タグアーカイブ: 一斗缶ロケットストーブ

古民家DIY:ロケットストーブ自作:犬走り樹脂塗装

古民家で火遊び!コンロ再生DIY
犬走りに樹脂系の塗装
コンロ・ロケットストーブ自作に五徳自作

薪ストーブ自作

一斗缶ハーフの空き缶でロケットストーブ
ウッドデッキの補強
庭に砂利撒き
紅葉まだ見れました。

コンロでソロキャンプします。

30年以上のシングルコンロの調子が燃焼悪く
ネットで中古購入しました。
両方のポンピング部分をばらし、
何が悪いか清掃を行い
燃焼してみますと、どちらのバーナーも
良好に使えました。

 



夜中に静かに調整しました。

もの置き場、垂木を一本追加し、留め金ビス追加しました。


これから雪のシーズンには重量が持つのかと思い



紅葉も少し葉が落ちたのか!

ロケットストーブの改良:五徳

薪ストーブをロケットストーブにパワーアップ

前回に作りましたコンロに耐震金物4個の五徳を付けました。

100均金網利用にもL字の金物をボルトナットで止めます。

煙突の内径に合わせ固定します。
網が物を乗せたときに動かないように!

これで煙突の上でも鍋・やかんも乗せることができます。
バランスも安定したと思われます。

紅葉の様子写真を撮りました。長良川板取川

川の様子もおとなしい川です。

砂場に来ました、もう落ち鮎も取る人もいません。

落ち鮎を取る仕掛けの岩が並んでいます。

ロケットストーブの部品としては

3個に分かれます。
コンロの菓子缶部分
菓子缶蓋と五徳の煙突部分
金網L字の金物固定

セットをして燃焼を始めます。

金網は上に載せているだけです
煙突部分から
薪を追加して入れることができます。

コンロが出来ましたのでソロキャンプします。

お昼に味噌煮込みうどんいただきました。

一人で食するには十分なサイズ

5~6人まではいけるかな。



薪を追加すると炎が立ち上がります。

最後にコーヒーで少し時間を過ごします。

本日は暖かい一日となりそうなので
塗装をしようと眺めます。

物置場、白い部分は塗装のない合板でした。
雨には弱いのでベランダなどで使用する樹脂系の
塗料を塗ります。

玄関にも塗装

玄関床部分塗装

玄関外の土間塗装

建物周りの塗装:樹脂犬走り・玄関土間塗装

塗装材料:樹脂の外部塗装

アトレーヌ防水材
よくマンションベランダにグレー色で塗られている材料で
白色は量販が少ないそうです。

防水材となります。
色は迷いました、どうしても白色ですと
汚れが目立つと思いますが、
古民家自力のDIYですから・・

また汚れたら塗ります。

以前に屋根トタンを上に追加した部分
トタンの軒先は波板をまだカットしていません。
樋にトタンがかぶったままです。
今後樋までカットすると良いと見上げています。

外から塗装部分眺めます。

もの置き場ですので、簡単に作ったため
見せられるような物でもありませんが!

犬走りも新品とは言いませんが、
樹脂系・ベランダ用にしたのは、隙間等から
雨と蟻の侵入も防げればと、
雨の対策も含め思いました。

普通の塗料よりは高いと思います。




ベランダ補強:金物取り付け

ひねった金物となります。


金物20個ほど購入してみましたが、まだぜんぜん足りません。

雨風対策となります。
この地域では雪対策が必要か!

砂利を乗用車で2回運びましたが、くたびれました。

トラックでなくまた重機もなく、
スコップでの土嚢袋づめと
ばらまき!

努力の甲斐があって何となく綺麗に見えます。

古民家のお客さんは猿です。

屋根によく乗るようで、古民家カフェで

お茶でも出してあげたいかな?

昨夜来たときは・・朝方サルにやられたようです。
ほうれん草は抜かれていたとか、花もちぎられかわいそうです。
古民家当方の屋根にもサルがよく来るよと言っていました。

サルが登ると樋をやられる!

