月別アーカイブ: 9月, 2018

古民家再生DIY:タイルカーペット

岐阜県美濃市空家の古民家リフォーム

古民家再生DIYに楽な材料床材

中古住宅・古民家再生

台風24号が今晩上陸予定というのに!

解装される方の家よりタイルカーペットいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

タイルカーペット

 

 

 

 

 

 

 

断熱用にクッション材銀マットを敷きその上にフロアーマット敷き

銀マットは、タッカーで止めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タッカーで銀マットを押さえます。

銀マット張り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

台風24号前でしたので、垂木を少し張ろうと思い、丸のこソー

用意しましたが、ウッドデッキは穴をあけボルトを入れました。

玄関周り張り終わりました。

 

 

タイルカーペットサイズに合わせカットし、け上がり部分は、

アルミの押さえで、螺子止めしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ほかの部分もタイルカーペットあるだけ張りました。

 

 

ボルトナット留め

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デッキの柱をボルトとナットで、補強しました。

固定箇所はいくつかあります。

自分で何でもDIYします。

注意点:反省点

タイルカーペット張りましたが、柱との隙間をどう処理をすれば良いか悩んでいます。

柱へのボルト・ナット止めの穴あけ、インパクトドライバーを使用しましたが、かなり無理があるようでした、後で思えば、コード式のドリルが物置にある事思い出しました。遅かった!

古民家再生DIY:ウッドデッキビス止め

岐阜県美濃市空家の古民家リフォーム

ウッドデッキビス止め

物置基礎アンカー止め

雪対策で屋根補修

屋根雨漏り対策

漆喰を打つ、漆喰打ち直し

屋根の上から

柱基礎アンカー止め

台風で瓦を直す

柱にボルトを通します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドリルで柱に穴あけボルトが長い為、木をかまして穴あけしました。

後はセメントで固めます。

 

ボルトが長いので木を噛ましました。

アンカーを打ち込みボルトで固定

 

 

土台に金物

屋根の漆喰打ち直し

漆喰割れた所があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

古い漆喰を落とします。

昨年の雪対策が不十分と思い、風除けに板を付けます。

古い漆喰を落とし、アルミの板で、風と雨の対策をします。

風除け対策となります。

他のところも同時に漆喰を練って用意します。

素人塗りです、多少厚いのでは?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

へらで漆喰を塗りました。

専用のコテは使用していません。

漆喰うぃ打ちます。

雨漏りするのではと、思えるところは塗りました。

風と、雪の対策にもなると思い増えていきます。

 

 

 

 

今まである元のトタン板と瓦の間に、漆喰を念のため打ちました。

一通り漆喰塗り終わりました。

トタンの隙間に漆喰

 

古い漆喰はぼろぼろ落ちました。

 

 

アルミ板を固定し、漆喰を打ちます。

 

 

 

 

 

 

大目の漆喰ですが、何処まで塗ると良いのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

漆喰が割れています。

 

 

 

屋根からの写真撮りました。

隣の家の屋根も写します。

南方向

屋根から南東方向の写真

東方向

屋根から北東方向の写真

瓦屋根からの写真:北方向

屋根から北方向の写真

北西方向

 

 

 

 

 

 

 

 

東方向の写真

西方向崖の写真

 

 

 

 

 

 

屋根から北東方向の写真

こんな時こそ360度カメラで写せば良かった。

ここはいずれ塗装をしようと思っています。

コーキングを打つことを考えています。

夜のソロキャンプ、鍋を始めます。

ウッドデッキに荷物があり、まだ床ビス止めしていないので

翌日には予定しています。

夜には用意しました、時計を付けました。

 

 

 

 

 

夜のソロキャンプ

 

時計を付けました。

鮎釣り情報

川には釣り師が見えましたが、ここの所の台風と

雨続きの為増水です。地元の方と話ししましたが、

ガリ釣りも、高水で入れない。

網も使用されているので、2~3匹程度でのここの

所の釣果だそうです。かなり雨で下がったのではとのこと

ウッドデッキ、荷物片付け写真一枚

ウッドデッキビス止め!

