が!


雪景色の梅の花


用水の橋の白いのはもちろん雪


ウッドデッキに雪の吹き込みの跡


道路までは積もっていません。
3月と言うのに、夜中は寒いと思って寝ました。

しかし、寒いと以前は寝られなく、

起きてしまうことが、多かったのですが

断熱対策が少しずつ効いてきた

のかなと自負しております。


春で草が生え始めた上に

雪が積もっていました。


押入れの床にクッションフロアー張りました。


ボンドが付くまで、クランプとクリップで
接着まで待ちます。

ボード一枚を、床板から張って、床板より3cm程

出しているので、クッヨンフロアーの折り返し部分の接着をします。


石油ストーブは重石のつもり


襖の扉を置いてみました。


昨日夜中から、丸のこ定規を作成しました。

今時ですが、これから家具を作っていこうかと思いまして、

定規を作りました。いろいろの工具も必要と思われますが

DIYで、椅子・テーブル・棚など

時間の許す限り、雨降りで外のリフォームが出来ない場合など

これからの挑戦となります。


材木買出しに行く途中では
田植えの為の準備、たがやして
ある田と、まだ始まっていない田があります。

もうすぐしろかきが始まる


買い物帰りに、地元のスナック
でしょうか、自由の女神の銅像があります。
看板の代わりでしょうか?

車からの写真となります。屋根に材木


昨日夜はホタルの里公園で、キャンプでしょうか
たき火の光は見えていましたが、昼すぎには
テント見られませんでした。

昨日の寒さには応えたかも!


川も綺麗です。


河原の雑木林も綺麗にカットされています。


毎年乗り面に、草木が生い茂って
いる状況がこの地域の景色ですが
今年は何かここで始めるのでしょうか?

(草木が綺麗に刈り取られています。)


川は透き通っています。

鮎釣りが楽しみです。


お昼に味噌煮込みうどん作りました。
温まります。


早速丸のこ定規で木材カットし
板固定の材料を渡しました。


襖板を載せます。


天井が隙間と、塗り残し、汚かったので
コーキングで目地を埋めました。


ところどころ珪藻土が塗れていません。

目地・段差を塗るには難しい箇所です。


目地を埋めます。

裏側は、何れ珪藻土を塗ります。


コーキングに使用する工具を並べてみました。

へら等で補修

広がっていました荷物を戻しました。
布団も自宅に残っていました非常用の布団
布団持ち込みました。


右側押入れの加工と、珪藻土塗り
を近いうちに仕上げたいのですが・・

右側赤い布団袋には、シュラフを持ち込んでいます。


ついでの掃除を行い。

まだ材料と残材、建具が置いたままです。


トランクに砂袋積載


春めいて緑が多く見られる景色になってきました。

春が来ました。


風が強くトタンのバタつきがあり
ダンバで止めました。


ここをどうするか玄関前、見上げています。

デッキ屋根

古民家珪藻土塗り

美濃市道の駅でさくら餅
季節ですね!

美濃にわか茶屋にて購入

まずはお茶をいただきます。

表の梅の花を見ながら

静かな時を過ごします。

外は雨です。室内作業

珪藻土をバケツで、色混ぜ練りましてさあ始め!

珪藻土壁塗り2人でしていただきました。


天井塗りは肩に力が入ります。


お昼は鍋でいただきました。

ウッドデッキ屋根があるので、雨でも外でのバーベキューが楽しめます。

少し寒いかなと思いましたが、

コンロ・ロケットストーブで温かみ感じます。

鰹節で出汁をとり自作ロケットストーブPC(パソコン)

大鍋でたっぷり沸かします。

一気にお湯を沸かします。

鍋の写真を撮るのを忘れました。


大鍋で、白菜・イカ・豚肉

磯辺焼き

ステーキ
最後にうどん

 


