タグアーカイブ: 何処かに出入り口がある

古民家解体は続く!天井裏:スズメバチの巣

岐阜県古民家再生冬でもやります。

古民家DIY

古民家まるごと自分でリフォーム

押入れ解体をすると、長らく使用されていない、

古民家はよくあるようです。

スズメバチの巣が、

6個目、中は幼虫は冬にはいません。

袋に入れ、片付けます。

スズメバチの巣

 

スズメバチの巣があることは、

何処かに出入り口があることです。

 立派な巣です。春にはまた来る可能性があります。撤去

 

 

 

押入れ天井裏・静かな場所なのか、

蜂も過ごしやすいのでしょう。

 

解体は進みます。斜めの筋交いは取ってはいけません。

建物がひずみます。

 

コンセント天井からの線を引き増設しました。

引込み線は前回工事業者さんから中部電力へ申請され、

容量も上げました。

(10万円程の電気工事費となりました。)

コンセントをつけていきます。

コンセントは当初に多めに予定しました。

 

断熱材脱衣場になるため中壁にも貼りました。

ここに断熱材が必要だったかわかりませんが入れてみました。

壁の下地が薄いので、断熱材がパンパンに膨らみました。

スズメバチの巣嫌いになりました。

 

 

ここにもコンセント増設しました。

風呂場の前でドライヤー

用となるかと用意!

ボードにコンセント追加

岐阜県長良川・板取川でDIY

寒さに耐えながらのソロキャンプの気分です。