片づけが先になります。

先日購入しました箱買の、コースレッド・ビス螺子が

すべてなくなり、足らなくなりました

ウッドデッキが大きく見えます。

ウッドデッキ間口があり広々と感じます。

除草剤を巻いたため、いくぶん空き地広く感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

反省点:注意事項

ウッドデッキ基礎は、繰り石を少し入れておくと良かったか?

漆喰打ちと同時に瓦のずれの点検をします。

瓦にずれがある瓦は手で動かしてみて隙間をなくしていきます。

瓦屋根漆喰塗り:小さなコテが必要であった、瓦回りの養生をすると

出来上がりが綺麗だと思われる。

デッキのビス止め、ビス固定に、5mm程度の小板を挟んで、等間隔にするが、床張る面の

全てに小板を挟み、全体の位置の確認をしてからのビス止めをすると良いかと思われた。

屋根特に塩ビトタンの上では、靴の種類に気をつける。プロが地下足袋を好むのもわかるような気がします。

古民家再生DIY:物置・トタン屋根を付ける

DIYで古民家再生セルフリフォーム

物置・トタン屋根を付ける

雨漏り屋根を直す。

物置屋根を付ける。

行きがけに、ちょっと川が気になりました。鮎ガリ釣りが解禁しました。

友釣りがだんだんやりにくくなります。

コールマンシングルバーナー

 

 

 

 

夜は30年以上前に購入しました、コールマンのシングルバーナーで

鍋で食事しました。白菜とぶた肉の鍋・豚肉は追加しました。

(バーナーが使えたので関心しました。

10年以上使用していなかったのでは・・・)ソロキャンプ

 

 

 

 

 

デザイン住宅目指しています。

光でお部屋を!

食事後夜は、コンセントの増設を天井近くに取り付け、

テープライト用意しました。

七色の電飾・タイマーで色が変わります。

テープライトを仮止めしました。

(雰囲気は変わり、

《こんな古民家に必要なのでしょうか?》

女房より写真をラインで送り返信)

コンセントを上部に用意しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雨漏り屋根補修・断熱トタン波板

洗面所の屋根の補修

ホームセンターで購入したもの

杉の柱1本 998円

垂木6本 1本 598円

発泡板(ウレタン)4枚、1枚800円

塩ビ波板トタン 7尺6枚 998円

今回使用は3枚ウレタン使用

断熱のないトタン屋根を断熱考え屋根作り。

雨続きで天井に水滴が気になっていました。増築部分の洗面所

防水シートを作に張りました。

 

まずは、防水シートを張りました。

発泡板をサイズに合わせはめ込みます。

テープで発泡ウレタンの隙間を埋めました。

発砲ウレタンを敷きます。

 

雨続きと台風でカビの匂いがするようで・・・!

 

 

ホームセンターで購入の塩ビ波トタン

台風後の気になる雨の染みを防止します。

修理というよりは、上にあらたなトタンを貼ります。

断熱も気になっていたので、発泡板

一枚800円程2,5mm厚さ、3枚、

商品のダンボール箱に詰めてある物です。

塩ビトタンをホームセンターへ購入に行きましたが、

台風後で、いつも商品があるはずの、ブロンズ色の

商品がありません。迷ってみたが、ブルー系の波トタンを

あきらめて購入しました。

物置屋根の構造材を作ります。

ついでに以前より物を置くスペースに屋根を付けたいと思って

いましたので、ようやく増設で、屋根付けと床を考えます。

構造が少し弱い気もしますが

屋根の骨組みまで、用意し就眠

 

トタン波板に使用するダンバという、螺子止め用ビスとなります。

昔は、釘と金の皿で、止めていた記憶です。

ブロンズの波板は、以前に寸法を間違えて購入した6尺の波板を

屋根増設部分に使用します。

前側はブルー、手前はブロンズとなります。

どんどん並べていきます。脚立に登って、降りての繰り返し。

柱を切らなくてはなりません。物置なので安価な杉の柱、のこぎりを引きます。

柱を立てました。

柱の頭をカットしました。

以外にも苦労せずに、丸ノコで半分刃が入ったので、残りはのこぎりで切りました。ヒノキの柱ですともっと大変な思いで切った記憶ですが、材質でかなり違いが出るのか!

