タグアーカイブ: 雨漏り跡の土壁

壁解体をしてみたら?古民家再生DIY大変なことがわかりました。

岐阜県長良川・板取川古民家再生DIY

美濃市空家の古民家リフォーム

室内:内装解体

ひたすら解体:バール大・くぎ抜き・ハンマー・カットソー・

鏨・のこぎり使用

天井・合板壁の撤去

雨漏り跡の土壁

竹小舞と言う下地:竹組みに土壁を塗った物

これを撤去して壁を作ると良いのですが、

一部は剥がしましたが大変な産廃の量となるため

断念し上から断熱材で押さえます。

ほこり粉塵との戦いです。

ボードを張る下地の胴ぶちが、2重になっていました、

どうも以前の改装時から、下地の柱がまっすぐでないため、

高さ調整で張られた物だと思われます。

室内は土壁の落ちた砂埃

金物補強

ベニアめくれば、トタン一枚:寒さ、暑さには耐えられません。

土壁もありませんでした。

軒から光が入ります。

かなり土壁落ちました。

やっと張りました床、埃だらけです。

 

断熱材張ります。

電気配線を確認

断熱材を張ります。

天井の解体はこちら

解体ごみ山積み

産廃の山となります。費用と時間もありませんので、

炭焼きバーベキューコンロで、燃やします。

土壁は、少しずつごみとして、土嚢袋に積め、

持ち帰り可燃ごみで処分しました。

本来は産廃業者でしょうが、古民家は可燃性の物ばかり

振り分けては燃やしています。

リビング幅木取付け

室内夜は幅木を静かに付けました。

段々部屋の雰囲気も変わります。

 

木造住宅の屋根裏はこんな感じ!

昭和時代の建物構造

 

購入前の住居者は、冬は寒かったのではないかと思います。

土壁のされていない部分が多くあります。

木造住宅では風通しが良いので

建物が維持できるとも聞きますが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本古来からの一般的な住宅でしょう。

古民家再生DIY:解体から手を付ける所確認