なぜかチーズケーキも頂きました。


初めての壁塗りをしていただきました。


一日がかりで、床の間楽しく
珪藻土塗っていただきました。

古民家再生DIY:押入断熱:銀マット

古民家再生DIY:押入れ加工:断熱

本日は時折雨となりました。
この時期梅でしょうか、花が咲いているのが、
この枝しかありません。
3月ですが、寒さが戻っております。

床の間をこのように加工しました。
壁・天井・床に銀マット
上から構造用合板:天井はプラスターボード張り

本日の作業となります。

床の間は、合板より高さがあります。


壁は土壁でした、解体はせずに、
銀マットで断熱しました。
壁に異常があるわけではありませんが、
断熱には外壁がトタンのようで、
寒さに我慢しなくて良いように
断熱を考えます。断熱材グラスウール等
ですと、壁の隙間がないため厚みのない
銀マットにしました。


建築材料としては、銀マットは邪道と思いますが、
他の方法が浮かばない為ご勘弁を・・・

合板ボードを張る為に、胴ぶちを入れました。
材料購入の時間もなく、以前の解体の材料を
選択して使用できる物で再利用しました。


昔の床の間天井のデザインでしょうが、
ここもプラスターボードを張ります。
天井ボード張り用に、残材で下地を
入れました。少し汚れています。


ボードを固定し、次の壁も銀マットを
張ります。隙間を埋めるように銀マットを張ります。


外壁からの風はこれで
防寒用になると良いと思います。
但し、日本古来の建築方法から
言えば、風の通らない、通気性の
ない家は、考えられないと思いますが
素人作りの古民家再生DIY
気にしていられません。


銀マットは、タッカーで止めました。


天井以外は覆った形となります。

天井上は以前に登れるように床板を

張ったため、断熱は十分かと思います。


三方を構造用合板で囲いました。


天井はプラスターボードを張りましたが、
一人で持ち上げ、ビス止めするのに
苦労します。左に馬代わりの、一時置きの
柱です。この位置から上に持ち上げビスで留めます。


ボードを少し小さく切りすぎたようです。
ビス止めするのが、精一杯で、左右の
バランスまで詳細に、隙間あわせまで
出来ませんでした。
後ほど、回りこ、のように一枚
隙間に通しました。


隙間調整で、時間がかかってしまいました。


やっとボードを張り終えました。


以前解体時からの戸襖
床の間棚で再利用できないか
持ち出しました。


建物前の小川を見て休息


床にもボードを張りました。
さて、床材料は、化粧には、何を!
まだ決まっていません。
部屋と同じ床材が余っていればそれもあり、
クッションフロアーでも良いのか、
フロアーパンチでも良いか?


壁は珪藻土を塗る予定ですが
床は・・・今後・・・
ロールカーテン閉めてみました。


下には工具を戻しました。
上には布団を置いて見ました。
もう一段棚を作るか迷います。
まだ部屋には荷物がまだまだあります。
やはり収納用で考えたほうが良いのかな

古民家再生DIY:ウッドデッキ屋根玄関:大きなデッキ屋根

民家再生DIY
自作ウッドデッキを玄関まで増設

玄関前までウッドデッキの屋根延長

ウッドデッキ正面間口が広く感じます。

屋根が大きいと風の強い日には
塩ビトタンのバタつく音が耳に付くか
何れ体験してみます。

トタン屋根もダンバ螺子が気になります。
螺子多めに次回点検します。

本日は午後から雨模様で
急いで屋根まで何とか
仕上げたいと先を急ぎます。

屋根増設で塩ビトタンの
追加した縦に2枚のトタンを
ダンバで固定します。

ウッドデッキ玄関部分の仕上げを考えながら
作業を続けます。

強度も考えながら
脚立を上がって降りての
寸法取り

今までの屋根とバランスをとります。

狭い軒部分に体を入れて
ビス止めも力が入りません。

脚立の上で体をひねりながら
手を伸ばします。

完璧ではないですが、
何とか収めていきました。

柱の上部をカットしますが、
脚立の上での作業
慎重になります。

最初はのこぎり、折りたたみの
のこですが、刃の長さが短く
何度も休みながら切っていましたが、
昔ののこの方が使いやすいか
試したところ、何十年も
家にありましたのこぎりが
非常に切り易い、なぜと思いましたが
昔の道具は、最高です。

 

今度のこぎりの目立てをしておく事を
考えます。

上から写真でのこぎりの柄が写ってしまいました。

4寸のヒノキの柱
カットできました。
この上にトタンをかぶせます。

4寸角ヒノキは前回防腐剤を塗りました

トタン押さえの垂木も次回に軒を増やします。

部屋より、ウッドデッキの屋根が大きく
ひと部屋増築できそうな大きさ、
これで、壁、基礎を固定しますと
固定資産税等の税金が増築部分新設
としてかかってきます。
部屋にはしません。余分な税金は?