一応一通りトタンの螺子止め付けまして、丁度ダンバがなくなりました。

ウッドデッキと両方で、2箱を使い切り、後は、風により、トタンのばたつきが

出るようですと追加して螺子止めします。

床は後日考えます。

以前よりこの部分の雨と風が気になります。

気になるところのもうひとつがこの部分

スズメバチも梁の隙間から入ったかと思います。

(雨漏り対策:購入時からわかっていましたが、仮養生で済まし、

先延ばししておりました。次回はと思います。

 

雨水が樋に溜まる部分

塗装はさび止めのままです。なかなか暑さでなまけていたが、秋の時期は塗料も塗りやすいと思います。この時期に!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

柱をブロックに乗せただけの基礎を、次回はアンカー止めとコンクリートで固めたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

筋交いも何れ、取り付けようと思います。

ブルーの外壁も色が気に入らないので何れ塗り替えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

古民家再生DIY:反省点:注意点

テープライト:5mは、電源位置からの長さになる為、何処から何処までを付けるかが決まりません、とにかく電源の位置から5mを追加し延ばしました。ネット購入1500円程2個

トタンビス螺子ダンバ:100個入り200個を使用しましたが、まだ足りません。

トタンのばたつきがまだあるようで、もう100個購入しました。1箱100個入り1,890円

コースレッド木螺子:400本75mm306円

塩ビ波板張り:張り始めが肝心で、張りはじめで少し角度をミスしました。

発砲板:カッターで切ると、切り口がぼろぼろしてしまいます。専用の電池式のニクロム線の熱で切る工具がありようですが、少しの為にお金掛けられません。綺麗にカットできるようです。

古民家再生DIY:台風21号後:風と雨

岐阜県長良川・板取川

岐阜県美濃市空家の古民家リフォーム

台風被害は!

DIYで古民家再生リノベーション

長良川郡上あたりは、ひどいと聞きました。

最近悪天で川状況も良くなく!何かと用事もあり

9月4日の台風21号が気になって、被害があるのではと向かいました。

外は雨が急に降ったりしています。

台風でウッドデッキが風で飛ばされていないか・・!

室内の梁と柱を塗りました。

雰囲気変わります。

いつもデイキャンプされてみえる場所も増水

上流の囮やさんの情報で2mほど出たとか

 

 

1組川の近くで遊んでいる人はみえました。

現地に着くとまずは、周りを見渡しました。

物が一部倒れていましたが、デッキ等は無事です。

室内も見てみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夜ですが、突然急激な雨がきつくなり、写真を撮ってみました。

 

翌日も雨が断続的に降ります。

外の工事をしたかったのですが、雨にて、室内塗装、ペイントをしました。

 

塗装ペイント失敗しました。

つや消しをいつも塗っていましたが、地元のホームセンターでブラックの塗料ですが、つやありでした。確認しなかった。

つやありの為、光が当たると光ります。古民家の雰囲気と違って感じます。塗り替えが必要か?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

取り合えず、黒で塗りました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気になるところ、雨漏りか?

洗面トイレ部分の増築部分屋根の勾配がゆるい為か大雨に少し天井が染みているよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

注意点:反省点

以前のコーキング材で柱の割れ部分を埋めましたが、安価で安いコーキング材を購入しました、変成シリコンでなかった為、黒のペイントが付きません、はじくのだと思います。

上にペイント塗る場合は、変成シリコンを選択した方が、後での処理がしやすいでしょう。