タグアーカイブ: 古民家再生DIY

古民家DIY:洗面化粧台:押入れ加工:玄関断熱暴風除け

 

古民家再生DIY
雨でも頑張ります。

古民家かくれ家リノベーション

橋の両側桜の木

先回珪藻土の渇きと仕上がりを見ています。


押入れ部分:珪藻土OK


試しにCF(クッションフロアー)置いて見ました。


CF張ることにしました。

フローリングの板・材料が、

2枚分しか残っていませんでした。


翌朝から、マキタのレシプロソー
のこぎりで木の根を切ります。


地面すれすれでしたので、
チェンソーでは、切りにくく
残していました。


縦切りと横切りを繰り返し、
ブロック状態にカットし
地面と並ぶようカットできました。


もう一本の根も切っていますと、
充電器のバッテリーを使い果たしたようで、
充電中!

正面で、桜の木が三種類楽しめます。


枝垂桜・八重桜でしょうか!


今週で桜を楽しむのも、
今年は最後となるのでしょうね。


雨が降り出しましたが、玄関の軒の追加延長中


カッパを着ながら作業を進めます。


多少見栄えが悪いですが、
予定していなかった、玄関前の
軒の延長、後からですと、どうしても
見栄えが悪くなりますが、
風除け、雨よけの為追加しました。


外の流しに洗面化粧台?
夏の朝は、外で歯磨き、顔を洗いたい!
洗面化粧台の取替えで、廃棄予定の化粧台
三面鏡を、ウッドデッキに取り付けました、
鏡と、電球が着くので、
夜のバーベキューにも、効果があると思い、
再利用で着けました、
30年も前の化粧台ですので、
プラスティックも多少劣化があります。


高さも何とか確保しました。


下には以前にネットでポチリました、
ステンレスの流し台ですが、
似合いませんが、外ですので
飲食店用、強度のあるものです。


棚の、補強もしました。


雨が棚に吹き込むようですと、
壁を作るか考えます。

玄関横にガラス建具
再利用のガラス建具


暴風を考えガラスの建具を付けます。
風呂場に付いていた、建具を取っておいたものです。
玄関からの隙間風が寒く、少しでも暴風を
避けるために付けます。
汚れてはおりますが、塗装をすれば良いと思います。


上にも暴風除けで何か考えます。


玄関が、屋根や、横のガラスで、
何となく大きく感じると言うよりも、
玄関が目立つようになったように
感じます。


ウッドデッキは作業中ですので、
物でゴチャゴチャしています。


雨降りの作業ですので、何かとやりにくい
デッキの赤いものは、カッパです、
着たり脱いだりが面倒なので、干しています。


押入れの荷物置き場、CF(クッションフロアー)
カットしてみました、
ボンド付けは、後日にします。


雨の帰り道


橋の手前で、さくらの写真を撮りました。


ここも以前は桜が綺麗に咲いていたような
きがしていたが?

この時期雨も必要で、

鮎が川を上る季節となり、

水が出ないと、上るのが遅くなります。

釣り師の気になる一言です。

古民家再生DIY:押入断熱:銀マット

古民家再生DIY:押入れ加工:断熱

本日は時折雨となりました。
この時期梅でしょうか、花が咲いているのが、
この枝しかありません。
3月ですが、寒さが戻っております。

床の間をこのように加工しました。
壁・天井・床に銀マット
上から構造用合板:天井はプラスターボード張り

本日の作業となります。

床の間は、合板より高さがあります。


壁は土壁でした、解体はせずに、
銀マットで断熱しました。
壁に異常があるわけではありませんが、
断熱には外壁がトタンのようで、
寒さに我慢しなくて良いように
断熱を考えます。断熱材グラスウール等
ですと、壁の隙間がないため厚みのない
銀マットにしました。


建築材料としては、銀マットは邪道と思いますが、
他の方法が浮かばない為ご勘弁を・・・

合板ボードを張る為に、胴ぶちを入れました。
材料購入の時間もなく、以前の解体の材料を
選択して使用できる物で再利用しました。


昔の床の間天井のデザインでしょうが、
ここもプラスターボードを張ります。
天井ボード張り用に、残材で下地を
入れました。少し汚れています。


ボードを固定し、次の壁も銀マットを
張ります。隙間を埋めるように銀マットを張ります。


外壁からの風はこれで
防寒用になると良いと思います。
但し、日本古来の建築方法から
言えば、風の通らない、通気性の
ない家は、考えられないと思いますが
素人作りの古民家再生DIY
気にしていられません。


銀マットは、タッカーで止めました。


天井以外は覆った形となります。

天井上は以前に登れるように床板を

張ったため、断熱は十分かと思います。


三方を構造用合板で囲いました。


天井はプラスターボードを張りましたが、
一人で持ち上げ、ビス止めするのに
苦労します。左に馬代わりの、一時置きの
柱です。この位置から上に持ち上げビスで留めます。


ボードを少し小さく切りすぎたようです。
ビス止めするのが、精一杯で、左右の
バランスまで詳細に、隙間あわせまで
出来ませんでした。
後ほど、回りこ、のように一枚
隙間に通しました。


隙間調整で、時間がかかってしまいました。


やっとボードを張り終えました。


以前解体時点からの戸襖
床の間棚で再利用できないか
持ち出しました。


建物前の小川を見て休息


床にもボードを張りました。
さて、床材料は、化粧には、何を!
まだ決まっていません。
部屋と同じ床材が余っていればそれもあり、
クッションフロアーでも良いのか、
フロアーパンチでも良いか?


壁は珪藻土を塗る予定ですが
床は・・・今後・・・
ロールカーテン閉めてみました。


下には工具を戻しました。
上には布団を置いて見ました。
もう一段棚を作るか迷います。
まだ部屋には荷物がまだまだあります。
やはり収納用で考えたほうが良いのかな

天井プラスターボード貼り工事:断熱工事:古民家再生

古民家再生DIY:瓦屋根その下は!

岐阜県美濃市空家の古民家リフォーム

プラスターボード

天井部、屋根の野路板の下に、防水シートを風除けの為タッカーで止め、その下に断熱材をタッカー止め、下から、プラスターボードをビス止めしました。

瓦と野路板の間には、土壁があり、砂がボロボロ落ちてきますので、床には白い砂が良く落ちました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(続きを読む…)