天井断熱材入れ込み完了:古民家再生DIY内装断熱工事

中古住宅:岐阜県:古民家再生リフォーム

天井部分にプラスターボード張り

古民家断熱には、防水防湿シート張り

・断熱材グラスウール・プラスターボード

天井断熱材・プラスターボード貼ります。

 

天井プラスターボード張り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外のトタン脇から外に断熱材が出ていました。

軒下補修必要

断熱材グラスウール張り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結構な量を断熱材で覆います。

 

 

 

 

 

 

 

 

外から明かりが見えます。昔の古民家は風通しが良すぎる。

屋根裏はこの程度の仕上げです。

 

断熱材は隙間なく埋める

 

軒部分風通し良く光が見えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

断熱材:建物内部すべてを覆うように断熱材を入れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

綺麗に並んだように見えます。

金物は取り付けています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外には残材が散乱します。解体ゴミ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

押入れ部分を解体したので、化粧をどのようにするか?

梁に不安もありましたので、柱一本追加しました。

天井断熱材収めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

工具いろいろ置いてます。

天井プラスターボード張っていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

隙間開きますが、ボードの幅のサイズが少し小さい。

 

 

 

 

 

電気タッカーで断熱材は張りました。

 

 

 

 

 

 

 

本当はエアータッカーがほしかったのですが、予算が・・・

プラスターボードは電気タッカーでは使えません。針が届かない。

元の土壁は綺麗に塗ってあります。

内装の改装を一番やっているように見える写真となります。

防水シートも張りました。