ウッドデッキ面積は畳14帖程の大きさでしょうか!

足場は脚立のみで、行います。
不安定です。

天気は雨模様

トタン張り、雨降る前に出来るでしょうか

脱衣場に入るドアノブを用意しました。
昔ながらの、手で握り回すタイプを
付けていました。
ワイフからだめだしレバータイプを購入

今日の夜食

冷凍にしてありました。ご飯をシングルバーナーで温め
お茶づけを夜中に食しました。
これがデブになる始まり

トタンを固定する螺子になります。
ビスの間にゴム系のラバーが
雨水を塞ぎます。

お昼の用意で、薪ストーブの準備
炊き始めに古いしめ縄(廃棄)で着火します。
新聞紙の代わりです。

ウッドデッキが汚れるといけないので、薄いカーペットを敷きました。

自作菓子缶薪ストーブ

ウッドデッキで昼食鍋

玉ねぎ、キャベツ、豚肉入りうどん

雨が降り出してきました、
軒のトタンをカットしてと
思いましたが、雨で作業を急ぎ
塩ビトタン長さサイズのまま張りました。6尺

トタンの長さカットは後日に回します。
このままこのサイズでも良いのかな!

強い風が吹かなければ大丈夫だが

雨が降り始めの中で、何とかウッドデッキ屋根に
トタンを固定しました。

薪ストーブ終了後、古いジュウタンを
どけると、ウッドデッキにこげ跡が、後ろ側に
落ちた薪に気づかず、
燃えたものと思います。

雨でやる気がそそられ、
室内の何処を進めるか、
目に留まったのが、この道具置き場に
していた床の間、荷物移動が大変!

このまま物置にしておけば、良いのかもしれないが、

手を付け出した、自分が怖い!

現在の棚のように見えますのは、

取り外した襖をボックスに置いただけとなります。

外側はトタンの外壁、壁・床の防寒が気になります。

手を付けるのは、まずは、この荷物を
何処に置くか・・・
とにかく荷物移動しました。

床の間の床は、板に隙間があるようで、
隙間から下の根太材が見えます。
木がやせてしまったのかもしれません。
壁は土壁に繊維壁を塗ったもののようです。
土壁はもう解体したくありません。粉塵がすごく出ます。
上からボードを張ろうと思います。

室内棚作り始めます。

床の間天井・・うーん・化粧をした方が!

床の間天井も加工が必要か

先に床板の収まりを、前回の延長で
フローリング材をカットし隙間に入れ
木彫の金物で止めました。

雨が降ると作業が進みません。

気分を取り戻しに外を見て回ります。

自分ながら、なかなかウッドデッキ立派に見えます。

ウッドデッキ柱から外に出した屋根部分の

出っ張りで大きく見えているようです。

デッキにデザインを加えるか、考えます。

ウッドデッキの屋根天井が大きく見えます。

雨は降っても今日は風はありません。

気を取り直し、室内で、床の間の加工をどうするか?
何を作るかは、何か決めていたわけでなく
また床板外して、作り変えるかとも
思いましたが、この上からボードを
張ることにして、防水と断熱を考え
防水シートを、虫対策、
隙間から、ムカデ、カメムシ、すきま風等の対策で
防水シートをタッカーで止めました。

防寒に上からアルミの断熱シートも張りました。

胴ぶち等の木材材料もありませんでした。
次回購入となります。

早く作らないと!