サルの対策方法はわかりません。花火!

 

この下に岩風呂を作ったら、
と言う無責任な知人もいます。
できたら最高でしょうが・・だれが作るの?

先週お隣のおじさんが、長い脚立と、
柄の長い鎌で崖の乗り面草を
上手に刈ってみえました、
手馴れてみえるようでしたが
大変な作業だと思い遠巻きに見ていました。
注意:反省点
一斗缶ハーフロケットストーブの配管煙突に一時直接網を付けましたが、
廃棄の効率が悪く、不完全燃焼で煙が多くなり、煙突横に多く穴を
開けましたが、収まらず、瓦・ブロック等を乗せ、排煙は良くなりましたが
今回五徳を何とか安価で考えました。
排煙配管にもっと穴を多く開ければ収まっていたのか!

薪ストーブでキャンプファイヤー遊びが出来そうです。

 

古民家ロケットストーブ:コンロ手作・自作

古民家DIY:火遊び!

自作でバーベキューに使えるコンロ製作

簡単ロケットストーブDIY

自作ロケットストーブ改良:手直し

一斗缶ハーフの缶でロケットストーブPC缶自作

せんべい缶・菓子缶:ロケットストーブに変身

長良川・板取川:紅葉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

河原へ、砂を取りに行きました、土嚢袋8袋

乗用車ですが、玄関・庭に撒きました。

袋に詰めて持ってきますが、結構手間です。

それほど一度に撒く量を持ってこれるあるわけではありません。

少しずつですが今後も頑張ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自作ロケットストーブの手直しで、筒を短くします。

パソコンPCロケットストーブ自作手を入れる。

 

 

 

 

 

空き缶:菓子缶、コンロを手直し、

煙突カットした筒を菓子缶コンロに付けます。

筒は穴を開けました。もっと穴を多く空けた方が良いか!

本日は風が強く、トタンの波板に、ばたつく音が

気になりダンバ(螺子留め具)追加しました。

薪ストーブをロケットストーブにパワーアップ

コンロストーブに網を付けました。

夜に着火確認します。

パソコンPC缶ロケットストーブ手を入れました。

先回作りましたロケットストーブの内部にアルミテープ

を隙間に張ります。パーライトを一度取り出しました。

 

 

 

 

 

 

 

パーライトも増やしました。

 

 

 

 

 

追加で土嚢袋8袋を河原へ砂を取りに行きました。

庭に撒くのも大変な量です。乗用車ですから

大きな石は取り除かなくてはなりません。

古民家途中で:春には桜が綺麗な場所ですが

紅葉を見に寄りました。枯れ枝は桜の木です。

 

どうしても川を見てしまいます。(鮎釣りする人間!)

この右岸は綺麗に紅葉しています。

紅葉も湖面も綺麗でした。

風が少しあります。板取川

落ち鮎狙いでロープあります。

綺麗な砂浜のようです。

車を止めるところが少ないので、夏も意外に人出はありません。

古民家近くの紅葉:何時もの写真の場所

奥はお寺ですが!

左側は残材で片付いていないので、窓側に砂

キャンプに持ち運び便利なサイズのコンロ:ロケットストーブ

お菓子缶、おせんべの缶、コンロ着火試験

完璧に燃焼はロケットストーブとなり

炎が立ち上がります。

ではソロキャンプと行きます。

燃焼がすごい勢いです。

一気に沸騰します。着火直後は燃焼不足すぐに完全燃焼します。

おでんを用意しました。

鍋の横からも炎が立ち上がります。

簡単菓子缶おせんべい缶コンロを

ロケットストーブに変身

これは使えます。安価で完成しました。

古民家DIY:自作ウッドデッキでコンロで鍋

中古住宅:古民家DIYリフォーム

内装ボード張り:床とサッシの調整

薪ウッドストーブをロケットストーブ風に変化させる。

空き缶ロケットストーブ: 一斗缶もいらない大きさ

一斗缶ハーフの缶でロケットストーブ自作

激安なウッドストーブをロケットストーブに!

缶きりで穴あけ網を用意した、菓子缶薪ストーブ

古民家DIYで遊び!

前回のお菓子缶のふたを加工します。

自作ロケットストーブ

キャンプに持ち運び便利なサイズのコンロ:ロケットストーブ

缶のふたをカットします。

 

薪を入れた、コンロにふたをかぶせるだけ

古民家薪ストーブ

 

 

 

 

 

空気の流れが変わりロケットストーブのように炎が舞い上がります。

 

 

 

燃焼が違っています。

次回にロケットストーブ配管筒を加工します。

 

 

 

 

 

 

 

 

鍋・やかんを置く場合は、ふたの天場より3Cm程浮かすと良いでしょう。

 

 

 

 

 

次回にできれば左側の天井近くに、換気扇を付けたいと思い、器具と排気管は以前に用意はしてあるのだが!

 

朝には布団をウッドデッキに干しました。室内物干しロープを点検

 

 

 

 

 

 

 

 

正面旧押入れの壁は5mm程度の薄い合板です。

寒いと思います、合板で寒さ対策5mmのベニア

を解体し内側に断熱材とも思いましたが

ずっと悩んで先延ばしにしていました。耐震的には構造用合板必要

上から、構造用合板を張ります。

 

 

 

 

 

 

 

壁の角部分

コースレッドビスは、柱方向に向かって斜めに打ち込みました。

 

 

 

 

 

 

 

 

気になっている床とサッシの間に!

床板の下にはコンパネ敷いてあり、少しサッシより高くなっており

悩んでいました。

 

 

 

 

 

 

 

フローリング板の残りをカットし床との高さを調整しました。

 

 

 

 

細かい作業となります。

 

 

最後にアルミの木彫の段差隠しをあてます。(商品名忘れました。)

 

 

 

 

何とか落ち着いたかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

やかんを置く場合瓦で高さを調整しました。

秋です。紅葉は!

紅葉の時期です。まだ昨年より早いのか、

今年は色付きが悪いのか!もう少し赤くても!

冬支度で、残材で薪をカットしました。

暖房用ではなく、コンロ用となります。

薪の量は、置く場所がないのでこの程度で。

 

次回はブロックかレンガでも用意するかな!

 

 

この時期でも鮎釣りしているのか?あまごにしては、竿が長い

 

 

 

 

 

 

 

 

河原には地元の方の、落ち鮎狙いの仕掛けがあります。

河原にウッドデッキの下と庭に巻く砂を取りに行きました。

ソロキャンプでいただきます。

お昼には、コンロですき焼き鍋:中はうどんですが!

たまに、車乗り入れで、フロントの下ノーズを打つ事があるので、

入り口の段差の石を何とかしたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

少し間口を広げると良いのかな?

ここにも砂利を入れようと思うと、乗用車では、

無理があるかも、何度も往復しないと無理でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウッドデッキを眺めていました。

 

 

 

 

 

 

 

手摺は必要だろうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

裏のがけの砂を袋に詰めて下ろしていました。

枯れ枝と落ち葉が積もり積もっていました。

6袋詰めて体力的に諦めました、また次回にしましす。

 

 

 

 

 

 

 

帰りに美濃市道の駅、にわか茶屋に寄りました。

5時前ですが、結構な賑わいでした。

野菜を買って帰りました。

反省点:注意点

フローリングのサッシとの段差調整には、後で思うと接着ボンドを付けておくと良かったか!

壁の構造用合板の下地に断熱材でなく、発砲ウレタンを検討しても良かったか2.5mm

薪ウッドストーブとロケットストーブもDIYで作りました。お金は掛けません。

薪ストーブ:ロケットストーブ一応成功と言えるでしょうが、加工したいところもあり、尚、アルミが耐熱的に大丈夫か今後修正変更を考えてみます。

庭に撒く砂利は、乗用車では、土嚢袋8袋程度が限界か、かなり沈みます、車が4WDでないので、動かなくなる心配もあります。