荷物が室内に散乱して
しまいました。

古民家DIY:再生押入れ:ウッドデッキ屋根軒追加

照明器具:シングルバーナー

床化粧・段差解消
ウッドデッキDIYに屋根追加
ウッドデッキDIY雨避け軒追加

パソコンがストーブになる

LEDテープライト位置変更と固定
夜食に焼きおにぎりをお茶漬けで
カセットシングルバーナー新品ぽちった
押入れとの段差フラット床調整
カットソーでカット
押入れ物置き場加工
暖かいので外作業に変更
ホームセンターに買出し
ホタルの里公園にサルがいた
玄関思い立ってウッドデッキ風の屋根加工
自作ロケットストーブで昼食

夜にLEDテープライトを

位置変更しました。

出かけに、女房の作ったおにぎりを

持参してまいりました。

鉄板で焼き跡を付け、

鉄板で暖め、おこげを少し

お茶を入れお茶漬けで頂きました、感謝

ネットでポチリました、
Dpower とありメーカー特にこだわりません、
本体2000円とカセットボンベ変換320円程
有名メーカーは高いのでしょうね!

コールマンガソリンバーナーが氷点下になると
着火不良でポンピングで苦労していたので
シングルバーナー非常用で購入しました。

シングルバーナー十分使えそうです。

フローリング床板の加工

隙間に床板をカットしはめ込みました。

写真取り忘れました。結構手間でした。

丸のこでカットしましたが、刃が太く丁寧に

カットするには、手ノコギリがいちばん良いとわかって

いましたが、我流でしてしまいました。

床の段差をカットソーで、加工しました。

木目調の金物で抑えます。

左側は床の間前次回にしました。
床の間側、物置き場も

次回壁の工事をしていく為
同時に行います。

壁追加・構造用合板を張りました。
プラスターボードでも良いかと思いましたが
何れ棚を付けるなり、ビス止めを考えると
合板の方が、強度を考えます。

正面も構造用合板張りました。

合板に何かを掛けるか

気分を変えて、用水を見ていました。

綺麗な水です。

ホームセンターへ向かう途中
ホタルの里公園前道路に、サルが、
公園内にも子ザルが
昨日夜明かりが、キャンプテント2張り程ありました。

直ぐには逃げません。人に慣れているのか?

サルにばかにされているのか!

板取川:減水・減水!
雪が降っていないから

今年の鮎釣りは釣れないかも!

鮎が登り始めるのが遅くなるかもしれない。

え!河原が・・いつも草生えの河原が
草が綺麗に刈られ、ブルでも入った様子
キャンプ場化するのでは?

整地された様子です。重機でも入ったかな

草が山積みされていました。

ウッドデッキDIY材料補給

ホームセンターでまたも買出し・

もう外部のウッドデッキは終了

と思っていましたが

2×4材6本・材木垂木6本

・塩ビトタン2枚・構造用合板4枚

他胴ぶち2本で16000円程

玄関と屋根の雨風を気にして!

床の間も加工予定

パソコンロケットストーブ自作を
昼食で使いました。薪は良く燃えますが、
薪を入れて他の事をしていると、
炎がすぐに小さくなり、中をのぞくと
下の方で、燃え尽きて真っ赤になります。
薪をどんどん入れていないと

火も消えてしまいます
すぐに薪がなくなります。

燃焼が良いとは思いますが(薪追加)

生煮えで再度火お越ししました。

今回も最後にはうどんを入れます。

火が足らないと思い薪を投入しました。

今度は炎が燃えすぎます。

鍋が黒こげ

ウッドデッキの軒・屋根の追加

玄関前の軒の追加を考えます。

雨足の強い日には、ウッドデッキの床や

玄関まで風と共に吹込みが考えられます。

玄関:風除け、雨除けを考えます。

玄関ここに屋根を付けたい。

デザインとして柱を立ててみたかった。

玄関側に柱を立てただけで、

ウッドデッキが大きく見えます。

考えながらの作業ですので、なかなか進みません。
図面があるわけでもなし、
あちこち寸法を見ながら、一人で出来る範囲の
作業方法を検討しながらの作業です。

仮止めをしながら、位置調整

ウッドデッキ軒の追加

次回は塩ビトタン張り

作業途中でしたが、5時の地域の時報が

時報というより、音楽ですが。
町内放送が、スピーカーから流れます。

片付けをしていると直ぐに外は暗くなってきます。